FC2ブログ

bean of the year!


L1170604.jpg

仕上げに投入したのは、この豆。

楽しみだなあ。




19:49 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

信州事変、ボトル発売です!


L1133176.jpg
(なんだか、偶然合成したみたいに写っちゃいましたが、撮ったままです)

[1月20日13時17分 追記] おかげさまで 信州事変ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

信州事変 / Apple IPA ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始。

1バッチ分のみです。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

昨日発売の樽生の方ですが、おかげさまで完売しております。 どうもありがとうございます。

L1133181.jpg

コロナの影響で、足を運べない方も多いので、Web 販売開始にあわせて、ギャラリー玉村本店用のストックから、THE FAR EASTTAKASHI ICHIROWeb 限定で再販売 します。

どうぞ、よろしくお願いします。




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

信州事変、ふたたび!


L1133171.jpg

[1月19日15時44分 追記] おかげさまで、信州事変 樽生は完売となりました。 どうもありがとうございます。ボトルの発売は、もうちょっとだけお待ちください。

というわけで、今年最初の限定、

信州事変 / Apple IPA、樽生から発売です!

もともとは、マボロシと終わった SNOW MONKEY BEER LIVE 2020 のためにつくったこいつ。

昨日も書いた、bramley saison でもおなじみ、蔵元にほど近い小布施町でつくられた英国原産の林檎 ”ブラムリー" と、自家栽培の酒米 "美山錦” でつくったIPA。

6.5%、IBU32。

意図してつくっているわけではないのですが、かなりヘイジーな仕上がり。

同じブラムリーをつかったとはいえ、bramley saison とは対照的です。

今年は、メインのホップのうちの一つを伝統的なヨーロッパ品種から、アメリカの新品種に変えてみました、

"林檎" 由来の酸味と爽快な香りに、大量なホップによる柑橘のニュアンスとグレープフルーツの皮のような苦味が加わったような印象。

ちょっと白桃みたいなトロピカルなニュアンスも。

美山錦ならではのドライさもあり、IBU の数値以上に感じる爽快な苦味も相まって、甘ったるさは全くなく、むしろスイスイ飲めちゃう感じに仕上がりました。

「この地ならではの、混乱に満ちた調和の味」、今回も健在です。

なんだか鬱屈した気持ちを、爽快に洗い流すには最高じゃないかなと。


魚介のサラダとか、塩味の焼鳥、グリルしたチキンやサーモンみたいなものとか、クリーム系の料理なんかとも相性いいと思います。


フルサイズの1バッチ分。

まずは、樽生からの発売です。

ボトルの方は、もうちょっとだけお待ちください。


どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブラムリー


IMG_4253-2.jpg

小布施町で栽培されている、イギリス原産のサワーアップル「ブラムリー」は、もう、ぼくらに欠かせない原料。

出会いと、みなさんの熱意に大感謝。

これは、去年の収穫直後のある日の一枚。

IMG_4255-2.jpg

搾りたてを持ち帰ってつくった今シーズンの第一弾。

まもなくいきます!





19:53 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

だいぶ面倒くさい男


L1133135.jpg

白鳥の湖のひとたちとつくったビール。

正確には、その一部。

いやあ、いい感じでうれしい。


でもね、今年中にはリリース出来ないんじゃないかな。

この日のテイスティングで、すでに2つあったバージョンが3つになることになりました。

最終的には、どうなるのか。


コラボを、真剣に考えすぎるたちです。

話題性だけで、挨拶みたいにやるのもありだと思うけど、どうもそれが嫌なんです。

刺激を受けて、真面目に取り組まないと。

正直、過去に2回ほど、不完全燃焼はありました。

決して、相手に文句もありません。

出来たビールは、うまかったしね。

でも、自分では、あれこれ、すごく反省しているのです。


スワンレイクビールさんは、尊敬する大先輩。

派手じゃないかもしれないけど、いつも、そのバランスと圧倒的なクオリティに、勝手にうなってます。

ビールをつくりはじめた頃から、本当にいろんあことを教えてもらいました。


そんな、「白鳥に育てられたひとたち」と、「白鳥に育てられたひとたちに育てられたぼくら」が、一緒にビールをつくれるなんて!

