fc2ブログ

W-IBS -MASAJI THE GREAT、 樽生から発売開始です!


L1137297.jpg

この季節の特別なビール、

W-IBS -MASAJI THE GREAT-、 樽生から発売開始です!

箕面ビールの先代大下社長を追悼して毎年仕込む大事なビールも、今回で10回目。

いままでは、ずっと W-IBA をつくってきました。

"箕面ビールといえば、スタウト、インペリアルスタウトの黒い二種、そしてW-IPAの印象が強烈。なら、両方いっぺんにつくっちゃえ、ってことでつくった黒いW-IPA。「格好よくて強面で、一見ちょっと近寄りがたい。でも、話してみると、その人柄にいっぺんに魅了されちゃう。」そんな先代大下社長のイメージそのままの男前なビール。"

ということだったのですが、今回は、コンセプトは踏襲しながらも、ついつい遊びたくなって、セゾンイーストでつくったので、W-IBA ではなく W-IBS

というわけで、スタイルを書くとすると、ベルジャン・インペリアル・インディア・ブラック・エール って、ことかと思います。

まあ、そんなのがあるとしたらですが。

8.5%、IBU51。

つくってから、

「あれっ、これって、もしかしたら久しぶりの 一石二鳥 だったかも?」

と、やや不安になったのですが、あちらがあくまでもインペリアルスタウトベースだったのに対して、こちらは W-IBA がベース。

よりドライで、ホッピーです。

どちらかというと、IISS の黒版って感じの方が近いかなと。

IBUは控えめですが、最近の IPA 的に、アロマホップと、2回した ドライホップたっぷりです。

写真は真っ黒に写ってますが、やや赤みをおびた黒。

ロースト感は控えめで、ホップの主張の方が強いのはいつも通りです。

もちろん「黒い味」はするのですが、セゾン酵母由来のフルーティーさ、スパイシーさ、そこにホップのアロマが加わって、ワインをも思わせる飲み口。

度数なりのボリューム感や甘みはもちろんあるのですが、ホップの苦味とのバランスもあって、度数を感じないドライな印象です。

食後というよりは、食中酒として、お楽しみいただけると思います。


1バッチ分。

気づけば、樽生としては今年最後の限定です。

元気で男前な、あの社長が、ちょっとだけお洒落した感じかな。

ボトルの発売は、もう少しだけお待ちください。


12/15(水) が、先代大下社長の命日。

業務店のみなさまにはそれまでにお届けできると思いますが、開栓は15日以降でお願いします。

いずれも、最大限ご指定にお応え出来るように努めますが、配送場所・タイミングによっては間に合わない場合もありますので、ご理解ください。

今年も、有志各社から、いろんなマサジビールがでるようです。

飲みくらべも楽しみ。

今年も、あの素敵な社長を思い出して、一緒に乾杯しましょう!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

10回目は "A" ではなくて、"S" です。


L1137318.jpg

今回で、マサジビールも10回目。

実は、今年は "A" ではなくて、"S" です。






18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

そろそろのやつ(その2)


L1137225.jpg

一年って早いですね。

こいつも、そろそろです。






20:21 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

そろそろのやつ


L1136712.jpg

12月ですし、そろそろいきます。




18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2トンの日


L1137184.jpg

12月なんですね。

遅ればせながら、意外にご要望のおおいやつ仕込みました。

仕上がりは、新年第一弾くらいかな?

もう1トンもやったんで、今日は2トンの日。




19:53 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

理想と現実


L1137119.jpg

今年は、久しぶりにラガーを、あれこれつくってみました。

納得のいくのが出来たと思うし、結構ほめてももらってます。

でもね、ぼくらがつくり続けるのはなかなか難しいなと、毎回実感するのが現実。

自分たちがつくったラガーを、もっと飲みたいとは思うんだけどね。




19:40 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SHIGA KOGEN HELLES!? 新バッチ、樽生から発売!


L1137116.jpg

まずはこれから。

SHIGA KOGEN HELLES!? 新バッチ、樽生から発売です!

