FC2ブログ

作文


L1033605.jpg

大人になって、試験とか作文とかから解放されたと思ってました。

でも、人生、そんなに甘くない。

年に二回発行の、この蔵元だよりの作文は、ぼくの仕事です。

書くまで、悩みながら何日もかかります。

締め切りも守れない。

「作家か!」

って言われるほど偉くもない。

で、書き上げると、なんだかいつもと同じこと書いてるような...

自分なりには、一生懸命やってます。

よかったら、読んでやってください。



お世話になっている皆様にはお届けしているはずですが、万が一ご希望があれば、

info@tamamura-honten.co.jp

までお申し付けください。







21:19 | 玉村本店 | comments (0) | edit | page top↑

台風で飛ばされた屋根の件


L1110264.jpg

なんだか、今週も台風がきになる週末ですが、台風21号で吹き飛んだわが酒蔵の屋根の修理はほぼ終わりに近づいてます。

こちらは、先週の台風の前々日くらい、

新しい部材を屋根にあげた日の写真です。

L1110268.jpg

働くおじさんと、働くくるまは、何歳になってもたまりません。

L1110269.jpg

つい、見入っちゃいます。

L1110272.jpg

前も書いた通り、だいぶ老朽化していた屋根なので、仕方ないかな。

L1110274.jpg

幸い先週の台風でも大丈夫でした。

冬を迎えられそうです。





23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

修理中


L1032716.jpg

そうそう、みなさんにご心配をおかけしましたが、台風で飛ばされた屋根の修理、はじまってます。

もうだいぶくたびれてた頃だったんだと、みんなで納得することにしてます。





23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遅ればせながら、人ごとじゃなかった日のこと。




「けやき」で書くの遅くなりましたが、台風21号の日の出来事について。


仕込みをしながら、関西の被害の動画とかを見て、

「すごいことになってるなあ」

なんて思ってました。


と、突然のすごい音。

慌てて、でも恐る恐る、外に出てみると、こんなことに。

L1110043.jpg

酒蔵のトタン屋根が風でちぎれて、めくれちゃいました。



蔵の中から空は見えるし、そこら中雨漏り。

人ごとじゃありませんでした。

L1110039.jpg

屋根がなければ仕方ない。

慌てて物を運び出します。

L1110047.jpg

破れた屋根が風で飛んで行ってご近所に迷惑をかけちゃいけないので、台風の中、ロープで固定します。

L1110053.jpg

仕込み中だったので、モルトの始末もしないと。

ヘルメットをして、警戒しながら。

なんか、味があります。


まあまあの出来事だったのですが、みんなちょっとハイになって笑顔も。

起こったことは仕方ない。

もう40年くらい経ってた屋根だし、そんな時期だったんだと納得することにします。

少なくても人的被害が全くなくてよかった。

今年の気候もそうだけど、やっぱり自然は怖いし、その中でいきてるぼくらには、なにがあってもおかしくありません。


その後の北海道の地震も含めて、今回被災した皆さんの生活が、少しでも早く正常化することを祈ります。





21:40 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

送料改定のお知らせです。力及ばず本当にすみません。


玉村本店ロゴ最終

送料改定のお知らせ

弊社製品の配送料ですが、運送会社の価格引上げを受けて、大変恐縮ではありますが10月1日から、個人のお客様に関しまして、現行の770円(税込)から1200円 (税込)(北海道は1600円、沖縄は1800円)(税込)へと改定させていただきます

業務店のみなさまには、別途ご案内をさせていただきます。大きなサイズ・重量のある荷物の冷蔵での配送料の値上げ幅が、個人のお客様向けに比べて、さらに大幅なので、上記よりも大きな値上げとなってしまいますが、何卒ご容赦ください。


ぼくらは、「品質」はもちろんなのですが、「価格」についても同じように非常に大切な要素だと考えてまいりました。

志賀高原ビールの醸造を開始するに際して、定番商品を、税前で 330ml サイズ 350円で提供することを目標に、そこから逆算をして事業を組み立てました。(その後、酒税の改定で現在の354円に改定。)

さすがに、ぼくら零細企業レベルでは大手さんと同レベルの価格は実現できないのですが、「もう一回飲もう」と思っていただけるためには、このくらいの価格を実現し、他にない品質・個性を実現する必要があると考えたのです。

