fc2ブログ

生産性向上!


L1149056.jpg

酒の瓶詰機を新しくしたと書きました。

新しいといっても、オーバーホールをしたばかりの中古ってことで、見た目は年季がはいってます。

でも、性能的にはかなりいです。

L1149063.jpg

前のは、一升瓶専用だったのですが、こんどのは720ml も、そしてこういう 300ml も詰められます。

何十年も手詰めをしてきたのがうそみたい。

L1149062.jpg

このサイズだと、前の2.5倍くらいの量を少ない人数で詰めることができるようになって、酒のつくりの方に一層集中できます。






20:00 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

coming soon


L1148365.jpg

そうそう、今年の仕込第1号はこのコラボでした。

もうじき完成です。

今週じゃないけどね。






19:54 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

永遠のアイドル


R0000426.jpg

20年近くビールをつくってても、ぼくにとってのアイドル。

そんなのつくりたいです。






20:41 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

終盤戦


L1148716.jpg

気がつけば、今シーズンの酒づくりも大詰めです。





20:58 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハバネロマン


L1148017.jpg

で、

「ハバネロマンって、誰?」

って、思った方もいるかもです。


これが、ハバネロマン。

ぼくの記憶力はだいぶ乏しのですが、外部のメモリー1(=ゆるブル)によると最初の出会いは七年前

ポーズもおんなじだ!


ハバネロが辛いだけじゃなく、香り高く、とても魅力的なものなんだと教えられ衝撃を受けました。

以来、なんども彼のハバネロでビールをつくらせてもらっているというわけです。


先日も書きましたが、彼がつくるハバネロ、去年は歴史的不作でした。

だから、彼自身、自分のハバネロソースのための原料が途絶える状況。

にもかかわらず、今回のビールたちのために、その貴重なハバネロをわけてくれました


だから、いつも以上に気合も入るし、プレッシャーも感じてました。


まずは飲んでもらって、緊張しながら感想を待ちます。


ハバネロマンセゾンの方は、基本的には去年を踏襲していることもあって、

「すーーっと入って潤う感じで心地良いです、今年も美味しいです」

とのコメント。

ほっとします。


そして、新作の IPA の方ですが、

「これはもう、良い意味で、前からこの様なビールが存在するかのような、歴史的に長く愛されてきたかの様な、ニッチ狙いでない王道だと思いました。」

とのコメント。


これはもうね。

最高です。


ぼくらは、 彼のつくった最高なハバネロの味や香りをどうやったら生かせるかをずっと考えながらつくったので、こうして気に入ってもらえるとホッとするし、うれしいです。


コラボに(重いくらいに)真剣に取り組むたちなので、毎回真剣に試行錯誤。


TRUNK COFFEE さんもそうですが、ハバネロマンとのコラボみたいに、継続的にとりくめているやつは回を重ねるごとに、こちらも経験を積めるし、毎回新たな発見があります

今回の IPA のベースのホップの組み合わせは、「今年のあれにつかおうか」なんてことになってます。


それにしても、よかったな。


ありがとう、ハバネロマン!







20:58 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハバネロマンセゾン & ハバネロマン IPA、ボトルも発売です!


L1149018.jpg

ハバネロマンセゾン & ハバネロマン IPA、ボトルも発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

いずれも1バッチずつですが、セゾンの方はやや小さめの仕込みです。

(昨日発売の樽生は、すでに完売しました。)


これは、2本の飲みくらべもしてみていただきたいです。

どうぞよろしくお願いします。




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハバネロマンセゾン & 新作 ハバネロマン IPA、樽生発売!


L1149036.jpg

[2月27日 17時30分 追記] おかげさまで、ハバネロマンIPA 樽生も完売となりました。どうもありがとうございます。ボトルの発売は、もう少しだけおまちくだい。

[2月27日 12時21分 追記] おかげさまで、ハバネロマンセゾン 樽生は完売となりました。どうもありがとうございます。ハバネロマン IPA の方は、引き続き販売中です。よろしくお願いします。

ハバネロマンセゾン / SUPER SAISON with Habanero-Man's "GREEN" Habanero 、樽生から発売です!

去年に続いて再登場。

今回も、早いタイミングで収穫をした、”グリーン” ハバネロ をつかう前提で、一からつくりました。

もちろん、ハバネロマンが大阪の自分の畑で自家栽培して、自ら収穫、選別して送ってくれたものです。

実は、去年はハバネロが大凶作。

ハバネロマンのホットソースも、昨年の時点で業務用の販売をストップせざるを得なくなった状況。

にもかかわらず、ぼくらのビールのために、その貴重なものを分けてくれました。


自家栽培の酒米(今回は金紋錦)をつかい、ハバネロとの相性を意識して選んだホップ(今回はアメリカの大好きなやつとNZの、そして信州早生の3種類がメイン)で仕上げました。

