FC2ブログ

限定版 山伏 二種、bramley saison、grand rouge 同時発売です!


L1130819.jpg

さて、気を取り直していきます。

限定版 山伏 二種、bramley saisongrand rouge 同時発売です!

今回は、業務用と、弊社 Webでの販売を、同時スタートです。

いずれもボトルのみで、樽生の一般発売はございません。

L1130812.jpg

まずは、

限定版 山伏 / bramley saison

玉村本店にほど近い、小布施町で栽培された英国原産のリンゴ “ブラムリー“ を贅沢につかったセゾンです。

小布施町で栽培されるようになって長いのですが、その生産に関わる方々が訪ねてきてくれて、その熱意もあって生まれました。

6.5%、IBU21。

ドライなシードルは大好きですし、ずっと興味があります。

とはいえ、ぼくらはあくまでもビールの会社。

どうせやるなら、リンゴだけのシードル以上の飲み物を目指したいと思っています。


今回で二度目の登場なのですが、今回はドライホップをしています。

さらに、量的にはわずかなのですが、ぼくらが無農薬・無肥料でつくったアルプス乙女という品種のりんごも一部つかっています。

ブラムリー由来の爽快な香りと、強めな酸味に、ホップの柑橘系のニュアンスも加わり、シードルやスパークリングワイン的な印象。

前回もドライでしたが、やはりドライホップの影響か、よりキリッとしまった感じが高まりました

食前酒としてはもちろん、サラダや前菜等のみならず、例えば鳥のグリルや天ぷらとか、レモンをちょっと絞りたくなるような料理まで、幅広くカバーできる仕上がりです。

限定1,539本です。

L1130809.jpg

限定版山伏 grand rouge も、同時発売です!

一年ぶりの発売。

志賀高原の麓の自社畑で完全無農薬で自家栽培し、夏の間、みんなで 一粒一粒手摘みした、ブルーベリーとラズベリーをたっぷりつかって仕込んだセゾンです。

この grand rouge のために醸造したセゾンをベースに、ブルーベリーとラズベリーをふんだんに加えて、約3.5ヶ月間再度発酵・熟成を行い、一本一本手詰めして、ボトルコンディション(瓶内二次じゃなくて三次発酵)で仕上げました。

原料づくりも含めて、かけた手間の分、思い入れも強い一本。

6.5%、IBU18。

色は淡いピンク。

フルーツビールっていうと、甘いのを想像する方もいるかと思いますが、ぼくらのはあくまでも完全発酵でドライに仕上げてます。

ラズベリーを主体とした華やかな果実の香りと爽やかな酸味、そして甘やかではあるけど、あくまでもドライ。

今回は、ラズベリー自体の味わいの影響なのか、ブルーベリーの主張が強いのか、前回と比べて、より、その「甘やか」さがしっかり感じられ、ロゼワイン的な印象が強いです。

bramley saison 同様、こちらも食前酒としてはもちろん、幅広いお食事と一緒にお楽しみいただきたいと思っています。

こちらは、限定 1,379本です。

L1130805.jpg

いずれも本数的にはたっぷりご用意しているつもりですので、おかわりもよろしくです!

ちょっとしたパーティーとかの手土産や、プレゼントにもいいと思います。

先日ご案内した、限定版 山伏 / hop & brett も、まだ継続販売中。

といいうわけで、定番の 山伏 壱 / saison one山伏 弐 / saison noir とあわせて、現在5種類の山伏をお選びいただけます。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2019 (上)


L1001931.jpg

恒例の振り返りです。

やっぱり今年も、まずは「人」について。今年は、卒業もありましたが、新たに三人が入社。それぞれすでに強力な戦力になっています。HJ氏の結婚というめでたい出来事も。一部、忙しいのに骨折した男とかもいましたが、おかげでそれ以外みんな健康だったのもなにより。さらに、来春早々には、若い二人が加わる予定。いい出会いに感謝です。

令和元年は、志賀高原ビール醸造開始15周年でもありました。145仕込、たぶん41種類。新しいビールは、15周年記念の一切皆苦をはじめ、SNOW MONKEY IPA B-sideWITSmol と Smol-P などなど。リニューアルした Baby Blonde Miyama をはじめ、もちろん定番、準定番も少しずつ進化しています。

木樽熟成の山伏シリーズが出揃った年でもありました。バレルエイジのサワーエールは、日本ではまだまだ市場はすごく小さいと思いますが、気長に取り組んでいこうと思っています。北に旅立って行った最初の仕込み釜があった部屋も、新タンクが入って本格稼働。いままで、なかなかできなかった作業が。通常の仕事の流れにだいぶ組み込めるようになってきたのは大きな収穫発売を待つビールもだいぶ揃って来たし、まだまだやりたいこともたくさんです。

OXBOW とのコラボ木樽熟成山伏 ore no sake ga nome ne no ka と その grand cru、PIPEWORKS との UFO & OMK、そして Hair of the Dog との Eckhardt など、数年かかってやっとリリースできたコラボが多数。その他、 UPRIGHT とは Coffee & Donuts と、もう一つLervig とのコラボビールも、年明け早々に飲めそう。やっぱり、どれも思い出たっぷりで刺激たっぷりのビール達。来年も、また機会に恵まれるといいな。

酒米、ホップ、ブルーベリー、ラズベリーなどなど、相変わらず農業は玉村本店にとって大事な仕事。今年は、ホップ収穫のタイミングに台風が直撃。自然とのことだから仕方ないけど、なかなか絶好調とはいきませんでした。でも、いろんな刺激を受けて、新たな取り組みもスタート。そして、春には、もうひとつ。来年は、もっともっと「農」に力をいれようと決意をした年になりました。

(続きます。)




18:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

PIPEWORKS x 志賀高原 / UFO & OMK、ボトル発売です!