「自分で買ってもいい」と思える価格の、「自分たちが飲みたいビール」でなければいけないと考えてきましたし、その思いはいまも変わっていません。

最高級モルトであるマリスオッターをベースモルトにつかったり、ホップをふんだんにつかい、例えばニューイングランドスタイルの「ゆるブルWheat」「SNOW MONKEY IPA」なども、一般の定番商品と同じ価格で提供する、など、可能な限り、自分たちが信じる適正な低価格を目指して来ました。

バレルエイジや山伏といったより高い価格設定のものでも、例えば競合するスタイルの輸入ビールなどと比べても納得できる、「自分たちが買える」価格は常に意識しています。


送料に関しましても、この考えはかわりません。

現行の770円は、当初からの750円から消費税が8%に上がった際に変わっただけで、志賀高原ビールのスタート以来、ずっと続けて来ました。

この間、ビールに関しては、ボトルや段ボールラベルといった資材や、原材料、光熱費等々、いろいろな値上げを、なんとか吸収しながらここまで来ました。

配送料に関しても、過去何度かあった値上げを、お客様に転嫁せずここまでやってきました。

ところが、今回、配送業者さんから提示された新料金は、企業努力で対応できる水準を大幅に超えていました。もちろん配送業者さんとしても、人件費の高騰等々、やむを得ない理由があることは理解しておりますし、報道されるここ一年ほどの業界の状況から、ある程度の値上げは覚悟しておりました。

とはいえ、今回の値上げ幅は、50%を上回る大幅なもので、通常の商取引では考えられない水準です。さらに、荷物の重量制限も厳しくなり、物によっては実質的に3倍近い値上げとなります。

本来5月末までという交渉期限をなんとか伸ばしてもらいながら、過去半年にわたり、何度も何度も交渉を重ね、他の手段がないかどうかも模索してきました。

ところが、ぼくらの交渉力はどうも極めて低く、一時は、「価格に関わらず運ばない」とまでいわれました。

その後、出荷時の配送業者さんの作業を弊社が大幅に肩代わりするといった対策により、なんとか配送をお願いできるようにはなったのですが、価格面では、先方の提示を受け入れるしかなく、大変不本意ながら、こうして配送料の改定のお願いをせざるを得なくなってしまいました。


今後とも、ぼくらの価格に対する思いはそのままで、いままで以上に魅力ある製品を提供できるよう努力する所存です。

何卒、ご理解のほど、よろしくお願いします。






07:30 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「苦い人生」「FARMER」Tシャツ入荷 〜 今年も志賀高原ビール、フジロックで飲めます!


L1100728.jpg

お待たせしました。

「苦い人生」 「FARMER」 Tシャツ入荷しました!

いっぱいつくっていたはずなのに、欠品して日が経っちゃっていました。

L1100731_201807232034045b1.jpg

「FARMER」 の方は、ネイビーで、裏にうちの大蛇のロゴ。

苦い人生の方は、墨黒に、ワンポイントで "Shiga Kogen Beer" の文字。

「FARMER」 の方はともかく、「苦い人生」って着るのに抵抗があるんじゃないかなって思ってました。

そんなぼくらも、今では普通。

最近のイベントでは、男女問わずにたくさんのみなさんに、

「欲しい!』

っていってもらえるまように。


でも、去年のフジロックの時に、すれ違いざまに

「プッ、苦い人生だって!」

っていわれたなあ。

まあ、こんなの着たやつが3人とかで歩いてたらねえ。


あっ、そういえば、

今年も志賀高原ビール、フジロックにいます!

場所は去年と同じオレンジカフェ。

一番奥地だけど、辿り着いてください。

クラフトビアマーケットさんのブースに、ポテトヘッドと仙人とぼくは(ライブ観に行ってなかったら)ずーっといます。

また書きますが、例によって必要以上に気合を入れたラインアップ。

先行開栓だらけでお待ちしてます。

たぶん、このTシャツを着て。

そう、この季節には最高の着心地だから。


フジロックが終わったら、ビールのリリースが続きますので、送料のことを考えればTシャツはその時でもいいかもです。

枚数的には、じゅうぶんたくさんつくったつもりであります。









20:50 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春の「けやき」終了


L1100165.jpg

恒例の撤収写真。

今回も、本当みなさんに来ていただき、一同、大感謝です。

これからもよろしくお願いします。


みんなも、ご苦労さん!






