FC2ブログ

満を持して。ECKHARDT、そろそろいきます!


L1130497-2.jpg

そろそろいきます。

このビール。

仕込んだのが2017年3月16日なので、今日で859日。

実は、同じ年の10月の収穫祭、いやその前にオランダでデビュー。

その時でも大気の片鱗は感じたのですが、発売しないまま、その後折に触れ、イベント等で開栓してきた特別なビールです。

ビールを美味しくするためには、レシピ、醸造、原材料、衛生などなど、いろんな要素があるのですが、時間ってやつも時に大事。

できるだけ早く飲むべきなのもあるのですが、こいつはその逆。

熟成を経て、アルコールの角がとれて、最初はわからなかった魅力が出てきます。

こういうビールに理解ある人なら、熟成に協力してくれるだろうとは思うのですが、早く出しすぎると、本当の良さが理解してもらえないのではという恐怖心もあって、ここまでひっぱりました。

とはいえ、商売的には、冷蔵設備を2年以上つかうってのは、かなりのコスト。

なかなかつらいのですが、こればかりは仕方ありません。

L1130502-2.jpg

Hair of the Dog とは、これが5回目のコラボ。

ECKHARDT って名前です。

アメリカのビールジャーナリズムの草分け、故 Fred Eckhardt 氏 を追悼して生まれた、Hair of the Dog の 代表的ビール "Fred" の日本版。

仕込みの日、馴染みのちゃんこ屋で飲んでた際に、

「フレッドは日本通だったし、日本酒も好きだった。これはファーストネームの Eckhardt でいこう!」

と、すぐに決まりました。

熟成して魅力を増す、こういうハイアルコールのビールをつくらせたら、たぶん本当に世界で一番なんじゃないかな。

毎回毎回、本当に勉強させられるし、ものすごく尊敬してます。

L1130503-2.jpg

ラベルのデザインは、同じく HOTD の Monkey Claws、ADAMU に続き、SNOW MONKEY BEER LIVE でいつもお世話になっている Kamikene 氏

このビールのコンセプトを伝えたところ、即、

「写真がいいですねえ」

との反応。

この写真に落ち着いたのですが、使用許可を取らなきゃということになりまして、それがぼくの仕事

いろいろあったのですが、オレゴン州立大学に問い合わせて、快諾をもらいました。

ラベルにある、このリンク から、Fred Eckhardt 氏についての情報を、ご覧いただけます。

先日の Hood to Fuji の際に、一足早く、HOTD のアランに渡したのですが、彼はもちろん、その場にいたオレゴンのブルワーたちがものすごく喜んでました。

そんな、偉大な人のためのビール。

時間をかけただけの出来になったと思います。

お楽しみに!





21:22 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏の予定


L1130469.jpg

毎年、夏の予定はホップ次第。

ぼくに、決定権はありません。

今年は、おまけにもう一つ。

8月3日の抽選日まで、予定の立てようもありません。

みなさんにも、ご協力お願いするかもしれませんが、悪しからず...








20:06 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「世界は意外と近くにある」


IMG_1305.jpg

やってくれました!

おととい書いた、飯山高校、みごと甲子園出場決定です!!

大川主将、大活躍。

決勝は、公立高校同士の手に汗握る素晴らしい好ゲームでした。

冬の間、雪でグラウンドを使えない北国のチーム。

「まさか」を実現してくれて、本当にうれしい。


いや、「まさか」なのか?


ぼくも長野の田舎に生まれ、公立高校を卒業。

大学に入って、いろいろ感じたことがあります。

というのも、都会育ちの友人たちは、「俺、あいつ知ってる」的に、田舎者だったぼくからするとびっくりするような有名な人たちとの距離が近かった。

なんか、勝手に萎縮していた自分に、はじめて気づかされました。


箕面ビールさんのモットーにうちの一つに、

「世界は意外と近くにある」

というのを知った時、さすがだなあと思った感じ。


ホームランを打とうと思って振らなきゃ、なかなかホームランは打てない。


飯山高校には、このまま日本一を目指してほしいです!