ハバネロの爽快な香りを生かすために、あえてホップの香りはやや控えめに。

8.5%、IBU45。

明るいブロンド。

爽やかなハバネロの香りは、青くてスパイシー。

セゾンイースト由来の控えめなエステルとホップの香りと相まって、ライムみたいな青い柑橘や、グリーンペッパーみたいな印象も。

甘やかさを感じつつもドライな飲み口を、当然ながらハバネロの辛さが引き締め、度数を全く感じさせない危ない仕上がり。

経験的には、辛さの許容度は、ホップの苦味の許容度をさらに上回る個人差があると感じているのですが、今回はしっかり「辛い」と感じつつも、辛さに弱いスタッフたちも十分楽しめるバランスになったかなと。

それでも、じんわりお腹があったかくなるような感じは、ハバネロならでは。

自然に、食欲が湧きます。

メキシカンみたいなものはもちろん、生牡蠣、チキンのグリルや塩味の焼き鳥とかに、最高かなと。

タン塩とかの焼き肉や、白身魚のカルパッチョ、和食でも天ぷらとか、柚子胡椒が合うような鍋とか、本当に幅広く食事に合わせていただけると思います。

食事を楽しみながら、ついつい、もう一杯飲みたくなっちゃう感じ。


これをタップにつなぐ勇気あるバーは限られるであろうと、去年は樽生の一般販売しませんでしたが、今年はちょっとだけご用意しました。

L1149040.jpg

そして、新作、

ハバネロマン IPA / HABANERO-MAN IPA with Habanero-Man's "RIPE" Habanero も樽生から同時発売です!

こちらは、同じハバネロマンの貴重なハバネロですが、しっかり熟したタイミングで収穫したもの

色はきれいなオレンジです。

実は、いままでこの完熟のハバネロは、1t IPA と組み合わせて、1t IPA Habanero としてリリースしてきました。

でも、今回は、ハバネロマンセゾン同様に、この完熟のハバネロの特徴を最大限に表現できるようにと、ベースのIPA を一からつくりました。

8.0%、IBU71。

House IPA と同様に、マリスオッター 100%でつくったボディに、アメリカの3種のホップと、NZの新しい品種を組み合わせました。

セゾンの方は、ホップの香りをやや控えめにしたと書きましたが、こちらに関しては、苦味は House IPA なんかよりも控えめにする一方で、香りはハバネロの香りをイメージしながら、お互いを高め合えるようにとアロマホップはたっぷり。

これが、かなりうまくいったのではと思っています。

完熟のハバネロならではの、オレンジやマンゴーみたいななんかを思わせる、フルーティーで甘やかな香りを、華やかなホップが強調する感じ。

こちらも、「罰ゲーム」的ではないバランスに仕上がったと思いますが、しっかり辛いです。

House IPA なんかよりも IBU (=International Bitterness Unit) は低いと書きましたが、もし IHU (=International Hotness Unit) なんてものがあるとしたら、IBU + IHU 的には、House IPA と同等のイメージ!?

爽快な苦味と辛さの効果で、8.0% を 感じないくらいに爽快でドライな仕上がりです。

こちらも、いろんな料理と一緒に楽しんで欲しいです。

ラベルの色のイメージ通り、セゾンはグリーン、IPA はオレンジな印象。

IPA の方は、BBQ とか ハンバーガーとか、グリルした赤身の肉なんかバッチリかなと思います。


こちらは、セゾンよりもちょっと大きめの一仕込み。

樽の数も、それほどではありませんが、セゾンよりも多めにご用意しました。


ラベルのデザインは、今年もうちの娘1号です。


超貴重なハバネロをつかわせてもらえるということで、とても緊張して臨んだのですが、すごくいい感じに仕上がったと思っています。

もちろん、「辛いの苦手」な人に無理におすすめしませんが、ぼくらが目指す「最良の食中酒」の一つの形として、とても手応えを感じています。

両方飲みくらべていただければ、"グリーン" と "完熟”のハバネロの違いを、感じていただけるかなと。


ボトルの発売は、もうちょっとだけお待ちください。


どうぞよろしくお願いします。

ご感想もいただければうれしいです!







12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

何か食べたくなるやつ


L1149047.jpg

今週はハバネロの。

今年は2種類です。

罰ゲームでも面白ビールでもなく、最高に食欲が湧くやつができたと思ってます。






20:17 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カレーを食べに


L1148883.jpg

そうそう、そういえばこの人に声をかけてもらってカレーを食べにいったの書いてなかった。

これまた最高の日だったのですが、また書きますね。

L1148882.jpg

ピントが甘いのは、久しぶりにつかった、古ーいレンズの味だということでお許しを。

それより、今週は、こんなカレーにもばっちりなやついきます。







20:01 | Music | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

働くおじさん


L1148973.jpg

しっかし、働くおじさんってかっこいいよね。





20:02 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