23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

配送料について


L1080827-2.jpg

配送料について、苦しんでいます。

ビールの醸造・販売を開始して以来、途中、一度消費増税分の調整はありましたが、13年以上に渡って、なんとか変えずに維持してきました。

その間、何度か値上げもあったのですが、お客様には転嫁せずにここまできました。

ただ、数カ月前から、配送業者さんより大幅な値上げの要請があり、何度も何度も交渉を重ねてきました。

配送業者さんとしても、人件費の高騰等々、やむを得ない理由があることは理解しておりますし、報道されるここ一年ほどの業界の状況から、ある程度の値上げは覚悟してはいたのですが、提示されている新条件は、想像をはるかに超える水準です。

私どもとしては、今まで配送業者ご自身よりご提示いただいていた条件で、取扱数量も着実に伸ばしながら、いいパートナーとしてやってきていたつもりでいたのですが、今回の条件は、控えめに言っても「通常の商売で、そんな値上げ幅があり得るのか?」「いままでの価格はなんだったのか?」というくらいのもので、驚き、そして正直言って憤慨しています。

しかしながら、どれだけ交渉をしてみても状況は大きくは改善できず、うちのような零細企業の力の限界を感じ、無力感に苛まれるばかりです。

今回ばかりは、弊社の経営努力だけでは、とても吸収することはできません。力不足、申し訳ございません。

大変不本意ではあるのですが、近日中に、配送料の大幅な改定をお願いせざるを得ないと判断しております。

何卒ご容赦ください。

実はすでに3月から荷物の重量面でも非常に厳しい変更がありました。現行の料金の適用も今月末までということでタイムリミットは近づいているのですが、値上げ幅を少しでも抑えるべく、現在、最後の悪あがきをしております。

詳細に関しましては、できるだけ早く、改めてお伝えいたしますので、もうしばらくお待ちいただければと思います。







21:56 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

肉の日


L1090033.jpg

これは、ちょっと前の写真なのですが、今日はこの男にとって大事な日でした。

おめでとう!



23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

A HAPPY NEW YEAR 2018 !


L1060837.jpg

A HHAPPY NEW YEAR !

戌年。

苦手だった犬と、なんだか仲良く出来そうな気がしてます。

今年も、どうぞよろしくお願いします!
















もういい加減やめようって思うのですが、恒例の初売り、明日1月2日午前8時30分スタートの予定です。

無理しないでね。







00:00 | 玉村本店 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2017(下)


2018Summary3S.jpg

今年も、音楽との縁は一層深まった気がします。まずなにより、SNOW MONKEY BEER LIVE 2017。6年目にして、まさかの全3部がほぼ満員という事態に!こんな日が来るとは、予想もしていませんでした。さらに、THE FARMHOUSE のプレオープンでは Michael Kaneko、 TGMX & Keishi Tanaka の TWIN SONGS、上野水上音楽堂での"PLAYTHINGS IN THE SKY"、そして、そして FUJI ROCK!!さらに、収穫祭での kirim まで。いずれも、忘れらない楽しい時間でした。雨の苗場での人生初の本格キャンプも、なかなかな思い出でした。やっぱり、ビールと音楽最高です。SMBL2018も、どうぞよろしくです!

で、やっぱり農業。ブルーベリー、ラズベリー、酒米、菖蒲、山椒、大麦、鞍掛豆、そしてもちろんホップ!今年は、雨の日も多く、大豊作というわけには行きませんでしたが、結果的にはまずまず。ホップの収穫には、本当にたくさんの人にたすけてもらいました。楽しかった。Harvest Brew シリーズも、山伏も、Salty Hop も、ひさしぶりの "Shoubu" no Miyaya Blonde も大好評。大変だけど、やっぱりこれがぼくらの基本。来年も農に直接関わって楽しみながら自分たちが飲みたい酒をつくります。