「お前にそれは求めてない」 といわれるのを覚悟しながらも、実は、志賀高原ビールの醸造開始の時に定番にしようかと思っていた念願のヘレス。

自分たちなりには、かなり気合を入れてつくって、その仕上がりには手応えを感じていたのですが、なにせバランス重視の地味なスタイル。

「伝わるかなぁ」と心配していたのですが、これが予想を上回る反響でした。

こういう微妙なバランス、わかってもらえる人が多くて驚きました。

「違いがわかる人」って、いっぱいいるんですね。


もう一回説明すると:

"5.0%、IBU15。

志賀高原流といっても、かなりスタイルに忠実にまじめにつくりました。

アメリカンホップとかはつかわずに、ドイツの伝統的アロマホップと自家栽培の信州早生のみ。

ホップの量も決して多くはありません。

モルトの配合には、ぼくらなりにひとひねりしていますが、基本はドイツ産のピルスナーモルトが中心。

もちろん、今回は、にせものではなくて、ちゃんとラガーです。

デコクションとクラウゼニングという、伝統的なドイツの製法仕込みました。"



前回以上の長期低温熟成を経てのリリースです。


"無濾過ですが、いつものぼくらよりもクリアな淡いブロンド。

モルトの味と香りに、心地よいノーブルホップのニュアンス。

どちらも、決して主張しすぎずに、スッと引ける飲み味。

といっても、水っぽさとかは皆無。

大きいグラスやジョッキで、何杯も飲みたいやつです。

というわけで、守備範囲もかなり広くて、

「ビール飲みたい!」

っていう、ほとんどの食事、ほとんどのシーンに合うのではと。"



今回も、やや小さめの1バッチ分。

これで一連のラガーも、完全に打ち止めです。

前回は、コロナの影響で樽は、ごく僅かだったのですが、今回は前よりは多めにご用意しました。

とはいえ、全体の量が量なので、そんなにたっぷりではないのですが、ご容赦ください。


どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今週の予定


L1137167.jpg

今週は、この2本の予定。

どちらも、前回評判がよかったのが、再登場です。





18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「2021 収穫祭のかわりのセット」 & 「Fresh Hop な Tシャツ」も、Webで同時発売です!


L1137008.jpg

本日発売の Spelt Saison で、今年の夏のぼくらの収穫の成果が出揃いました。

本来なら、今頃には収穫祭を終えている頃なのですが、今年もかなわず。


かわりに、

2021 収穫祭のかわりのセット、ご用意しました。

内容は左から:

THE FAR EAST 新バッチ (16.0%、先行発売!)
Spelt Saison
IKL (India Kinmon Lager)
志賀高原 IPA Harvest Brew
Fresh Hop Pils
Fresh Hop IPA

(各 330ml x1)

です。

今回先行でセットにはいる THE FAR EAST ですが、どういうわけか 16.0% になっちゃいました。

うまいと思います。

既に完売の Fresh Hop Pils も、このセット限定で復活です。

限定240セットです。

L1136961.jpg

それから、先日予告しました、

Fresh Hop な Tシャツも、同時発売です!

こちらは、写真の三色。

ボディは、2019年の収穫祭で発売した Tシャツと同じやつです。

かなり洗いのかかった風合いで、いい感じに仕上がったと思ってます。


サイズ的には、おなじみの定番(収穫祭版じゃない方)の「苦い人生」「FARMER」より1サイズ大きい感じなので、いつもより1サイズ小さめをおすすめします。

(着丈は、Sが定番の M よりも短め。M、L は、ちょっと長めな感じです。)


よろしくです!


いずれも、

本日19時から Spelt Saison、IKL "IS THIS COLD" とともに、Web限定で発売開始です。


ぼくらの今年の収穫の成果、お楽しみいただけたらうれしいです。





18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Spelt Saison & IKL、ボトル発売です!


L1136995.jpg

[11月10日 16時23分 追記] おかげさまで IKL "IS THIS COLD?" ボトルの業務店様分も完売となりました。 どうもありがとうございます。弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

[11月10日 13時49分 追記] おかげさまで Spelt Saison ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。IKL "IS THIS COLD?"は販売中ですが、だいぶ残りは少なくなってきました。弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

Spelt Saison & IKL "IS THIS COLD"、ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始。

いずれも1バッチ分ずつです。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

今日は、開催できなかった収穫祭のかわりのセットもご用意しました。

それに関しては、また後ほど更新します。

よろしくです!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Spelt Saison & IKL、樽生から同時発売です!


L1137015.jpg

新作 Spelt Saison 2021、樽生から発売です!

耕作二年目の自家栽培のスペルト小麦をつかったセゾン。

スペルトは、小麦の原種ともいわれる古代穀物。

そのスペルトを約20%使用。

6.5%、IBU14。

ホップは、最近お気に入りのヨーロッパのノーブルホップと自家栽培の信州早生。

タンパク質の多いスペルト由来の、とろみとは言わないまでも豊かなマウスフィール。

スペルト特有のスパイシーさと、ちょっとグミやバブルガムを思わせるような香り。

ドライなんですが、柔らかく、スッと体にしみ入るような味わい。

スペルトは、もともとセゾンの生まれたベルギーのフランスよりの地方でも栽培されて、その醸造にもつかわれてきています。

なんだか、しみじみ素朴なセゾンが出来ました。

かなり気に入っています。

Harvest Brew 三種類に加えて、このスペルトで、今年の夏のぼくらの農業の成果が出揃ったことになります。

L1137026.jpg

そして、

IKL (India Kinmon Lager) "IS THIS COLD?" 樽生も、同時発売!