L1150445.jpg

[12月19日12時5分 追記] おかげさまで、OMK ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます!UFOの方は引き続き販売中です。弊社 Web での販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

UFO (Unidentified Fermented Object) & OMK (OMAKE)、ボトル同時発売です!

昨日までご案内してきた通り、今年最後の限定、PIPEWORKS x 志賀高原 のコラボです。

こうして並べてみると、図らずもクリスマスカラーだったり。

OMKの方は、昨日も書いた通り、立ち香にやや強目の熟成感を感じますが、口に含むと濃厚で複雑な味わい。12%と度数は高く、柔らかな甘みと濃厚なボディが特徴で、「食後酒」っていう感じが強いです。

一方の UFO は、対照的にドライな印象。もともとのロースト感に、ブルーベリーとラズベリーの酸味とナチュラル製法独特のフルーティーなコーヒーの香りが混ざりあい、予想を裏切る味わい。濃厚なビールというよりも、しっかりとした赤ワインとかをも思わせる印象で、例えばフルーツやワインをソースに使った肉料理など、お食事と一緒にも楽しんでいただけると思います。

元々は同じビールだったのに、こんなにも違うものに育つとは、つくったぼくらも驚いています。

UFOは 4,842本、OMKは 1,830本限定。

一期一会ってやつだと思います。


まずは、業務用から発売開始。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。(現在、WEB上は「売り切れ」表示となっていますが、19時になったら在庫されますので、ご了承ください。)

玉村本店の店頭ならびに Web でのクレジットカードでのお支払いの場合、5%が還元となります。)

今回は、樽生の一般販売はございません。

どうぞよろしくお願いします!



12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オマケも出ます!Barrel Aged Imperial Milk Stout です。


L1130617.jpg

先日も書いた通り、PIPEWORKS のコラボからは、二種類のビール(UFOは酒税法上は発泡酒)が生まれたのですが、こちらがそのもう一つ。

PIPEWORKS x 志賀高原 / OMAKEも、明日木曜日に同時発売です!

もとのビールは、UFOと同じ インペリアルミルクスタウト。

自家栽培のブルーベリーとラズベリーの量に限度があったので、第二段階で、何も加えない、そのままの状態でイチローズモルトの樽に入れたものです。

L1150427.jpg

UFOをつくる過程で派生した副産物だから "OMAKE"

という名前にしたのですが、もしかしたらこちらの方がよりベースのビールの個性が残っているので、本流かもしれません。

最初11.0%でラベルつくちゃったのですが、1年半の樽熟成を経て実測したアルコール度数は12.0%。

手作業でシールを貼って修正してますが、ご容赦を。

L1150423.jpg

立ち香にはやや強目の熟成感を感じますが、口に含むと濃厚で複雑な味わい。

THE FAR EAST や TAKASHI ICHIRO みたいに、うちのウィスキー樽熟成のものはホップの苦味が特徴だったりするのですが、こいつは例外。

柔らかな甘みと濃厚なボディが特徴。

いつも、「最良の食中酒」を目指すなんて書いてますが、流石にこいつは、食後の酒だなって感じ。

日本じゃあんまりないシーンですが、葉巻と一緒に楽しむなんてイメージだったり。


4樽分だけなので、数量的には UFO よりもだいぶ少ないです。

樽生の一般販売はありません。

価格は、いずれも THE FAR EAST や 一石三鳥なんかと同じ予定です。

お楽しみに!






18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

PIPEWORKS x 志賀高原 「未確認発酵物体」、木曜日発売予定です!


L1130630.jpg

というわけで、

今年最後の限定ビールは、アメリカ シカゴの超人気ブルワリー PIPEWORKS BREWING とのコラボ。

発売は木曜日の予定なのですが、書かなきゃいけないことがいろいろあるので、少し引っ張りますが、ご容赦ください。(あっ、ちなみに樽生は本当に少量なので、一般発売はボトルのみとなります。)


仕込んだのは、

SNOW MONKEY BEER LIVE 2018 直後

これを終えて、ホッとしたの覚えてます。

もともとのスタイルは、インペリアルミルクスタウト。

乳糖をつかった濃厚なボディに、うちとしてはホップの量が少ない、穏やかで甘みのある感じでした。

コラボだから、出来るだけ相手の得意技を吸収したかったのです。

でも、それだけじゃつまらないので、そこに自家栽培のブルーベリー・ラズベリーをたっぷりと、さらに おなじみの TRUNK COFFEE さんの エチオピアのナチュラルの豆を加えたのが、第二段階

すると、どうでしょう!