21:07 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旅立つ男


L1120883.jpg

Sapporo Craft Beer Forest の打ち上げにて。

この人のが、卒業ということでみんなと乾杯。

L1120893.jpg

そう、コエド、うしとら、そして 忽布古丹と、日本のクラフトビールをここまで盛り上げるのに、大きく貢献した男。

この度、長年の念願がかなって、カナダへと旅立つのです。

行き先は、あの Luc の GODSPEED!

L1120894.jpg

なんだか寂しくもあるけど、海外での活躍を期待してます!

そして、HOP KOTAN のこれからにも。

乾杯!!





21:00 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

がんばれ、飯山高校!


L1120992.jpg

久しぶりに登場の元最速の男

フルマラソンを走ってた彼が、なぜ "元" 最速の男になったかというと、息子さんの野球のため。

もともとは、バリバリの高校球児だった彼。

走るのもやめて、長年、息子さんの指導と応援に集中してきました。

で、その成果が出てるのです。

それが目下、玉村本店最大の関心事。

彼の息子さんが主将とトップバッターを務める、飯山高校が、夏の甲子園長野大会予選のベスト4に!

明日の準決勝は、最大の難敵。

勝ってほしいです、本当に。

もし甲子園出場となったら、会社休みにして、みんなで甲子園いこうかなあ。

がんばれ、飯山高校!

みなさんも、応援よろしくです。




20:21 | 玉村本店 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年の Harvest Brew 第二弾!


L1130466.jpg

朝から仕込開始。

そのために収穫したのは、裏庭のこれ。

L1120981.jpg

山椒です。

日照の少ない今年。

ちょっと、少ないかな。

でも、採れたての香りは最高です。

今年は、SALTY HOP 仕込みませんでした。

というのも、他につくりたいのが出来たから。

その新作は、ロックなイベントでデビュー予定です。




19:49 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キャンプの準備


L1001596_201907171938377bf.jpg

夢の国からもどりました。

次はキャンプの日々(←ここ何年か毎年いってるロックなやつ)のための準備。

(本番のキャンプサイトでは、焚き火できないので、写真はあくまでもイメージ。)

仕込みもして、いろいろ新しいの詰めて。

諸般の事情で、宣伝は出来ないけど、かなり面白いの揃えます。

奥まで足を運んでね。





19:42 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最高な笑顔


L1120921.jpg

最高な笑顔。

どういうわけか、この男の写真が多いなあ。

L1120928.jpg

大好きな "とも" と、ビールと、肉。

いいね。





21:39 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

魔法な時間


L1120976.jpg

夢と魔法の国でのイベントを終えての撤収写真。

なんだか、いまいち絵にならないなあと困ってたら、早くも大阪に帰る直前の箕面ビールチームと、このイベントの中心、ハーヴェストムーンのみなさんが通りかかったので、一緒に入ってもらいました。

この他に、富士桜高原麦酒さんと城端ビールさん。

長年の強力ライバルであり、最高の友人たちとの楽しい時間でした。

天気はいまいちだったけど、むしろ涼しくて快適。

予想外に、たくさんのみなさんが飲みに来てくれて、本当にうれしかったです。

本当に、魔法にかかったみたいな四日間でした。

みなさん、どうもありがとうございました。


次のイベントは、あのロックなやつです。









23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いいイベントだと思います。


L1001612.jpg

イクスピアリ・クラフトビア・コレクション2019 もあと一日。

三日目の今日も、天気はいまいちだったのに、たくさんのお客様にお越しいただきました。

さすがですね。

最終日の明日は、雨降らずにすむかな?

大盛況といいながらも、比較的ゆったり、お客様とお話もできるいいイベント。

最終日、お時間あれば、ぜひ遊びに来てください!





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