fc2ブログ

記憶なくすまで


L1150882.jpg

Winter Beer Gravity 2020、すごく楽しかったんだけど、ほとんどイベントの写真を撮っていなかった。

「ガッツだぜ」を歌う男。

L1150880.jpg

本人には、歌った記憶がないそうです。

「またね!」

といって、別れるまで耳のポッキーは、このままでした。


久しぶりの友や、たくさんのお客さんに会えてすごく楽しかった。

新潟、やっぱりいいね。








23:59 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

準備万端


L1002013_202002160820558d8.jpg

Winter Beer Gravity 2020 のために、みんなでに新潟入り。

L1002039_20200216082056411.jpg

バッチリ準備してお待ちしてます!




23:59 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二回選んで欲しいと思ってます。


L1001973.jpg

昨日発売の THE FAR EAST、おかげさまで大好評です。

このビールの値段は935円(税込)。

高いと思う方も多いんだと思います。


"樽での熟成期間で、55ヶ月、54ヶ月、49ヶ月、34ヶ月、26ヶ月、20ヶ月、12ヶ月の7種、12樽のブレンド。

本数も勘案して加重平均すると32.4ヶ月(=2.7年)です。

実測した結果、今回は15.0%表記。

先日の、ECKHARDTのバレルエイジ版と並んで、志賀高原ビール史上過去最高。"



手間や原材料にコストがかかってるから、それなりの値段になるのですが、「それなりの値段」にはちゃんとした理由がないといけないと思ってます。

「飲む理由」「買う理由」を、感じてもらえるかどうか。

「手間がかかってるから」「原料を贅沢につかってるから」「もうつくれないから」

つくり手として、そう言いたくなるところはいろいろあるのですが、個人的には、それを押し付けちゃいけないと思ってます。


それよりも、他の飲み物と比較して、選んでもらう理由があるかどうかが大事かなと。


「味」や「ストーリー」はすごく重要です。

でも、同じくらい価格もね。


国内のライバルはもちろんですが、今や世界中の最高水準のビールが手に入ります。

さっき、あえて「飲み物」と書きましたが、ライバルはビールだけじゃないとも思ってます。

ワインとか、シードルとか、ウイスキーとか、もしかしたらチューハイとかも。


一回飲んでもらえるのと、二回飲んでもらえるのは、相当違うとも思ってます。

木樽熟成の山伏とかの時もそうでしたが、ぼくらはいつも、二回飲んでもらえるかどうかを重視してます。


物珍しいから、面白そうだからと手にとるのは、よくわかるし、自分でもよく飲んでみます。

でも、

「もう一回飲みたい」

と思ってもらうのは、もっともっとハードルが高いと思うんです。


ビールをつくりはじる直前、ある職人に、

「過剰じゃなきゃダメだよ」

って言われたって、ずーっと前に、このブログでも書いた気がします。


正直、「流行り物の人気商品」や、「マーケティング上手な高級ビール」も、最近目にします。

そうした商売を馬鹿にするつもりもないし、むしろそうできない自分を反省もします。


でもね。

「売れるから高くてもいいや」

とかじゃなくて

「もう一度飲みたい!」

って、思って欲しいんです。

BeerGravityBlog.jpg


あっ、THE FAR EAST の樽生は、一般販売しないと昨日書きましたが、多くの皆さんのご想像通り、今週末新潟で開催の Winter Beer Gravity 2020 では飲めるわけです。

これ以外にも、発売前のものや、希少なのいっぱい用意してます。


毎度、志賀高原ビールを支持してくれるお客さんがたくさんいる新潟だからですよ。

決して、負けず嫌いだからじゃないですよ。





20:12 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

来週末は新潟です!


BeerGravityBlog.jpg

来週末は、新潟。

初開催の Winter Beer Gravity 2020 に参加します!

厳選された8ブルワリーが集まるイベント。

強敵揃いなので、延期が決まった中国のイベント用に用意していた かなりスペシャルなビール とかも、持ってっちゃおうかと思ってます。

新潟は、食べ物も美味しいし、いつも楽しみ。

みなさんも、是非!



イベント概要

「Winter
Beer Gravity 2020」
日本で美味しいクラフトビールを造る職人を招き、約50種類のクラフトビールをテイスティング放題!地上101mの会場から新潟の景色とクラフトビールが楽しめる、各部400人
計800人限定のスペシャルなビールイベント。

日時
第一部 2月16日(日) 10:00~13:30
第二部 2月16日(日) 15:00~18:30
受付は各部30分前から

会場
NEXT21
19F展望ラウンジ、五十嵐邸結
新潟県新潟市中央区西堀通六番町866番地

参加ブルワリー
忽布古丹醸造
志賀高原ビール
箕面ビール
城端麦酒
ヨロッコビール
富士桜高原麦酒
スワンレイクビール

フード
五十嵐結

チケット情報
第一部、第二部とも5000円(フード除く)テイスティンググラス1脚付き
ブルワリー7組+α
計約50種類のビールがテイスティング放題
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01g8cc10pagw6.html

Facebook https://www.facebook.com/Beer-Gravity-110809537088136
Twitter @BeerGravity
Instagram
@beer_gravity
お問い合わせはこちらまで:
beergravityngt@gmail.com





12:06 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
FC2 Management