fc2ブログ

酒を楽しむ夜


R0000220.jpg

この間、野村さんと飲んだのは THE FARMHOUSE。

みんなで、まずは Tap List から、DPAのスペシャルなやつや、One In A Thousand、Fresh Hop IPA、 Take Me Skiing なんかを、あれこれ楽しみながらのスタート。

写真撮らなきゃと思ったのは、ローストチキンのあたりから。

R0000229.jpg

いつも、「最高の食中酒を目指す」なんて、書いてますが、やっぱり食べながらの楽しい酒は最高なのです。

R0000224.jpg

せっかくの友に、ちょっと特別なビールをあけてみたり。

R0000233.jpg

ぼくら、気づけば、飲まなきゃいけない秘蔵のコレクションが、いつのまにか充実してたりします。

R0000225.jpg

途中から、ワインを飲むような感じで山伏に。

われながら、なかなかいいです。

R0000230.jpg

これは、マイケルがもってきてくれたとっときの。

ヴィンテージは忘れちゃったけど、買えないやつ。

最近は、ピルスとかケルシュとか人気で、ハイアルコールのビールが形見狭い感じになっちゃってるけど、それは、こういうふうに飲んでないからじゃないかな。

やっぱり、深い時間に飲むこういうやつは格別なのです。

R0000232.jpg

締めには、これまたやばいやつ。

他にも、cozy とかも空けながら。


一緒に飲んだ、うちの若いスタッフも、すごく楽しんでくれてました。


この間の Barbaric のみんなと飲んだ夜もそうだったけど、いい酒を飲みながら、うまいものを食べて、たくさん笑う。

これに勝るものはないかなと。


ビールだけじゃなくてもいいけれど、こんな風に飲む機会、もっと多くのひとと共有したいです。

バーでも、レストランでも、キャンプでも、もちろん家でもね。





20:57 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「最良の食中酒」


R0000198.jpg

Barbaric なみなさんといったのは、gonkiさん

いやあ、今回も最高でした。

R0000195.jpg

主賓にサービングしてもらっちゃった。

でもね、プロは上手いのです。

R0000204.jpg

ここには写ってないBaby Blonde Miyama と Take Me Skiing IPA ではじまって、食事と一緒に飲んだのはワインや山伏、そして THE FAR EAST。

いつも、最良の食中酒を目指すといってますが、それを本当に楽しめた夜でした。

もちろん、美味しい食事と、楽しい仲間があってこそ。

こういう時のために、ビールつくってるんだなあ。

R0000203.jpg

いい顔になっちゃいます。






20:02 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2022 (下)


L1141751.jpg

去年の秋に苗を植えた新ホップ畑ですが、はじめての収穫。まあ、収穫が本格化するにはあと数年はかかるのですが、初年度からなんだか思ったよりの収穫量。この畑で挑戦したくていろいろ手をつくしていた新品種2種も、なんとかアメリカから到着。こちらは、まだまだですが、楽しみです。

農業といえば、米づくりの方も、着々と進んでいます。今年から完全無農薬に転換。苗づくりも進化。新兵器、田面ライダーも活躍。つくった米は無事一等米に。すでにはじまっている酒造りの方にも、あれこれ小さい挑戦をしながら取り組んでます。いい酒ができそうです。

少しずつですがイベントへの参加も再開。まあ、本業の酒づくりや農業に集中するのと、みんなのワークライフバランスも大事にしたいので、コロナ前にくらべると参加は限定的になると思いますが、来年はもっとみなさんにお会いできるといいなと思っています。

今年は、コラボした PIZZA PORT のマイクに加えて、イタリアドイツから久しぶりに技術者が来日してメンテナンス等をしてくれました。輸出は、タイや台湾に加えて、新たに香港へも。インバウンドが再開して、ここのところ、うちを訪ねてくれるお客様のかなりの割合が海外から。急激に正常化してきました。海外にいく日も意外に近いかも。

なにかと節目の年でもありました。THE FARMHOUSE は、おかげさまで5周年店長夫妻も無事結婚式を行えて、二重にめでたかった。そして、なんとこのブログも1日も休まずに15周年! ゆる2ブル Wheat をつくって、勝手に祝いました。ビールの方は、ONE IN A THOUSAND が、新工場1000仕込目、そして TAKE ME SKIING が、ぼくにとっての2000仕込目。ここまでやってこれたのは、ぼくの努力仲間たちのちからはもちろん、足を運んでくれたり、志賀高原ビールを飲んでくれているみなさんのおかげです。来年以降も、引き続きどうぞよろしく願いします。

みなさん、よい年をお迎えください!








12:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

THE FAR EAST と TAKE ME SKIING #2000、ボトル発売です!新酒しぼりたて生も!!


L1142911.jpg

[12月21日 16時24分 追記] おかげさまで、TAKE ME SKIING #2000 ボトルの業務店様分は完売となりました。どうもありがとうございます。THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA と上撰本醸造 新酒しぼりたて「生」は販売中ですので、引き続きよろしくお願いします。 弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。

今年最後の限定商品は、なかなか強力なラインアップかなと。

THE FAR EASTTAKE ME SKIING #2000、ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

L1143010.jpg

こちらが、

THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA!

一年振り、今回で9度目のリリースです。

ある意味、志賀高原ビールを代表する超人気商品。

"アフリカからインドも越えて、極東までいっちゃう、ってくらい強力な IPA"を、さらに、イチローズモルトさんの樽で長期にわたって熟成した特別なビールです。

今回は、樽での熟成期間で、47ヶ月、36ヶ月、35ヶ月、25ヶ月、10ヶ月の5種、12樽のブレンド。

本数も勘案して加重平均すると28ヶ月です。

実測した結果、今回は14.5%です。

イチローズモルトさん由来のウイスキー感はしっかりあるのですが、ビール自体の主張がそれに負けていないのが、THE FAR EAST。

色は濃い目の琥珀色。

とろっと粘度が高い感じ。

度数は高いのですが、アルコールの尖った印象はあまり感じずいろんな要素が調和した仕上がり。

今回は、あえて若め(といっても10ヶ月)の樽もブレンドしたことにより、ホップの華やかさがプラスされ、より魅力的に仕上がったと思っています

紹興酒やシェリーみたいな熟成香はほとんど感じません。

うまく表現できないのですが、「濃」いフルーティーさを感じます。

いつもの、イチジクや杏のドライフルーツ的な印象に、フレッシュな赤いオレンジのような柑橘のニュアンス。

飲み口は、度数なりのボリュームと甘さをかんじながらも、クリーンでドライ。

フィニッシュに、しっかりとしたウィスキー感を感じます。

食後にナッツやドライフルーツとかとあわせていただくのはもちろん、意外にブラータみたいなクリーミーなチーズとか濃厚な味の生ハムやジャーキーなんかもいいんじゃないかと思います。

いままで、

「安すぎる!」

なんてお声もいただいたのに甘えて、今回から価格を見直させていただきます。

樽生の一般販売はございません。

限定5494本と、いままでで一番たくさんご用意しました。

L1142877.jpg

そして、昨日ご案内させていただいた、

TAKE ME SKIING #2000

も、同時発売。

とにかく飲んでみていただきたい、ぼくらのお気に入りのIPAです。

2バッチ分と、たっぷりご用意していますが、今回は地元のお客様用の分を多めにさせていただきます。


昨日発売の樽生も絶賛発売中です。

L1142947.jpg

そして、

上撰本醸造 新酒しぼりたて「生」も、同時発売!

今年の最初の新酒。

この季節の大人気商品で、たくさんのお客様にお待ちいただいていました。

昨日しぼったばかりです。

今年のは、力強さのなかに軽やかさを感じられる仕上がり。

18度という、しぼりたての原酒ならではの度数なのですが、食中酒として、どんどん飲めちゃう感じの、あぶないやつです。

小さな挑戦をいろいろしている今年の酒造り、これからの仕込みも楽しみになる出来栄えだと思っています。

年末年始のお供にも是非!


これまでリリースしてきた山伏のシリーズや他の志賀高原ビールも含めて、どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

TAKE ME SKIING IPA #2000、樽生から発売です!