そこから、再度、かなり長期間の活発な発酵がはじまったのです。

ぬるっと甘かったビールが、どんどんドライで、酸っぱくなっていくのです。

最終的には9%。

「これは、なんだろう?』

ってくらい、当初想定していたものと違うものに仕上がりました。

L1150429.jpg

何度か、大事なイベントで先行でお披露目したのですが、名前を考えなきゃいけないわけです。

どんなスタイルにも当てはまらないし、自分たちでも飲んだことがない。

というわけで、

UFO / Unidentified Fermented Object(未確認発酵物体)

という名前にしたのです。

というわけで、味の説明は、すごく難しい。

でも、いい感じ。

まあ、簡単に言うと

"PIPEWORKS とコラボでつくったインペリアルミルクスタウトに、自家栽培のブルーベリーとラズベリーたっぷりと、TRUNK COFFEE のエチオピア(ナチュラル)の豆をつかって、1年9ヶ月かけてできた、なんだか不思議なんだけど、すごくいい感じのビール"

ってことです。

全然わかりませんよね。

飲んでみてください!





20:46 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

収穫祭 2019、当日のビールリストです!


L1140422.jpg

収穫祭 2019、当日のビールリストです!

生ホップ仕込みはもちろん全種類。

当日デビューの新作や、いつもは飲めないスペシャルバージョン、秘蔵のストックに日本酒、さらにゲストビールまで。

今年も、渾身のラインアップのつもりです。

消費税は上がったけど、みなさんの日頃のご愛顧に感謝して、昨年同様、全種類一杯400円のチケット制です。(一杯 約330ml、ハイアルコールビールは200ml程度でのご提供となります。)

キャッシュレスには対応できませんが、ご容赦を。

で、ビール1杯につき、100円を台風19号被害の義援金として、寄付をさせていただきます。


Harvest Brew(生ホップ収穫仕込 2019) 

1 志賀高原 Pale Ale Harvest Brew
2 志賀高原 IPA Harvest Brew
3 DPA Harvest Brew
4 Miyama Blonde Harvest Brew
5 Smol Harvest Brew
6 Miyama Blonde Harvest Brew


当日デビュー & 先行開栓のだいぶスペシャルなやつ!

7 hop & brett

2016年に限定で発売したあのビールが復活!Brettanomycesを加えて半年熟成したセゾンをさらにドライホップ。華やかさ、甘やかさ、ドライさが合わさった複雑な味わいです。6.0% IBU33。

8 Smol-P

好評のスモールを、フロアモルテッドのピルスナーモルトをベースにした別バージョン。ホップはネルソンソーヴィンとシムコー。いくらでも飲める爽快なやつです!3.4% IBU12。

9 OXBOW x Jester King x 志賀高原 / Cedar Kogen

最高の相手とのコラボ。日本酒の杉樽とワイン樽で、約2年熟成した木樽熟成山伏シリーズの特別なやつ。基本ボトルのみなので、樽は、これが最後です。7.5%。

10 YOROCCO BEER x 志賀高原 / Interplay

あの BACK TO BACK をワイン樽で約1.5年熟成。これも樽は、これしかありません。6.5%

11 木樽熟成山伏 red

ワイン樽で約35ヶ月熟成した新バッチ。前回のバッチよりも綺麗な酸が特徴。基本は、これも唯一の樽バージョンです。

12 木樽熟成山伏 blonde

同じく、ワイン樽で約23ヶ月熟成した新バッチ。こちらもきれいな酸が特徴で、食中酒としてかなりいい出来かと思います。これまたボトルのみのリリースとなるので、樽バージョン2本のうちの1本。

13 Takashi Imperial Stout 2018

おなじみ「たかしくん」。昨年の12月醸造ですが、未だ未発売。とはいえ、そろそろいきます。普通のインペリアルスタウトよりもホッピーなんだけど、熟成も加わた濃いやつ。10%です。当日は、本人もいます!

14 一石三鳥

こちらも新バッチ。前回の樽熟成は3-4ヶ月ですが、訳あって今回は28ヶ月。度数も12%になっちゃいました。MBCT でも What's Brewing でも大好評でした。これも、そのうち発売しますが、一足早くどうぞ。

15 PIPEWORKS x 志賀高原 / UFO (Unidentified Fermented Object)

いつまでも発売にならないこのコラボ。インペリアルミルクスタウトに自家栽培のブルーベリーとラズベリーと TRUNK COFFEE のエチオピアのナチュラルの豆を加えたら、未確認発酵物体になったのです。これも、そろそろ売らなきゃね。9.0%。


定番・準定番 

16 Africa Pale Ale
17 志賀高原ポーター
18 Indian Summer Saison
19 House IPA
20 其の十 


リアルエール

21 志賀高原ポーター
22 志賀高原ペールエール Harvest Brew
23 志賀高原IPA
24 House IPA


限定

25 "SHOUBU" no Miyama Blonde
26 So Sexy Brown
27 WIT
28 India Miyama Lager
29 Baird Beer x 志賀高原 / BS!!
30 ゆるブルWheat
31 SNOW MONKEY IPA Fujirrock ver, 2019
32 SNOW MONKEY IPA B-side
33 KASUMI
34 無我霧中
35 1t IPA
36 1t IPA Habanero
37 Two Rabbits
38 Bramley Saison
39 Upright x 志賀高原 / Coffee and Donuts
40 grand rouge
41 Festival Saison
42 IISS (Imperial Indian Summer Saison)
43 W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2018
44 Hair of The Dog x 志賀高原 / Adamu
45 Hair of The Dog x 志賀高原 / Monkey Claws
46 THE FAR EAST Barrel Aged Imperial House IPA
47 TAKASHI ICHIRO
48 TKASHI ICHIRO PETE!?
49 MASAJI ICHIRO CHICHIBU
50 MASAJI ICHIRO Bourbon

51 縁喜 ひとごこち純米吟醸無濾過生原酒


ゲストビール!

