FC2ブログ

「自分じゃやってない」疑惑


L1040584.jpg

仕込を終えて、畑に。

株をこしらえるのです。

最近は、なかなか忙しくて、ぼくにとってこれが今年最初の畑仕事。

やっぱり気持ちいいですね。

「え、写真撮るだけで本当はやってないんでしょ!?」


そういう人、多いんです。

杜氏を目指す、うちの一番最近の新人もそう思ってたかも。

今日まで。

そういえば、あの富士桜の親分も、ぼくが自分で仕込んでる(→いまだに全仕込やってます)って信じてくれるまで何年もかかったな。

出来るだけ自分でやりたいのです。

楽しいことは。




20:45 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

心地いい筋肉痛のために!


R0014803.jpg

ぼくも畑に出動。

株をこしらえる」っていうのは、掘り起こしたホップの株を剪定する作業。

それを、ビーバー(=草刈り機)でやるのがぼくの仕事。

というか、いまのところ、ほかのみんながやりたがらないので、ぼくしかできない仕事なのです。

畑仕事は、もちろん疲れるけど、楽しいし気持ちいい。

でも、この時間をつくるのが、年々厳しくなってきてたのが現実。

今回、新設備を入れたのは、こういう時間をつくるため。

筋肉痛が、心地いい!





23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

楽しく非効率


L1018255.jpg

今朝は、早朝から元湘南ボーイと一緒に東京から移動。

で、野良仕事。

そう、ホップの株をこしらえる作業が、先週から始まっているのです。

今数えたら9人。

ぼくもやってるので、10人です。

本来、酒屋のはずですが、こんな人数が畑に。

もちろん、通常営業もしてますし、今日もビールは仕込んでたので、ぼくら三人は、午後は仕込に戻ります。

まあとにかく、冷静に考えれば無駄ですよね。

でも、そんな無駄な遊びを、

「やっちゃおうか?」

って言って、本当に出来るのは、こんな仲間がいるからこそ。

晴れの日に、畑で汗を流す。

いいですよ。

非効率経営の、楽しさです!?




21:01 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年もホップの株を「こしらえる」


L1001595.jpg

今週のメインの仕事はこれ。

ホップの株をこしらえるのです。

なんだかわからないかもしれませんが、よければ例年のこの頃のブログを見て下さい。

要は、ホップの株の剪定ってところ。

芽がでた株をひとつひとつすべて深くまで掘り起こし、残酷なほど小さく「こしらえる」のがこの作業。

L1001616.jpg

雨のため、だいぶ予定が狂いました。

今日は最高にいい天気だったけど、仕込もあって半日が精一杯。

まだ、総出でやっても丸一日はかかりそう。

明日からぼくはイベント参加なので、全部やり終えられないのが無念ではありますが、あとはみんなにまかせます。

L1001622.jpg

写真は今年で四年目のゴールディングス。

去年までの経験では、収量はいまいち。

でも、今年はかなり株がたくましく育ってます。

この感じからすると、だいぶ期待が出来る感じがします。

L1001619.jpg

で、こいつ。

異常なほどでかい。

実は、なんの品種かわかりません。

もちろん、あらかじめ決まった品種を植えているのですが、時々「どうも違う」ホップが育つのです。

ぼくらは「シトラもどき」と呼んでます。

去年もすごい収穫量。

で、香りが Citra という品種みたいかなと感じたのです。

気のせいかもしれないけど、こんなのがあるのも楽しみのうちの一つです。

肉体的には、だいぶ疲れてるけどね。




23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

実は収穫以上の大仕事


L1013254_20120513215331.jpg

すっかり、これ書くの忘れてました。

っていっても毎年のことですからわかりますよね。

L1013262.jpg

そう、ホップの株を掘り起こして、伸びた芽や根をバサバサときるこの作業。

「株をこしらえる」とかいうのが正式名称のようです。

L1013251.jpg

なにせ、一年でこんなに根が伸びちゃうのです。

できれば、下に下にといってほしいのですが、放っておくと横にどんどん。

L1013266.jpg

ホップ摘みを手伝いたいといってくれる方は多いのですが、実は、この春の一連の作業は収穫にも負けないくらいの大仕事。

よければどうですか?