L1142905.jpg

というわけで、ずっと続いてきた限定ビールラッシュも今週まで。

最後は、昨日も書いた通り、志賀高原ビールの通算2000回目(と2001回目)の仕込みを記念したこれです。

TAKE ME SKIING IPA、樽生から発売です!


ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、前回はじめてつくったのは、2021年の春

コロナで大打撃をうけた地元に、ちょっとでも貢献できたらとの思いからつくりました。

その際は、このビールを、町内のホテル、旅館、酒屋さんといった志賀高原ビールのお取引先、約150社に無料配布し、販売していただきその売上が100%を収益としていただきました。

ですから、Web も含めて、町内以外では一切販売をしませんでした。


以来、つくっていなかったのですが、2000回目の仕込みを、なににしようかと考えたときに、頭にうかんだのがこのビール。

自分たちが飲みたいビールで、志賀高原ビールらしいやつということで、やっぱり IPA。

そして、もともと志賀高原や湯田中渋温泉といった地元に支えてもらってはじまった志賀高原ビール。

ビール自体も、個人的に大好きな仕上がりだったこともあって、今回再挑戦したというわけです。

6.5%、IBU37。

ぼくらの大好きなホップ3種類をふんだんにつかってつくった、明るいブロンド色の IPAです。

今回も、意識したわけではなく、いつものぼくらの酵母でつくったのですが、なんだかちょっとヘイジー。

ハッサクみたいな黄色い柑橘と、グレープフルーツの白い皮のような印象に、パッションフルーツみたいなちょっとトロピカルで酸味を連想させる圧倒的な香りと爽快な飲み口。

先日リリースした PIZZA PORT とのコラボ ONE IN A THOUSAND がおかげさまで大好評だったのですが、今回のこれは、結構、似た感じのスタイル。

実は、2000回目の仕込みをこれにするのはその前から決めていたのですが、コラボのあっちとは、やっぱり違うと思います。

もちろん、つかったホップの種類とかもあるけれど、こちらの方が、香りに加えて爽快な苦味が特徴です。

まあ、このビールが「苦い」という人が多いかもしれませんし、ONE IN A THOUSAND の方が今時なのかもしれません。

でも、「最良の食中酒」を目指すぼくらとしては、やっぱりこういうのが好きなのです。


商品名やラベルデザインについては、こちら をご覧ください

いよいよスキーシーズンがはじまった志賀高原に足を運んで欲しいという願いと、「あの映画」の頃のように地元が盛り上がって欲しいという願いを込めています。

今回は、通常通り販売させていただきます。


たっぷり2バッチ分。

少しだけリアルエール版もご用意しています。

ボトルの発売は、もうちょっとだけお待ちください。


ぼくらの大好きなIPA が出来ました。

これは飲んで欲しいです!

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新春セット 2022は、"おうち Take Over” セット & 木樽熟成 山伏 grand cru 3本セット!


L1137635.jpg

[2022年1月2日10時6分追記] なんと、おかげさまで新春セット2022、完売しました。どうもありがとうございます。


毎年恒例になっちゃったので、今年もいろいろ悩んだ末にご用意しました。

新春セット 2022 です!

本日10時より Web 限定で発売開始します。それまでは「現在、この商品は扱っておりません」の表示になっていますが、ご了承ください。

2セットご用意してみました。

まずは、

おうち Take Over 24本セット!

写真左から:

志賀高原ペールエール
志賀高原IPA
志賀高原ポーター
Miyama Blonde
Africa Pale Ale
Indian Summer Saison
Baby Blonde Miyama
House IPA
其の十
SHIGA KOGEN HELLES!?
Summer Saison
ゆるブル Wheat
富士桜高原麦酒 x 志賀高原 / OKITE YABYURI -India Pale Weizen-
TRUNK COFFEE x 志賀高原 / Imperial Coffee ESB -EL PARAISO-
縁喜 x 志賀高原 / "NIGORI" Sake IPA 2020 「特濃」
IISS (Imperial Indian Summer Saison) 2017
Takashi Imperial Stout 2016
W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2016
House IPA 2012
Hair of the Dog x 志賀高原 / ECKHARDT "FROM THE WOOD" 2021
THE FAR EAST 2018
?#1
?#2 (Strong)
?#3 (10年+熟成)


330ml 各1本、合計24本。

ははは。

レアな限定だけでなく、あらためて志賀高原ビールの定番・準定番も飲んでいただきたく、全部違うビールを24本揃えてみました。

もう、このセットを飲むためだけを目的に、おうちでイベント的にお楽しみいただけるんじゃないかなと。

まあ、こんなの買ったら「邪魔だ!」と怒られちゃう方も多いかもしれませんが...