52 うしとらブルワリー / 手搾りラズベリーサワー
53 松本ブルワリー / Scotch Ale
54 麦雑穀工房 / 雑穀ヴァイツェン
55 ハーヴェスト・ムーン / ゆずセゾン


こんな感じで、許していただけるでしょうか?

この他、お燗も含めて縁喜各種をTHE FARMHOUSE 店内でご提供します。

今回も、従来の外テントに加えて、THE FARMHOUSE 店内のタップもありますので、この中から常時20-24種類程度が同時に繋がります。

どこまで開栓できるかは、みなさん次第。

一樽限定のものも多いので、飲み逃しなく!


すでに昨年以上のお申し込みをいただいてはいますが、もうちょっといけそうです。

どうぞ、よろしくです。





21:27 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秋の「けやき」、はじまります!


けやきチラシ2019秋A面A3

いよいよ、明日から

けやき ひろば秋のビール祭り!

はじまります。

ぼくらのラインアップはこんな感じ。

志賀高原IPA のHarvest Brew 版に加えて、ことしはじめてつくった Smol の生ホップ版と無我霧中の新バッチも、先行開栓!

8タップ体制で、いろいろつないでいきます。

毎日、特別な濃いやつもご用意してます。

もちろん、造り酒屋の塩麹唐揚げ も、ばっちり揚げたてでご提供します。

そして、春にご要望が多かった、

特製濃厚ブルーベリースムージーも復活!


16日(日)まで、玉村本店みんなでお待ちしてます!





18:42 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

玉村本店で働いてくれる仲間を募集します!


L1001634.jpg

およそ1年ぶりに求人です。

玉村本店で働いてくれる仲間を募集します!

今回は、なんと3人。

もちろん正社員を探しています。

別に会社を大きくして、地球を征服しようと思っているわけではありません。

というか、むしろ会社はあんまり大きくしたくない。

でも、農業ももっとやっていきたいと思っていますし、ビールも酒も、やりたいことがいろいろ。

で、将来にわたっての会社全体の自力を高めると同時に、みんなが楽しみながら仕事をし、でも、ちゃんと休めて、一人一人がより充実した生活を送れるようにしたいというのが理由です。

例によって、「なんでもやる」気持ちを持った方が前提なのですが、主たる分野は下記の3つ。

- ビールの醸造に関わる仕事
- 日本酒の醸造に関わる仕事
- 縁喜・志賀高原ビール・山伏の魅力を伝える仕事

以下、毎回載せてる内容なのですが、あまりいじるところがないのでそのまま再掲します:

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

求人です!


玉村本店は全部でおよそ20名の小さな会社。

日本酒、ビールの醸造はもちろん、瓶詰め等の出荷に関わる仕事や、いわゆる業務用の酒屋としての配達、営業、店頭やイベントでの接客などにくわえて、ホップや酒米、ブルーベリーづくりといった農業まで。

全員が、なんでもこなさないといけません。

ですので、「ブルワー求む」みたいに、醸造だけしてればいいみたいな募集・採用はしませんし、できません。

仕事の分野を限定せず、なんでもやるつもりの方にだけ、来ていただきたいと思っています。

ただ、酒やビールをつくって売るのが仕事ですので、ある意味全員が醸造に携わるともいえます。

ぼくらが探しているのは、

「体力とやる気があって、田舎に暮らし、どんな仕事でもやる覚悟がある、一緒に働きたくなるような人」

「体力」は重要なのですが、なにもいきなり大瓶四ケースを楽々担げなくても構いません。基本的にからだが丈夫で、多少きつくても、仕事を楽しみ続ける気力を持ち続けられる方であれば。

というわけで、男女は問いません。

もちろん女性でも、何でもやってもらうつもりですが、男と同じ筋力は必要ありません。

酒やビールが好きな人であっては欲しいと思いますが、知識や経験よりも、やる気や人柄を重視します。

年齢は、できれば30代前半以下が希望です。経験は不問。中途半端な経験ならむしろないほうがいいとも思っています。

人にない強味をもっていたりするのであれば、もちろん大歓迎です。

玉村本店がどんなところか、出来ればこのブログをよく読んでみていただき、実際はそれよりも「ちょっと大変」だと想像してもらったうえで、ご興味いただけるようであれば、是非ご連絡ください。

下記まで、履歴書と志望動機をお送りいただければと思います。もちろん、ご不明な点等ございましたら、先にお問い合わせください。

書類だけの審査の場合もございますので、志望動機、自己アピールはしっかりお願いします。

〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町平穏1163
株式会社 玉村本店
TEL: 0269-33-2155
Mail: ego-brew@zau.att.ne.jp

「知り合いに、いいのがいるぞ」なんて方も、是非ご紹介ください!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、「ビール醸造」「日本酒醸造」といっても、それだけではなく、農業からイベントなんかも含めて、なんでもやってもらうのが前提です。

応募の際に、どの分野にご興味があるかも志望動機とともにご明記ください。

ビールの醸造については、「将来自分でビール会社をはじめたい」っていう人も歓迎ですが、「志賀高原ビールの次のヘッドブルワーになりたい」っていう人も大歓迎!