こちらも自家栽培の金紋錦使用。

詳しくは こちらを。

ちょっと、他にないものに仕上がったと思いますので、お試しを!


Spelt Saison、IKL 共に、通常の一仕込みずつです。

ボトルの発売は、もうちょっとだけお待ちください。


ご感想、いただけるとうれしいです。

よろしくお願いします。





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

IKL "IS THIS COLD?"


L1137034.jpg

今週は、盛り沢山なので、ちょっとフライングで今日から製品紹介をはじめます。

新作 IKL (India Kinmon Lager) "IS THIS COLD?"

明日、樽生から発売です。

この夏、SHIGA KOGEN HELLES!?Fresh Hop Pils と、三年振りにラガーをつくってきたのですが、最後に、あの India Miyama Lager 的なものを、をつくろうかなと思いました。

今回は、自家栽培の "美山錦" ではなく、同じく昨年から自家栽培に挑戦をはじめた "金紋錦 " をつかってみることにしたので、IKL (=India Kinmon Lager) ということに。

一方で、最近、"Cold IPA" なるものがでてきたのを聞いて、ちょっと調べてみたら、米などの副原料をつかって、ラガー酵母をつかって仕上げたものらしい。

「これって、India Miyama Lager 的、いや、元をただせば、北の人と一緒に2014年につくった "SUPER NIGA~I " 的じゃん。」

と、思ったわけです。

でも、つかっているホップが、最近の IPA とかで人気の品種であることや、イーストの発酵温度も違うらしいです。

で、せっかくの限定だし、ちょっと新しい要素を取り入れてやってみたら、全くの新作になったとさ。


6.0%、IBU28。

計算上の IBU は低いですが、三種のホップ (Simcoe、Galaxy、Talus) を、最近のうちの IPA たちと同等以上にたっぷり。

ホップを加えるタイミングも、最新のIPA とほぼ同様。

一方で、デコクションとかクラウゼニングといった、ドイツ的な方法もつかってます。


味の方は、かなりドライでホッピーです。

でも、IPL とも イタリアンピルスナーとも違う感じ。


グレープフルーツ感が一番ですが、そこにパイナップルやパッションフルーツ的なニュアンスも。

いわゆるラガー的な香りは、あまり感じなれないのですが、キリッとドライなボディ感は、金紋錦とラガーのおかげ。

まあ、最近の傾向だと、このくらいでも「苦い」という人は多いのかもしれませんが、食中酒としては、このくらいがぼくらの好みです。

食事と一緒に、ゴクゴクいきたいやつ。

サラダとかから、揚げ物、鶏や魚のシンプルなグリルなどなど、守備範囲は広いと思います。


というわけで、飲んだこともない "Cold IPA" を勝手に想像して、そこからも刺激を受けた新作。

果たして、これであってるのかな?

IS THIS COLD?


まあ、とにかく、もう一つの新作と一緒に、明日、樽生から発売しますので、よろしくです。




18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Fresh Hop な Tシャツ


L1136964.jpg

おかげさまで大好評の Fresh Hop IPA と Fresh Hop Pils のラベルをつくった勢いで、Tシャツつくっちゃいました。

開催できなかった収穫祭ですが、気分だけでも楽しんでいただきたいと思って、ビールのセットも用意しています。

来週いきますので、よろしくです!




18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

文化的な黒いやつ


L1136947.jpg

朝6時に仕込みを開始してから、今日が祝日だと気づきました。

仕込めることに感謝。

文化の日のは、文化的なやつ x 2。

ふと気づけば、先週から黒いの3連続(←うちふたつは新作)でした。

あっ、写真はなんだかわからないでしょうが、煮沸中の麦汁です。





19:38 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Fresh Hop Pils & 信州事変新バッチ、ボトル発売です!


L1136814.jpg

[10月27日 14時10分 追記] おかげさまで Fresh Hop Pils ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。信州事変は、引き続き販売中です。弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

Fresh Hop Pils & 信州事変 新バッチ、ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始。

いずれも1バッチ分ずつですが、Fresh Hop Pils は少なめです。

IPA Harvest Brew、Fresh Hop IPA との飲みくらべも是非!

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

昨日発売の樽生ですが、Fresh Hop Pils は既に完売、信州事変は15Lが完売、10Lのみ引き続き販売中ですが、だいぶ残りが少なくなってきています。

どうぞよろしくお願いします。








12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Fresh Hop Pils & 信州事変新バッチ、樽生から発売です!