L1137644.jpg

?マークのラベルは、なにかと思われるかと思いますが、各カテゴリーごとに、下記からランダムに1本ずつが入ります。

?#1:

YOROCCO BEER x 志賀高原 / BACK TO BACK 2018
TAKE ME SKIING IPA 2021

?#2(Strong):

1t IPA 2017
PIPEWORKS x 志賀高原 / UFO (Unidentified Fermented Object) 2018
PIPEWORKS x 志賀高原 / OMK (Omake) 2018
Hair of the Dog x 志賀高原 / ADAMU (アダム) 2014
Hair of the Dog x 志賀高原 / Monkey Claws 2014


?#3 (10年+熟成):

40th Anniversary Ale 2009
Wheat Wine of Shigakogen 2009
Dieu du Ciel! x 志賀高原 / 一石二鳥 2010
Takashi Imperial Stout 2009



商品名のあとの年号は、リリース年を表します。

スペックや、商品説明に関しましては、各商品名のリンクをご参照ください。

?マークのものがどれになるか、ご指定はお受けできませんので、ご了承ください。


今回、あらためてテイスティングをしてみましが、例えば、志賀高原限定でのリリースだった TAKE ME SKIING は、ホッピーさもまだまだ健在。OKITE YABURI は、さすがにホップの印象は弱まっていますが、その分、ヴァイツェンとしての主張がたってきて、これはこれでなかなかだと思います。10年超の4本は、どれももちろん熟成感はありますが、40th Anniversary Ale は、ちょっとスモーキーさを感じつつも意外にドライな印象。Wheat Wine も、ハイアルコールの小麦の味わいが面白いです。Takashi の 2009は、是非飲んでいただきたいやつ。"NIGORI" は、初登場の際のものを瓶詰めした際に、もろみの量が通常版よりもだいぶ多かったので、そのまま保存していた「特濃」の熟成版。だいぶ「酒感」強めです。

限定48セット 15,000円 (税込・送料別)です。

L1137661.jpg

そして、もう一つ。

木樽熟成 山伏 grand cru 3本セット!

ワイン樽で熟成した、木樽熟成 山伏シリーズのなかでも、ぼくらが特別だと思うものを選んだ "grand cru" の 3本セットです。

写真左から:

木樽熟成山伏 blonde / grand cru 2021
木樽熟成山伏 red / grand cru 2022(新作・先行発売!)
木樽熟成山伏 ore no sake ga nome ne no ka / grand cru 2019


750ml 各1本、合計3本。

いずれも、フランスから冷蔵便で届いた樽をつかってフィニッシュしています。

"blonde "と、"ore no sake ga nome ne no ka" は、大好評をいただきすでに完売しており、弊社ストックからのご案内。

そして、"red" は、今回初登場なのですが、結構自信作。つかった樽は、名前を出せないのですが、たぶん多くの方がご存知のボルドー五大シャトーのうちの一つの樽。

樽の影響が、はっきり感じられる、力強くも繊細な味わいです。

特別な3本を、この機会に是非!

限定24セット 8,800円 (税込・送料別)です。


こんなの買う人がどのくらいいるのかと思いつつ、毎年発売開始数分で完売しているのですが、ぼくらなりに在庫のなかから精一杯の数をご用意したつもりです。


完全先着順となります。

大変恐縮ですが、おひとりさま各1セット限り でお願いします。

おまけでステッカー4枚セットをおつけしときます。

今回も WEBでのご注文のみ で、メール等でのご注文はお受けできません。


価格が価格(ぼくら的には、むしろ安いんじゃないかとは思いますが)ですので、さすがに、例年ほど早くはなくならないと思いますが、完売の場合はご容赦ください。

正月ということで、発送までは何日かいただくことになりますが、ご理解ください。


どうぞ、よろしくお願いします!







08:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2021 (上)


L1137720.jpg


恒例の振り返りです。

今年も、残念ながら「コロナ」の影響をうけた一年でした。それも、もろに。個人的にも、なんと県外に出たのは東京に2泊したのみ。SNOW MONKEY BEER LIVE も含めて、イベントもまったくなく、完全に長野にこもったまま年末を迎えることになったとさ。とはいえ、最後の数ヶ月は、だいぶ雰囲気も好転して忙しさも戻ってきました。オミクロン株の影響が気にはなりますが、来年こそ、多くのみなさんと再会し、乾杯出来ればと思っています。

玉村本店は、ちょっと若返り、女子率が上がりました。今年は31年働いてくれたT橋さん(D介の父)が卒業。一方で、11月から、新人が一人加入。いままでのぼくらにないバックグラウンドをもつ彼女の効果は、すでに出始めています。コロナの影響で、去年から、歓送迎会もできていないのですが、去年新人だったメンバーたちもすっかり強力な戦力。まぶしいです!?

めでたいニュースも。2月には、社員久しぶりの赤ちゃん誕生。9月には、最強の男もおじいちゃんになりました。一方で、今年は怪我人続出。この二人を含めて、骨折3名、その他ブログでは書いてなかったのですが、一人がスズメバチにさされ点滴を受けたり。こんなことははじめてです。まあ、みんな無事に元気になったのがなにより。みんなで、気を引き締めないととあらためて思った年です。

コロナの影響で、今年は例年ほどビールを作れませんでしたが、その割には、時間もあって、結構新作もつくれました。SNOW MONKEY IPA 2021 LP ver.、SNOW MONKEY DIPAECKHARDT "FROM THE WOOD" 、志賀高原限定の TAKE ME SKIING IPAE2SB01E2SB02Imperial Coffee ESB / EL PARAISOTalus IPASHIGA KOGEN HELLES!?Summer SaisonFresh Hop IPAFresh Hop PilsSpelt SaisonIKLW-IBSで全部かな。間違って届いた酵母が、いくつかの新作につながりました。久しぶりのラガーもつくっていて楽しかったし、なかなかいいのが出来たと思ってます。自家栽培のホップやスペルトをつかったものも、進化できた気がします。毎年そうなのですが、最初からプランがあるわけではなく、その時の雰囲気や、気分や、受けた刺激とかが新しいアイディアのきっかけになります。来年も、面白いのがつくれるといいなあ。

時間があったので、山伏シリーズにもしっかり取り組むことができました。新作は、blueberry noirUPRIGHT MONKEYblonde grand cru木樽熟成で再デビューの grand rouge あたり。来年も、早々に自信作からご案内できる予定です。今年は、志賀高原ビール・山伏ともにコラボレーションは出来なかったのですが、去年仕込んだ白鳥さんとのやつは、順調に育ってます。こちらも、来年にはいけると思います。気がつけば、山伏のシリーズに取り組んで10年以上。木樽熟成のシリーズを本格リリースしてから3年。特にバレルエイジのサワーエールは、日本では取り組んでいるところも少ないし、市場での認知もまだまだです。とはいえ、徐々にですが、手応えも感じてます。引き続き、もっと山伏を知っていただえるよう、しつこくがんばっていこうと思っています。

(続きます。)





19:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪と太陽!


L1133524.jpg

今回の TAKE ME SKIING IPA のラベルをインスタでみつけた、OXBOW の Tim から、

「今度のビールのラベル、めっちゃかっこいいじゃん!すぐにうちのデザイナーに見ろっていっといたよ!!」

と、興奮気味のメッセージが届きました。


コロナで会えないでいたけど、こんなタイミングで、海の向こうのお洒落男からの反応、うれしいね。


今回のラベルのデザインには、はじめて志賀高原のオフィシャルロゴをつかわせていただきました。

みなさん、このロゴ、ご存知でしょうか?