日本酒の方も、「杜氏になるんだ!」っていう強い気持ちの方にも来て欲しいです。

「志賀高原ビール・縁喜の魅力を伝える仕事」っていうのは、ちょっとわかりずらいかもしれません。お客様と最前線で接しながら、商品を説明したり、注文を受けたり、それを出荷したり。営業、事務、時には広報、企画まで。できれば、ぼくの仕事もどんどん奪ってくれるような人が理想です。

語学力を含むコミュニケーションの能力、デザインの力、数字に強い人などなどの得意分野、大歓迎です。


なにせ少人数ですから、一人の占める割合はとても大きいですので、「いい仲間」がみつかるまで気長に探したいと思います。

ご質問等あれば、直接お問い合わせください。イベント等で、みかけたら、直接お声かけていただくのも大歓迎です。

また、いい出会いがあるといいなあ。

どうぞよろしくお願いします!






18:18 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こちらの収穫も続いてます。


L1121101.jpg

ホップの収穫もはじまりましたが、こちらも続いてます。

ブルーベリーの収穫。

ラズベリーの方はやっと終わったのですが、ブルーベリーはまだまだ。

毎朝、色づいたものだけを採っていくので、2グループに分かれてのサマータイムも続いています。

去年から採れ始めたブラックベリーも、今年は豊作になりそうです。

L1121105.jpg

それにしても、例えば昨日なんかは、

ブルーベリー・ラズベリーの収穫
ホップの収穫
Harvest Brew の仕込み
SNOW MONKEY IPA / WIT の出荷
次の限定ビールの瓶・樽詰め
夏休みで、忙しさが本格化してきた配達
ギャラリー、THE FARMHOUSE での接客

といった作業がいっぺんに重なって、なかなか、かなりな忙しさ。

まあ、仕方ないというか、ありがたいというか。

夏は、体力勝負です。






23:59 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

収穫スタート


L1130423.jpg

昨日から、今年のブルーベリーの収穫はじまりました。

去年より、ちょっと遅いけど、一昨年並みのタイミング。

最強の男、今日は、口も動かさず、お約束の筋肉ポーズをつくるのも忘れて収穫に集中してました。

ここから、朝の仕事が増えます。






18:05 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Coffee & Donuts by UPRIGHT BREWING x SHIGA KOGEN


L1130324.jpg

(書くこといっぱいなので、長いですが、ご勘弁。)

先日の Hood to Fuji のためにつくった、UPRIGHT BREWING とのコラボ。

その名は、

Coffee & Donuts

今回の イベントでのコラボには、「オレゴン産のものをつかう」というルールがありました。

アップライトのアレックスに、なにがいいかと聞いてみると、

同じくポートランドの Junior's Roasted Coffee のコーヒー豆をつかいたいとの提案。

UPRIGHt といえば、ベルギー/フランスにインスパイアされた FARMHOUSE ALE で、ポートランドでも最高の評価をされるブルワリー。

コーヒーのビールは、ぼくらも何度もつくっていますが、せっかく UPRIGHT とビールをつくるなら「やっぱり FARMHOUSE ALE!」ということで、コーヒーとセゾンの組み合わせに挑戦することに。

モルトの配合、酵母の種類や発酵温度などの細部を固めた上で、Alex が Junior's のMike とテイスティング。

選ばれたのは、

Dur Feres (←野生の馬っていう意味らしい)というエチオピアの豆。ブルーベリー、グミ、メロンのようなニュアンスの果実味あふれる豆。果肉をつけたまま乾燥させた、ナチュラルと言われる製法です。

「コーヒーの方はわかったけど、ドーナツって?」

と思う方も多いと思います。

小さい頃、お母さんが作ってくれたような、懐かしくシンプルなドーナツを、ドライホップの要領でタンクに直接投入。バルブとかに、詰まっちゃうんじゃないかと心配しましたが、ドーナツの穴のおかげで、心配ありませんでした。

っていうのは、もちろん全くの嘘。

Hood to Fuji で、この冗談を、かなりの人が間に受けてくれましたが、本当はドーナツはつかってません。

トーストされたモルトや、小麦、乳糖などをつかい、セゾンイーストの発酵をコントールすることで、ほんのり甘いオールドファッションなドーナツのようなイメージを目指しました。

4.5%、IBU12.5。

いつもの志賀高原ビールとは、ひと味違う感じ。

みなさんの反響がどうかと、少しドキドキしましたが、イベントではたくさんのみなさんに、

「美味しかった!」

と言ってもらいました。

1仕込みのみ。

樽だけでも売れるとはおもいつつも、やはり大事なコラボは形に残したくて、ボトルもつくりました。

ラベルは、SNOW MONKEY BEER LIVE のデザインでもいつもお世話になってる mako さん。

すごくいい感じだと思いますが、いかがでしょう?

もう、間も無く発売します。

どうぞよろしくお願いします!






00:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

満開


L1130071.jpg

気がつけば、ブルーベリーの畑は、もう満開です。




23:59 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

野良仕事、はじまってます。


L1120500_20190406205917b40.jpg

春ですね。

ブルーベリーの剪定作業はじまりました。

L1120508.jpg

D介にとって、7-8年目の作業。

経験はその分、身になります。

剪定って、勇気がいります。

やりすぎちゃうんじゃないかって。

でも、思い切りも大事。

難しいです。

まかせたよ。





21:01 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

限定版山伏 grand rouge、木樽熟成山伏 saison noir 同時発売です!


L1120164-2.jpg

[1月23日 13時13分 追記] 木樽熟成山伏 saison noir 業務用のボトルは完売です。 grand rouge は、まだもう少しありますので、引き続きよろしくお願いします!

久しぶりにいきます。

限定版山伏 grand rouge 発売です!

一昨年の12月以来の発売。

志賀高原の麓の自社畑で完全無農薬で自家栽培し、夏の間、みんなで 一粒一粒手摘みした、ブルーベリーとラズベリーをたっぷりつかって仕込んだセゾンです。

この grand rouge のために醸造したセゾンをベースに、ブルーベリーとラズベリーをふんだんに加えて、約7ヶ月間再度発酵・熟成を行い、一本一本手詰めして、ボトルコンディション(瓶内二次じゃなくて三次発酵)で仕上げました。

原料づくりも含めて、かけた手間の分、思い入れも強い一本。

色は淡いピンク。

フルーツビールっていうと、甘いのを想像する方もいるかと思いますが、ぼくらのはあくまでも完全発酵でドライに仕上げてます。

ラズベリーを主体とした華やかな果実の香りと爽やかな酸味、そして甘やかではあるけど、あくまでもドライ。

ビールというよりも、ドライなロゼのスパークリングを思わせる味わいで、食前酒はもちろん、食中酒としてもお楽しみいただけると思います。

限定 1119本。

まずは、業務用から発売開始。

弊社 Web 販売の開始は、本日19時とさせていただきます。

今回は、このボトルのみ。樽生での販売は、ございません。


L1120168-2.jpg

そして、

木樽熟成 山伏 / Barrel Aged Yama-Bushi の新リリース、saison noir も同時発売です!


自家栽培の美山錦をつかったダークセゾン、山伏 弐 / saison noir の木樽熟成版。

2013年から、実に44ヶ月超のワイン樽熟成を経て、瓶詰め。

その後、2年超の瓶内二次発酵・熟成を経ての発売です。

L1120282-2.jpg

8.5%。

ほのかに赤みを帯びた黒。

木樽とブレッタノマイシス由来の複雑な香り。

ロースト感も強くなく、シェリーのようないわゆる熟成香はあまり感じません。

酸味はわずかで、飲み口はドライ。

こちらも、ビールというよりも、シラーのようなイメージの赤ワイン的味わいです。

たとえば赤みの肉とかと一緒に、ゆっくり楽しんでいただければと思います。

限定843本。

こちらも、まずは、業務用から発売開始。

弊社 Web 販売の開始は、本日19時とさせていただきます。

ボトルのみ。樽生での販売は、ございません。


どうぞよろしくお願いします!



12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2018 (上)


L1100375-3.jpg

恒例の振り返り。去年みたいに写真もまとめようかと思いましたが、年末バタバタで挫折。これは、ヤナギダさんに描いてもらったぼく。"ホップ"がテーマということで、こんな感じですが、実物はこんなに緑じゃありません、念のため。

さて、やっぱり、まずは「人」について。今年は、仙人の結婚というめでたい出来事もあった一方で、ブログには書いてませんでしたが、年末に一番丈夫そうな男が入院したり、あわやという事故があったり。でも、なんとか全員元気で年を越せそうで、とにかく本当によかった。やっぱり、健康が第一です。玉村本店には、新たに二人が加わりました。さらに、来年にはもう二人の加入が決まっています。全部で20人にも満たない小さな会社にとっては、だいぶ大きな刺激になるはず。楽しみです!

設備面では、志賀高原ビールの創業以来活躍した愛着ある仕込設備が北海道に旅立って行きました。淋しくもありますが、その設備が、既に、忽布古丹醸造 (HOP KOTAN BREWING) で、すごく美味しいビールを生み出しているのはうれしいです。空いたスペースには、新たなタンクが到着。ぼくらにとっても、いままでできなかった新たな挑戦の場となります。新たなビール、面白いビールが、ここから生まれるはずです。

ホップ、酒米、ブルーベリー、ラズベリーなどなど。もちろん、農業は毎年のことですが、今年の酷暑は厳しかったです。ホップの収穫量は激減。でも、今年も、たくさんのみなさんに助けてもらいながら楽しい時間を過ごせました。自家栽培の美山錦も、品質は例年以上に良かったけど、収穫という意味では厳しかった。ブルーベリーは例年並みで、ラズベリーは豊作。自然相手のことですから、厳しい年もありますが、こればかりは仕方ない。来年もがんばります。あと、これもブログでは触れてなかったのですが、仕込みで出る麦芽粕を堆肥にする仕組みには、大きな進歩がありました。これについては、また書きますね。