2017Summary4S.jpg

ベルギー、オランダ、ちょっとフランスの旅も大きな思い出になりました。長年セゾンをつくっているにもかかわらず、初ベルギーだったり。幸運の連続で、たくさんのブルワーにも出会え、すごく大きな刺激を受けました。風土、おおきくないけど個性に溢れるブルワリーの数々、そして、なにより人。ここでの経験で、すでに志賀高原ビールはちょっと進化しています。旅の目的だった、De Molen の Borefts で志賀高原ビールが大人気だったのも、大きな自信になりました。こんなにたくさんの友達ができて、本当にブルワーになってよかったと思いました。もっと旅をしなきゃとも思いました。

2017Summary5S.jpg

いろんなビールが出来ました。Blue Bird Day Saison、HOP & BEAN 、KAGAMI-BIRAKI IPA、ゆるブルWheat、The Porter、NEW ENGILAND IPA、SNOW MONKEY IPA の今年版たち、Two Rabbits IPA、ECKHARDT、1t IPA Habanero などなど。新作だけじゃなく、もちろん定番も、たまにつくる限定も、ちょっとずつ進化しています。来年もいろいろ控えてます。今年以上に、いろんな挑戦をしていかなきゃと思ってます。みなさん、一年間、本当にどうもありがとうございました!

個人的には、今年の抱負の達成率は50%くらいかな。まだブログでは書いてませんでしたが、メガネをかけるようにもなりました。これまた、ぼくにとっては大きな事件。みなさんにはどう映るかわかりませんが、機能面では予想以上。大げさにいうと、ちょっと人生変わりました。そして、やっぱりこの「ゆるブル」の、まさかの10周年は大きいです。まさか毎日続けられるとは思っていませんでしたが、これも読んでいただいているたくさんのみなさんのおかげです。懲りずに続けますので、来年もどうぞよろしくです!




12:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私的十大ニュース 2017(上)


2017Summary1S.jpg

恒例の振り返り。今年は、写真をまとめてみました。予想以上に手間がかかったけど、こうして写真をみてみるだけで、いろんなことがあったし、本当にたくさんの人と会えたんだなあと実感します。


さて、毎年のことですが、やっぱ、まずは「人」です。今年は、自称美人ブルワーが THE FARMHOUSE / Teppa Room へ移動。それに伴って、半年以上待ちに待った ブルワー候補が、やっと7月に加入。一人前になりそうなら、ちゃんと紹介しますね。それ以外は、怪我もなく無事に一年を過ごすことが出来ました。さくらちゃんジュニア誕生というめでたいニュースもあったんだけど、プログでは触れなかった悲しい出来事もありました。来年も、玉村本店一同、元気に頑張りたいと思います。

設備という意味では、ぼくが子供の頃からあった酒蔵のタンクが旅立ち、そこに新冷蔵庫が。地味ですが、これが大戦力となってくれました。これで当分大丈夫なはずです!

2017Summary2S.jpg

なによりも今年は、THE FARMHOUSE の OPEN が大きいです。ここまで来るには、長い時間がかかりましたし、なにより、店長のがんばりも大きかった。プレオープンの Party から、たくさんの人に来ていただき、なんとかスタート。まだまだこれからですが、ぼくらにとっては大きな第一歩だと思っています。Teppa Room との二店体制もはじまったばかり。少しずつ自力をつけていかなきゃ。どうぞよろしくです。

今年もいろんなところに行きました。東京ドーム、金沢、広島、けやき、新潟、北海道、イクスピアリ、静岡、一関、もう一回けやき、金沢、大阪、京都などなど。たくさんの人と直接お会いして、ビールを飲んでもらって、声を聞かせてもらえるのはとてもうれしいこと。みなさん、本当にどうもありがとうございました!20周年を迎えた先輩ブルワリーもたくさん。そんな仲間にも感謝。負けずに頑張らなきゃとも思いました。

たくさんのコラボも忘れられません。Hair of the Dog、GIGANTIC、JESTER KING & OXBOW、ベアード、ハバネロマン、TRUNK COFFEE。どれも、すごく楽しかったし、大きな刺激を受け、たくさん勉強しました。まだまだ世に出てこないものもあるけど、みんないい感じ。自分たちだけでは生まれなかったものばかり。やっぱり、出会いに感謝なのです。

(続きます。)



23:38 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おじいちゃん


L1080118.jpg

忘年会の夜、お父さんを迎えにきたのは、さくらちゃんと、さくらちゃんの子!