実は、日本で最初のスキー場のロゴマークだとのこと。


デザインは、亀倉雄策さん。

名前だけではピンと来ない方が多いかもしれませんが、あの1964年の東京オリンピックのロゴやポスターをはじめ、グッドデザイン賞のロゴや誰もが知っている大企業のロゴなどを手がけた、日本のグラフィックデザインを代表する巨匠です。


オリンピックの時は、色は赤と金だけ。そして、組み合わせたものは、丸と五輪マークとTOKYO1964の文字だけ。

たったそれだけで、「日本」で行われる「オリンピック」を強烈にシンボライズして、名だたるデザイナーのコンペで選ばれて、国際的に高い評価を受けたのですが、いまみても、すごいなあと思います。


そんな亀倉さんによる志賀高原のロゴデザインは、青い雪の結晶と赤い太陽の二つだけ。

志賀高原のパウダースノーと、晴天率の高さを表現しています。


今や、このロゴをいまいち認識できない方が増えたように、太陽とパウダースノーという志賀高原の魅力を実感してくれている人も減っちゃったんじゃないか。

もちろん、志賀高原には、上信越公園国立公園に位置する国内最大のスキー場。

雄大な自然の中で、晴れた日に最高の雪質を楽しむのは最高なのです。

もちろん、滑ったあとのビールも!


だから、この機会に、みなさんに快晴のゲレンデで、最高のパウダースノーを実感して欲しいんです。

「わかったよ、二度も言うな」


「ところで、なんで、ロゴが二つ?」

志賀高原の魅力を表現した大切な、そして最高のロゴ。


大事なことは、二回言いたかったのです。









19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私をここに飲みにきて!


L1133490.jpg

TAKE ME SKIING IPA、今週末より地元限定で発売です!

玉村本店のある山ノ内町は、志賀高原、湯田中渋温泉郷、北志賀高原といった観光の町です。

そんな地元にとって、ウィンターシーズンは、一年で一番の稼ぎ時。

ところが今年は、コロナによる緊急事態宣言により大打撃を受けています。

まあ、そんな状況は全国的なことなのですが、乱暴に言えば、一年の大半を冬の間の3ヶ月半で稼がない場所なのにそのうち2ヶ月が緊急事態宣言の対象期間。

お客様の大半は、緊急事態宣言の対象地域(と海外)から。

でも、こっちは緊急事態宣言の対象地域ではないので、お国からの補償とかもありません。

「縁喜」は215年以上、「志賀高原ビール」も15年以上地元のお客様に支えられてきたのですが、こんな状況下、ぼくらになにかできることがないかと考えた結果として、微力ながらやってみることにしたのが、このビールです。


6.0%、IBU 41。

麦芽には、英国産の Low Color Maris Otter という、ちょっと特殊な淡色のものを100%使用。

そこに、ぼくらの大好きなホップ3種類をふんだんにつかってつくった全く新しい IPAです。

意識したわけではなく、いつものぼくらの酵母でつくったのですが、なんだかちょっとヘイジー。

ハッサクみたいな黄色い柑橘の印象に、パッションフルーツみたいなちょっとトロピカルで酸味を連想させる圧倒的な香りと爽快な飲み口。

かなりいい感じの仕上がりになったのではと思います。

商品名には、この機会に是非足を運んで欲しいという願いと、「あの映画」の頃のように地元が盛り上がって欲しいという願いを込めています。


今回は、このビールを、町内のホテル、旅館、酒屋さんといった志賀高原ビールのお取引先、約150社に無料配布します(明日瓶詰めする予定ですが、たぶん約6000本ほどになると思います。)

ですので、この地を訪れてくれるお客様が、このビールを飲んでいただければ、その売上が100%そこの収益となります

インターネットも含めて、その他への販売は一切いたしません。

ギャラリー玉村本店、THE FARMHOUSE、Teppa Room でも扱いはしますが、数量は限定的です。

是非、志賀高原や、湯田中渋温泉郷の各所でお楽しみ頂ければと思います。

お取引先の皆様には、販売に際しまして、改めて、万全の感染対策をお願いいたします。


正直、このビールを目指して足を運んでくださるお客様は決して多いとは思いませんが、シーズン最後の大切な時期にお越しいただいたお客様が、すこしでもニヤっとしていただければと願っております。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
FC2 Management