天候という意味では、台風21号で、酒蔵の屋根が飛ばされたのは、なかなかの大事件でした。「関西たいへんだなあ」なんていってたらの突然の被害。驚きましたが、なんだかみんな半笑いだったのが印象的。古い建物だし、そういうタイミングだったんだと、思うことにしています。なんとか復旧して、酒づくりも無事にはじまってます。人的被害がなかったのはなにより。災害とか、いつ起こるかわからないということは、肝に命じないといけないですね。

災害ではないけど、今年、本なにより苦しめられたのは配送料の件。半年以上も戦って、いろんな手を尽くしたのですが、力及ばず、みなさんに大幅な配送料の値上げをお願いしなくてはならなくなったのは、本当に無念です。自分たちみたいな小さな会社の無力さ痛感しました。もちろん、送料値上げのダメージは大きいですが、とにかく、これまで以上に一生懸命、いい商品を、できるだけ安い価格で提供していくことしか、ぼくらには出来ないと思っています。これからも、どうかよろしくお願いします。

(続きます。)




08:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

収穫祭 2018、当日のビールリストです!


L1033290.jpg
Fresh Hop Pils

収穫祭、当日のビールリストです!

生ホップ仕込みはもちろん全種類。

当日デビューの新作や、いつもは飲めないスペシャルバージョン、秘蔵のストックに日本酒、さらにゲストビールまで。

渾身のラインアップのつもりです。

ビールは、全種類一杯400円のチケット制です。(一杯 約350ml、ハイアルコールビールは200ml程度でのご提供となります。)

Harvest Brew(生ホップ収穫仕込 2018)

1 志賀高原 Pale Ale Harvest Brew (通常版/リアルエール版)
2 志賀高原 IPA Harvest Brew(通常版/リアルエール版)
3 Fresh Hop Bitter(通常版/リアルエール版)
4 Miyama Blonde Harvest Brew

当日デビュー!

5 Fresh Hop Pils

今シーズン最後の Harvest Brew は、なんと志賀高原ビール久しぶりのラガー!仕込当日に収穫した信州早生を生のままふんだんにつかって、ドイツ伝統の方法で仕込みました。この日のために、二ヶ月以上の長期熟成を経て、満を持しての登場です。志賀高原ビールにうまいラガーをつくる力があるのかどうか?直接お確かめください!

6 木樽熟成 山伏 / red

デビューというか、本当はデビュー前。近日ボトルでリリース予定の特別なビールを1樽限定で繋げちゃいます。ワイン樽で約二年熟成させたちょっと酸っぱいやつ。今後も、基本はボトルのみでリリースしていく予定。この機会に、お飲み逃しなく!

7 PIPEWORKS x TRUNK COFFEE x 志賀高原 / UFO (Unidentified Fermented Object)

こちらも、まだ正式デビュー前の PIPEWORKS とのコラボを1樽限定で先行開栓。9.0%のミルクスタウトを自家栽培のブルーベリーとラズベリー、そして TRUNK COFFEE のコーヒーを加えて熟成させた(というかまだ熟成中)ビールです。ハイアルコールな「黒さ」と「果実味」と「コーヒー」の味が合わさった複雑な味は、ぼくらにとっても未体験。というわけで、「未確認発酵物体」という名前です。是非!

8 Hair of the Dog x 志賀高原 / ECKHARDT

SMBL2017の際に仕込んだ Hair of the Dog とのコラボ、昨年のこのイベントで先行開栓しましたが、いまだに未発売。Adamu、Monkey Claws、Tomodachi Blonde、Side by Side に続く第5弾。今回は、HOTD の代表的ビールであるFred の日本版。ピルスナーモルトに、たっぷりのライ麦とダークシュガーをつかった12% (!) のゴールデンストロングエール。Fred の名前の元になった著名なブルワー・著述家 であり、日本通でもあった 故Fred Eckhardt 氏 のラストネームをもらった、この日本版は、志賀高原流に、もちろん本家よりもホッピーです。熟成を重ねて、かなりいい感じになってきました。そろそろ販売してもいいか、みなさんのご意見を是非!(1樽限定)

定番・準定番

9 DPA
10 Africa Pale Ale(通常版/リアルエール版)
11 志賀高原ポーター (通常版/リアルエール版)
12 Indian Summer Saison
13 House IPA(通常版/リアルエール版)
14 其の十
15 Baby Blonde Miyama

スペシャル

16 SALTY HOP
17 Blue Bird Day Saison
18 "SHOUBU" no Miyama Blonde
19 "SHOUBU" no Miyama Weizen
20 IBrA
21 富士桜高原麦酒 x 志賀高原 / OKITEYABURI
22 Baird Beer x 志賀高原 / BS!!
23 TRUNK COFFEE x 志賀高原 / HOP & BEAN
24 ゆるブル Wheat
25 KASUMI / IPA for 仙人
26 NEW ENGI-LAND IPA
27 SNOW MONKEY IPA Fuji Rock ver. 2018
28 Two Rabbits IPA (2017 & 2018)
29 無我霧中
30 1t IPA
31 1t IPA Habanero
32 1t IPA GEISHA
33 grand rouge
34 YOROCCO BEERx 志賀高原 / BACK TO BACK
35 bramely saison
36 IISS (Imperial Indian Summer Saison)
37 Takashi Imperial Stout (2012, 2018)
38 W-IBA
39 W-IBA "Guatemara El Injerto"
40 Hair of The Dog x 志賀高原 / Adamu
41 Hair of The Dog x 志賀高原 / Monkey Claws
42 THE FAR EAST Barrel Aged Imperial House IPA
43 TAKASHI ICHIRO
44 TKASHI ICHIRO PETE!?
45 一石三鳥
46 縁喜 ひとごこち純米吟醸無濾過生原酒(←THE FARMHOUSE 限定!)

