FC2ブログ

いまさらですが、今年の収穫祭はありません。


L1170252-2.jpg

待望のやつが届きました。

BLUE MOON QUARTET さんの 7インチ。

ぼくらにとって特別だった去年の収穫祭は、15周年。

念願のブルームンカルテットさんに、久しぶりに来てもらえた夜でした。

BMQ_s.jpg

もちろん最高だったのです。

台湾の女神と、うちの仙人の誕生日が同じ日だと知って驚きながら、みんなでお祝いしたなあ。


いまさらですが、今年の収穫祭は、残念ながらありません。

心から楽しめない中途半端ななものをやる気になれませんでした。

どうもすみません。


あ〜あっ。

これ以上、レコードが似合う人たちもいないんじゃないかと思いながら、寂しさをかみしめつつ、しみじみ何度も聴いてる夜。






19:54 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もぐったり沈んだり


L1170249.jpg

もう2週間くらいになるトラブル。

まだ格闘中です。

このために今週は1仕込みに減らして、人力よりもさらにハードな仕込みを消耗しながら終えたばかり。


で、今日は、待望の部品がドイツから到着。

予想よりも早くて、いつもながらの ROLEC社 の対応の迅速さには大感謝です。

L1170250.jpg

写真の黄色いケーブルは、その一部。

「これでなおる!」

と期待して作業を開始して、すぐに新たな問題を発見。

どうも、もう一つパーツを頼まないと。

また1週間以上覚悟しないといけないようです。


さらに、同時発生してた別の箇所の問題も、なぜか解決せず。

あ〜あ。


ビールなんてつくるもんじゃありません。


人生穴あり谷あり。

ぼくらの気分は、もぐったり沈んだりを繰り返してます...





20:20 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遅ればせながら、ちゃんと検証しなきゃなあと。


L1132416.jpg

収穫中の田んぼの真ん中にひとり。

仮に、「角栄の父(to be)」としておきます。

L1170232.jpg

なにをしてたかというと、分析用のサンプルの採取。

家の田んぼ、ビール醸造ででる麦芽粕でつくった自家堆肥が中心なのですが、その量や、他の肥料との組み合わせなどの結果を、ちゃんと検証してみようかと。

酒米の自家栽培は、もう20年くらいやっているのですが、いままでこうしたことが足りてなかった。

ぼくらがつくっているのは酒米。

醸造に一番適したものをつくれるようになるために、こうした積み重ねが大事だと思って、遅ればせながら、データを積み重ねていこうと思ってます。





19:47 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初日は、なかなかな収穫日和。


L1170242-3.jpg

なんだか台風が向かって来てるらしいですが、今年の稲刈り初日は、なかなかな収穫日和。

こうしてみると、山のなかですねぇ。

今日収穫の田んぼは、右下から三枚目の、ちょっと色の深いとこ。

酒米ならではの色です。

L1132415.jpg

まだ慣れない新しいコンバインと対話しながらの初日でした。





19:52 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いよいよ出番!


L1132410.jpg

蔵の片隅で、今日はこんな作業。

入社一年半、この夏で二度目の農業、もうじき二度目の仕込みに入るまだ新人的な感じなのですが、なんだか雰囲気はベテラン。

ちなみに、前の仕事は、全然関係ない営業。

その前はミュージシャン。

仮に、角栄の父(to be)としておきます。

L1132404.jpg

スペルトの収穫でデビューした、新兵器。

いよいよ明日、美山錦の方から稲刈りを開始します。

コロナの年の設備投資になって、ビビったやつ。

活躍してもらわないと!











19:36 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

孤独な戦い


L1170207.jpg

先週最後の仕事は、山伏シリーズの新作の瓶詰め。

1000本以上手詰め。

でも、かなり慣れました。

L1170210.jpg

こちらは、瓶内二次発酵のための恒温庫。

ここで、3週間ちょっとくらい。

そこからは、そのビールによるのですが、ながければ半年以上、さらに瓶内で熟成をします。


山伏も、だいぶバリエーション豊かになってきました。

でも、まだまだ全然認知されてないな。

というか、「本当に需要があるのか?」と、時々不安になります。


特に日本では、孤独な戦い。


でも、負けないつもりです。




19:27 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「コロナ」的記念写真


L1170217.jpg

こんな写真、なんだか久しぶりです。

コロナっぽいディスタンス。

マスクだし。


今日は、ヨロッコビールの薮木君が遊びに来てくれました。

実は、彼は、Tappa Room で一冬頑張ってくれた、ぼくらとの縁も深い男。

その後、南信州ビールを経て、いまに至ります。

近況や、将来の野望を聞くのうれしいね。

いろんな人に会えてないなあと、あらためて思います。






19:39 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「ちょっとだけ電気に詳しい元農夫」


IMG_3629-2.jpg

先週半ばからのトラブルに、引き続き格闘中。

毎日、ドイツとメール、時には電話でのやりとり。

ROLEC社の対応が、極めて迅速なのが救いなのですが、それでもなかなか原因が究明できず。

でも、今朝のこのメールが一つの答えを出してくれました。

L1170213.jpg

今回の試練のおかげで、「元農夫」が、「ちょっとだけ電気に詳しい元農夫」になりました。

なんとか、問題のうちの一つが解決。

あとは、ドイツに発注した部品の到着待ち。

それまでは、マニュアルよりも高度な人力仕込みをするしかありませんが、気分は晴れました。


なーんていってたら、別のトラブルが発生。

そのうち、自分たちでフルオートの醸造機器をつくれるようになるかもしれません...











20:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビギナーズラック?


L1132393.jpg

酒米づくり反省会のつづき。

ここは、初挑戦の金紋錦の田んぼ。

ずっと一緒に作業してると、いろいろ似てくるのか、説明してくれるポーズが被ります。

L1170195.jpg

こっちも、田んぼごとに、いろいろやり方をかえて実験しているのですが、ここが一番自然なつくりで、一番できもいい田んぼ。

もちろん、まだ最初の年だからかもしれませんが、今年の反省をもとに、また来年の作戦をたてるわけです。



収穫は、来週から。

まずは、美山錦のほうからはじめます。




19:34 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

再出発の年の田んぼ


L1170201.jpg

酒米の稲刈りも、もう目前。

今日は、酒・米づくりのチームと一緒に、反省会を兼ねて全部の田んぼをまわりました。

今年は、減農薬から一歩進めて、農薬を完全にゼロにした最初の年。

肥料の方も、自家栽培の堆肥を中心に、いろいろ実験してみました。

雑草や、虫など、なかなかいろんなことがあったのですが、みんなのがんばりで、総じて明るい気分になれました。

まだまだ全然だけどね。


もう20年くらい酒米はつくってきているけど、なんだか初心にもどって再挑戦している感じ。

よかった点はもちろん、悪かった点と向き合って、記録に残し、一歩一歩進もうと思ってます。





19:48 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