L1013279.jpg

GW前の何日か。

玉村本店総出でで、青空の下での肉体労働は続いたのでした。




23:59 | ホップづくり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

株をこしらえる


L1006856.jpg

今日からはじまりました。

この時期にやらなければいけないこの作業。

すっと、なんて呼べばいいのだろうと思っていましたが、「株こしらえ」とか「株開き」とかいうみたいです。

前から勇三さんが言っていた「株をこしらえる」ということば。広くつかわれていたんですね。

ですから、うちは「株こしらえ」でいくことにします。

GW前の今週、仕込もあるのですが、なんとか3つの畑をすべて終わらせないと。

今日は、午前中雨に降られましたが、その後回復。

時間帯によって2~7人がかりで、なんとか100株程度を終えました。

まだまだうんざりするくらいありますが、ぼくらの調子もどんどん上がってくるはずです。

それにしてもこの作業、腰をまげての作業がかなり効きます。

その他の筋肉痛がどこにでるのかを思い出すのは、明日以降(←歳によって違うのです)。

今週は、お風呂も気持ちいいですし、食事もうまい。それに、よく眠れるはずです。

まあ、いつもですが。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雑感


10B024004.jpg

これは株をこしらえる前の写真ですが、今は株たちは裸ん坊。

肌寒い感じのここ数日、ちょっと心配になります。

すぐそこの山の上が雪で白くなってるんですから。

でも、ちゃんと新しい芽がでてきているので、なんとか一安心です。


今日は、定番にしたいんだけどなかなかできないあのビールの10回目の仕込み。

毎回、ちょっとずつかえながら仕込んでますが、やっとそろそろ固まってきた感じです。

いつも感じるのですが、「限定ビール」なるものを一回でバッチリだと思えるレベルにもっていくことはほとんどできません。

僕らの実力不足なのでしょう。

まあ、定番でもいまだに試行錯誤しつづけているのですから、当然かもしれませんが。

だから、あれこれ食い散らかさず、本当につくりたいものに集中しようといつも思っています。

ほんのちょっとの違いなのですが、回数を重ねて、はじめてイメージに近づくのです。

まだまだですね。
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

株分け ~ 終了


L1002044.jpg

株を掘り起こして「こしらえる」と同時に、「株分け」もしていきます。

ホップは、この株分けで増やしていきます。

余分な分を切り落として坊主にする際に、株分けに適した部分を切り分けます。

L1002042.jpg

写真を撮るために陽の当たるところに置いてますが、本当は乾燥させないように注意します。

これを、枯れたりネズミに喰われたりして欠株したところにうえていきます。

去年に続き、ことしもカスケードの何株かにネズミの被害が。

カスケードだけがうまいのか?

L1002061.jpg

ことしつくった新しい畑の、新品種を植えた以外の場所にも信州早生を移植。

二日にわたった作業。

株数はすくなくても、ひとつずつの株が巨大化している信州早生には、だいぶてこずりました。

おまけに、今日はだいぶ雨にも降られましたが、みんなで集中してやったおかげで、無事終了。

みんな泥だらけ、へとへとです。

ご苦労様。

次は、元気に芽が出てくるのを待ちます。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「すべては観察からはじまる」


09N039030.jpg

クローバーを播いて数日後、ホップの株をこしらえるタイミングで、株分け可能な分を、この実験場に植えてみました。

この畑のホップたちには、もちろん、肥料も農薬もつかいません。草も刈りません。

ですから、雑草に負けちゃって育たないかもしれないですし、虫や病気にやられちゃうかもしれません。

09N038037.jpg

「奇跡のリンゴ」の木村さんによると、「すべては観察からはじまる」とのことです。

以前に「なにもしない」とは書きましたが、決して放ったらかしで、結果オーライに期待するわけではありません。

ここでの経過を観察することで、ぼくらの米やホップづくりに、すこしでもいい効果を与えてくれることを期待しての実験なのです。
23:59 | 野良仕事 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

チュー害にも負けず...


09N049016.jpg

去年つくった畑の方で、芽を出したカスケード。

一年目の去年は、株のつきもよく、収穫も信州早生の一年目よりもあって、予想以上に順調でした。

ところが....

株をこしらえる作業をしてみると、結構たくさんの株に、ネズミに食べられた後がみつかりました。

ご存知の通り、ホップ畑は麦芽粕でつくった自家製の堆肥と、牛糞といった有機中心の土づくり。

ミミズがたくさんいる、いい感じの土なのですが、そのミミズ目当てにモグラが。

そのモグラ自体は無害なようですが、モグラの掘ったトンネルからネズミが入ったようです。

二枚の畑で、4種類の株を育てているのですが、どういうわけか被害が一番多いのがカスケード。続いてウィラメット。下にのびる根っこの部分をかじられちゃています、

勇三さんも、「アメリカ産の方が甘いのか?」なんていっていました。

この「チュー害」の原因は、土の良さにあるのかもしれないわけで、ちょっと複雑です。

仕方ないので、被害にあった株はあきらめて、株分けをして再挑戦。

幸い、こうして顔をだしてきました。

元気にがんばれ!
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

株分け


09N038011.jpg

株をこしらえる作業の横で、たかしくんがしているのは、株分けの作業。

丸坊主にしたホップの株の、よさそうなところを見極めて、株分け用にします。

余計な芽や根を取り除きます。

IMG_4217.jpg

なんか、「なまこ」みたいですが、これは抗菌剤で病気の予防をしているところ。

4年目にはいる信州早生は、さすがに株も成長し、株分けしても大丈夫そうな立派なものが増えました。

一方で、二年目のセンテニアルやカスケードは、初年度よりももちろんだいぶ立派になっていますが、まだまだ心もとない感じ。一年目に株がつかなかったりで、新しい株が必要なのは、むしろこちらのほうなのですが、こればかりは仕方ありません。「だめもと」で、必要なところに植えてみました。

09N039030.jpg

例の秘密の遊び場にも、「遊び」でホップを移植してみました。

これも楽しみです。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

すじ蒔き(1)


09N042001.jpg

GWを目前に控える四月下旬の一日。

ホップの株を「こしらえる」のとほぼ同じタイミングなのですが、美山錦の「すじ蒔き」です。

まあ、米の種蒔きってことですね。

この時期のの玉村本店は、完全に、

農家>酒屋

です。

苗床になるこの板に、新聞紙をしいて土を薄くひきます。

09N042006.jpg

そこに美山錦君を均一に蒔いて、また土でサンドイッチ。

水を充分やって一日置きます。

09N042012.jpg

この前日、志賀高原は、雪。

笠岳が白いです。空気もひんやり。

開通直後に一時通行止めになった志賀草津道路も、昼には通行止め解除となりました。
23:59 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
FC2 Management