10月に生まれたばかり。

中学生の頃から、ホップ摘や、けやきの唐揚げとかをずっと手伝っていたさくらちゃん。

そんな彼女が、もうお母さんなんて、なんか感慨深いです。

ん?

ってことは、この男は、おじいちゃん!!

めでたいね。






23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

忘年会


L1070926.jpg

ちょっと前の、玉村本店の忘年会の時の写真。

今までがんばってくれた mako ちゃんの送別会と、THE FARMHOUSE &Teppa Room の新スタッフの歓迎会を兼ねてました。

みんなに報告がある男は、この場を借りて。

L1080117.jpg

段々に座も緩んできます。

L1080066.jpg

で、お約束の腕相撲。

どうして、こうなるんだろう?

mako ちゃん、いままでありがとう。

L1080065.jpg

力関係は、最後までこんな感じだったのかなあ。

L1070980_20171224153548c3f.jpg

女子優勢はつづく。

L1080071.jpg

ビール工場、大先輩と新人。

L1080073.jpg

まあ、こんな感じ。

まだまだです。

L1080078.jpg

ほぼ、同世代対決。

毎日重いものもってるだけあります。

L1080003.jpg

リベンジを狙うも勝負にならず。

L1080005.jpg

「泣き」の左手対決を求めるポテトヘッド。

L1080022.jpg

やっぱりダメです。

L1070989.jpg

この男は、やはり別格。

L1080105.jpg

仕方ないので、最後は、この日のナンバー2&3 と、二対一で。

L1080108.jpg

勝っちゃうんだなあ。


まあとにかく楽しい夜でした。

今年もご苦労様でした!





23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Teppa Room 志賀高原、今シーズンも OPEN です!


L1031756.jpg

Teppa Room 志賀高原、今シーズンも OPEN しました!

場所は、志賀高原一ノ瀬 シャレー志賀 の一階。

写真は、「自称美人ブルワー」 または 「世界で一番樽を洗う女」、改め Teppa 新店長。

抱負は、

「志賀高原と志賀高原ビールを好きな人を増やす!」

だそうです。

決意みなぎる顔に見えなくもない。

なんか、本当に大丈夫なのかちょっと心配ではありますが、新たなスタッフも揃いました。

今シーズンは、水曜日を定休とさせていただきます。その他、営業時間は、こちらをご覧ください。

最初は、慣れないところもあると思いますが、笑顔で頑張りますので、THE FARMHOUSE ともども、どうぞよろしくお願いします!



21:28 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蔵祭り


L1070845.jpg

毎年恒例の、蔵のお祭り。

場所は、酒蔵の二階。

L1070848.jpg

酒づくりの安全を神主さんに来てもらって皆で祈ります。

足がしびれるのを我慢しないといけませんが、年に一回、厳粛な気分になります。

ビールは一年中つくってるけど、一緒にお祓いしてもらいます。

L1070851.jpg

いい酒、いいビールが出来ますように。





23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シャトー・クリュ・ゴダール / 志賀高原のための、新しいワインです!


L1070784.jpg

40年にもわたって続いてきた「志賀高原ワイン」の歴史が終わった件に関しては、以前に書きました。

その際に、

「ワインはぼくらがつくってきたわけではありませんが、「志賀高原の酒屋」として、志賀高原で飲める高品質なワインをお届けするのをギブアップするわけにはいきません。」

と書きました。

で、これが、その替わりの僕らの答え、

シャトー・クリュ・ゴダールという仏ボルドーのワインです!


L1070815.jpg

田舎のつくり酒屋なのに、フランスから、ワイン、6,000本も買っちゃいました。

理想を言えば、地元長野のワインを継続したかったのはもちろんなのですが、国産ワインが人気で、国産ブドウが高騰するなか、志賀高原ワインと同等の価格で、同等以上の品質を保つためには、これが最善と判断しました。