ゲストビール!

47 AJB (里武士) / Fodder Pils
48 うしとらブルワリー / ますらお(ヘベスをつかったサワー)
49 城端麦酒 / アールグレイ
50 BarbaricWorks / Dope (Hazy IPA)
51 松本ブルワリー / Matsumoto Traditional Bitter
52 麦雑穀工房 / 彩りセゾン
53 YOROCCO BEER / Hoppy Saison

こんな感じで、許していただけるでしょうか?

この他、お燗も含めて縁喜各種をTHE FARMHOUSE 店内でご提供します。

今回も、従来の外テントに加えて、THE FARMHOUSE 店内のタップもありますので、この中から常時20種類程度が同時に繋がります。

どこまで開栓できるかは、みなさん次第。

一樽限定のものも多いので、飲み逃しなく!



18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

(たぶん)ブルワー募集!


L1032869.jpg

玉村本店で働いてくれる仲間を一人、募集します!

およそ2年ぶりの募集。

もちろん正社員を探しています。

今回は、ビール工場での醸造に関わる仕事がメインです。

以下、毎回載せてる内容なのですが、あまりいじるところがないのでそのまま再掲します:

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

求人です!


玉村本店は全部で十数名の小さな会社。

日本酒、ビールの醸造はもちろん、瓶詰め等の出荷に関わる仕事や、いわゆる業務用の酒屋としての配達、営業、店頭やイベントでの接客などにくわえて、ホップや酒米、麦やブルーベリーといった農業(あっ、堆肥づくりも)まで。

全員が、なんでもこなさないといけません。

ですので、「ブルワー求む」みたいに、醸造だけしてればいいみたいな募集・採用はしませんし、できません。

仕事の分野を限定せず、なんでもやるつもりの方にだけ、来ていただきたいと思っています。

ただ、酒やビールをつくって売るのが仕事ですので、ある意味全員が醸造に携わるともいえます。

ぼくらが探しているのは、

「体力とやる気があって、田舎に暮らし、どんな仕事でもやる覚悟がある、一緒に働きたくなるような人」

「体力」は重要なのですが、なにもいきなり大瓶四ケースを楽々担げなくても構いません。基本的にからだが丈夫で、多少きつくても、仕事を楽しみ続ける気力を持ち続けられる方であれば。

というわけで、男女は問いません。

もちろん女性でも、何でもやってもらうつもりですが、男と同じ筋力は必要ありません。

酒やビールが好きな人であっては欲しいと思いますが、知識や経験よりも、やる気や人柄を重視します。

年齢は、できれば30代前半以下が希望です。経験は不問。中途半端な経験ならむしろないほうがいいとも思っています。

人にない強味をもっていたりするのであれば、もちろん大歓迎です。

玉村本店がどんなところか、出来ればこのブログをよく読んでみていただき、実際はそれよりも「ちょっと大変」だと想像してもらったうえで、ご興味いただけるようであれば、是非ご連絡ください。

下記まで、履歴書と志望動機をお送りいただければと思います。もちろん、ご不明な点等ございましたら、先にお問い合わせください。

書類だけの審査の場合もございますので、志望動機、自己アピールはしっかりお願いします。

〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町平穏1163
株式会社 玉村本店
TEL: 0269-33-2155
Mail: ego-brew@zau.att.ne.jp

「知り合いに、いいのがいるぞ」なんて方も、是非ご紹介ください!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

補足ですが、

「将来自分でビール会社をはじめたい」っていう人も歓迎ですが、「志賀高原ビールの次のヘッドブルワーになりたい」っていう人も大歓迎!

現状は、写真の4人とぼくの5人で、醸造から瓶・樽に詰めるところまでの全てをこなしています。

なにせ少人数ですから、一人の占める割合はとても大きいですので、「いい仲間」がみつかるまで気長に探したいと思います。

また、いい出会いがあるといいなあ。

どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑


L1032542.jpg

暑い夏、続いてます。

ホップはどうも不作だけど、ラズベリー、ブルーベリーはいい感じ。

トンボもみかけるし、秋はくるはず。



23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こっちの収穫も継続中です。


L1032540.jpg

こちらの収穫も続いてます。

玉村本店のメンバーが、毎朝収穫しているブルーベリーとラズベリー。

ラズベリーの方は、第一弾の収穫は一段落してきましたが、ブルーベリーはやっとピークを越えたくらい。

L1100700.jpg

暑いから早朝からやっているのですが、みんなで真剣にやっても、10時じゃ終わらないくらい。

みんな、真っ黒です。






21:01 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ベリーもそろそろ


L1032257.jpg

一週間くらい前のブルーベリー。

今週から、少しずつ収穫が始まりました。

L1032256.jpg

これは、その前の作業。

L1100291.jpg

こんな虫を、手作業でとっています。

無農薬だからね。


ラズベリーも少しずつ赤くなってきて、サマータイムがはじまるのも、もうじきです。





23:59 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
FC2 Management