L1136816.jpg

[10月26日 14時38分 追記] おかげさまで、 Fresh Hop Pils 樽生は完売となりました。 どうもありがとうございます。信州事変 樽生は引き続き発売中です。ボトルの発売は、もうちしばらく待ちください。

さあ、

Fresh Hop Pils 樽生から発売です!

今シーズンの Harvest Brew シリーズの最後となる第3弾が、こいつ。

Fresh Hop Pils としては、3年ぶり2回目となるのですが、今後つくっていきたいという願いを込めて、ラベルを一新しました。

5.0%、IBU31。

仕込み当日に収穫した信州早生を、アロマホップとしてふんだんにつかって、伝統的ドイツの手法(デコクション+クラウゼニング)で仕込み、2ヶ月熟成しました。

もちろん、無濾過なのですが、きれいなゴールドに仕上がりました。

先日発売して好評だった SHIGAKOGEN HELLES!? 同様、モルトの味わいはしっかりと感じられながらもドライなフィニッシュ。

ヘレスとくらべると、もちろんホップの主張は強いのですが、そこは生ホップ。

柔らかでみずみずしい印象で、からだに染み入ります。

ホップとモルトのどちらかが主張しすぎるのではなく、いい感じにバランスしているんじゃないかなと思います。

およそ「ビールが飲みたい!」って思うシーンには、バッチリなのではと思います。

もちろん、食中酒として、広い守備範囲をカバーしてくれるはず。

先日、一足早く飲んでくれた白鳥さんには、「ほめ殺し」かってくらいに絶賛してもらいました。

思い入れの強い特別な季節のビール。

今回は、小さめの1バッチ分です。

先行で発売中の IPA Harvest Brew (15Lのみ)、Fresh Hop IPA (15Lのみ残少)もあわせてよろしくです。

L1136832.jpg

そして、

信州事変 / Apple IPA、樽生も再登場です!

もともとは、まぼろしと終わった SNOW MONKEY BEER LIVE 2020 のためにつくったこいつ。

蔵元にほど近い小布施町でつくられた英国原産の林檎 ”ブラムリー" と、自家栽培の酒米でつくったIPA。

酒米の方は、今回は、昨年自家栽培を開始した "金紋錦” をつかいました。

今回で3回目の登場です。

6.5%、IBU26。

意図してつくっているわけではないのですが、今回もかなりヘイジーな仕上がり。


今年は、メインのホップのうちの一つを南半球の新しい品種に変えてみました、

"林檎" 由来の酸味と爽快な香りに、大量なホップによる柑橘のニュアンスとグレープフルーツの皮のような苦味が加わったような印象。

ちょっと白桃みたいなトロピカルなニュアンスも。

金紋錦によるドライさもあり、IBU の数値以上に感じる爽快な苦味も相まって、甘ったるさは全くなく、むしろスイスイ飲めちゃう感じに仕上がりました。

「この地ならではの、混乱に満ちた調和の味」、今回も健在です。

本当は、度数表記よりもちょっとだけアルコール分が高いのですが、それを感じないのでスピード注意です。


なんだか、少し明るい気分になりつつある今、みなさんにたのしんでいただきたい「大人のリンゴジュース」です。

澱がが樽の底に沈殿する場合がありますので、必ず、適宜、静かに攪拌して サービングしてください。

こちらはフルサイズの1バッチ分。

まずは、樽生からの発売です。



いずれも、ボトルの方は、もうちょっとだけお待ちください。


どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最後のフレッシュなやつとか


L1136809-3.jpg


今週は、こんなのとかです。




18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

圧倒的人気のやつ


L1136724.jpg

久しぶりに、こっちの樽たちを空けました。

うちの人気ランキングで、かなり上位のあれです。

今回のもいいと思います。





22:19 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

追伸


L1136416.jpg

ありがたいことに、Fresh Hop IPA 大好評発売中です。

まあ、しつこく説明したつもりだったのですが、ひとつ、個人的に大事だと思うことを書き忘れてました。

ラガー/ピルスナーのように飲んで欲しい IPA のつもりです!

まあ、いわゆるラガーとかとは全然違うんですが、気持ち的にね。

一杯目とか、繊細な食事とか、喉を潤したい時とか、ついついおかわりとか。

伝わるかなぁ?





19:49 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

試飲の頻度


L1136085.jpg

新しいやつを仕込むと、テイスティングの回数が増えます。

どうなるか、気になるからね。

現在、一番頻繁に試飲しているのが、こいつ。

基本は、前につくったやつなのですが、あれこれ実験しているうちに、ほぼ新作になっちゃっているのです。

いい感じなんじゃないかなと思いつつ、まだまだドキドキしてます。






19:35 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