クリュ・ゴダールは、ボルドーで、4世代続く、家族経営のシャトー。

有機栽培に取り組み、EU・フランスの認証を取得した、自然派ワインです。

L1031620.jpg

白は、ソーヴィニョンブラン100%。

フレッシュな柑橘系の香りと綺麗な酸味で、幅広い食事と一緒にお楽しみいただけるはず。

L1031623.jpg

赤のヴィンテージは2014年。

メルロー65%、カベルネ20%、フラン10%、マルベック5%。

深い赤紫の色合いに、熟したカシスをも思わせる香りと適度な苦味。

ボルドーの赤らしい、しっかりとした味わいです。

L1070796.jpg

裏ラベルには、"Pour Shiga Kogen ( = For Shiga Kogen) " の文字。

すでに口にしてくれた、ホテルや旅館のみなさんの反応は、ぼくらの予想以上かも。

ウィンターシーズンのスタートから、かなりのところでお飲みいただけそうです。


「食」と「酒」は、旅での大きな楽しみだと思います。

志賀高原、そして湯田中・渋温泉郷に足を運んでくれたみなさんが、「縁喜」「志賀高原ビール」「山伏」とともに、この「クリュ・ゴダール」を楽しんでいただけたらと思っています。


このワイン、現状では Webでの販売は考えていませんが、もしご興味ある方がいらっしゃれば、お問い合わせください。


どうぞよろしくお願いします!





17:55 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬が来たかも


L1070770.jpg

朝、目を覚ましたら窓の外が明るかった。

今シーズンはじめて、雪が積もってました。

今年は早いなあ。

近年、むしろ雪不足を心配したりもしてたくらいなので、うれしいです。

週末には、志賀高原でも一ノ瀬ファミリー、熊の湯とかのゲレンデで滑れるようです。


Teppa Room 志賀高原も、12月中旬には OPEN します。

先日スタッフ募集した Teppa Room の体制もほぼ整ってきたのですが、まだ一人だけ募集中。

よろしくです!


THE FARMHOUSE との直営店二店舗体制で迎えるはじめての冬。

ちゃんとやれるか緊張もしますが、万全な体制で臨めるように準備中。

冬の計画に、組み込んでおいてください!!




23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

kirim、最高でした!


L1070379.jpg

収穫祭から一週間以上経っちゃいましたが、今年の LIVE はこのひとたち。

kirimさん。

フジロックで、観にいこうと決めていたんだけど、ちょうどぼくらも忙しい時間だったので見逃しちゃいました。

それもあって、今回は本当に楽しみにしてたのです。

L1070436.jpg

で、やっぱり素敵でした。

THE FARMHOUSE の雰囲気には、予想通りというか、それ以上くらいにバッチリ。

L1070423.jpg

三人だけの、シンプルな編成なんですが、とにかく心地よく、そして表情豊か。

お洒落なだけじゃなく、さりげないんだけど、多彩さや強さを感じて、すごくよかった。

素人がいうのもなんですが、本当に音楽が好きなんだなあと感じました。

L1070441.jpg

45分を2セットなんて贅沢です。

こんなちっちゃなビール会社の田舎イベントなのに、毎年申し訳なく感じます。

一回目と二回目でも、印象がだいぶ違って、本当に楽しめました。

披露してくれた新曲もかっこよかった。

お客さんや、場所の雰囲気を掴んで盛り上げるのは、さすがです。

L1070446.jpg

最後は、会場中ノリノリ。

アンコールまで、最高な時間でした。

L1070476.jpg

次なる新作も楽しみです。

どうもありがとうございました。

これからも、応援してます!




23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「どっち?」


L1070408_2017102616092254a.jpg

収穫祭のオープニングアクト、いや、前座っていう方がしっくりきますね。

中吉FIVE のみなさん。

一昨年のこのイベントでデビュー。

その後、昨年末の渋谷でのライブを経て、再登場。

かなりの盛り上がりでした。

L1000741.jpg

で、この日初披露されたのが、新曲「どっち」。

作詞は、プロデューサーでもある、Bar Shanksの社長、H賀さん。

いやあ、怪しいそれっぽい。

作曲は仙人。

L1000717.jpg

ホップ収穫のタイミング、この日に、収穫祭のライブが決定したのですが、この新曲ができるまでいろいろあった様です。

自分の仕事も忙しいし、距離も離れてる。

両方から様子を聞いていると、かなりドラマな感じ。



大人が真剣に遊んだ成果。

ご覧ください。

L1000743.jpg

結局、ふざけてるのか、真剣なのか?

「どっち?」





23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