最高に光栄で、うれしいわけです。


というわけで、マボロシとなっちゃった、SNOW MONKEY BEER LIVE 2020 のタイミングで仕込みました。

仕込みの日まで、本当に悩みました。

お互いがつくっているビールのスタイルもかぶってることもあって、どんなのつくるか難しいのです。


で、この色ね。

やっぱり。


誰とつくるか、何をつくるか、どれだけ時間をかけるか。


その全てを、苦しみながら楽しむのが、ぼくにとってはコラボかな。


というわけで、かなり面倒くさい白鳥の湖のみさんに、いやいや付き合う、実はいいやつなぼく...


嘘です。


めちゃくちゃ面倒くさい男だと、自覚してるつもりです。





20:01 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うまいビールをつくる秘訣


L1170595.jpg

今週は仕込みがありません。

とほほ。

そのかわり、こんなことを。

このタンク、温度調整の制御に問題があって、悩んでました。

タンクが空になったこのタイミングで、あらかじめドイツから取り寄せといた部品をつかって、なんとかしようかと。

L1133153.jpg

しかし、トラブルの "おかげ" か、みんなたくましくなりました。

(危険な高所作業ですが、腰に巻いている黄色いベルトは落下防止用です。)

3パターン考えていた問題/対策のうち、どうも一番、重症な原因だったらしい。


でも、人にいわれて単に作業をするのではなく、部品の計測をしたり、交換前 / 交換後の細かな変化を観察して発見。

繰り返しますが、みんな進歩してます。

こういうの、直接的には醸造とは関係ありませんが、実は、うまいビールをつくる秘訣だったりすると信じてます。







20:09 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新春セット 2021 発売です!


L1133091.jpg

[2021年1月2日10時2分追記] なんと、おかげさまで新春セット2020、完売しました。どうもありがとうございます。

毎年恒例ですが、今年も秘蔵のストックを大放出します。

新春セット 2021 発売です!

本日10時より Web 限定で発売開始します。それまでは「現在、この商品は扱っておりません」の表示になっていますが、ご了承ください。

今年は、どうにも数を揃えられない希少なものが入っているので、かなり数が少ないです。

その分、2セットご用意してみました。

まずは、

コラボレーションビール12本セット 2021!

写真左から:

LERVIG x 志賀高原 / YUZU RAGA (2020 / 5.5% / IBU ?)

YOROCCO BEER x 志賀高原 / BACK TO BACK (2018 / 5.5% / IBU 11.5)

富士桜高原麦酒 x 志賀高原 / "OKITE YABYURI" India Pale Weizen (2018 / 5.5% / IBU 23)

Dieu du Ciel! x 志賀高原 / 一石二鳥 #1 (2010 / 9.5% / IBU 75)

Hair of the Dog x 志賀高原 / ADAMU aged in calvados barrels (2016 / 10.5% / IBU 60)

縁喜 x 志賀高原 / "NIGORI" Sake IPA (2020 / 8.7% / IBU 66)

THE FAR EAST Barrel Aged Imperial IPA #1
(2013 / 13.0% / IBU 110)

THE FAR EAST Barrel Aged Imperial IPA #5
(2018 / 13.5% / IBU 110?)

THE FAR EAST Barrel Aged Imperial IPA #6
(2020 / 15.0% / IBU 110?)

THE FAR EAST Barrel Aged Imperial IPA #7
(2020 / 15.0% / IBU 110?)

TAKASHI ICHIRO #4 (2020 / 13.0% / IBU 80)

TAKASHI ICHIRO #5(2020 / 15.0% / IBU 110?)

( 各1本。LERVIG とのコラボは、LERVIG製で500ml。その他の容量はすべて 330ml です。瓶詰めの年を表記しています。商品情報については、上記それぞれのリンクもご参照ください。)

今回、あらためてテイスティングをしてみましが、例えば BACK TO BACK なんて、バランスが取れて、バレルエイジで発売した Interplay なんかと飲みくらべてみたい感じ。OKITE YABURI は、さすがにホップの印象は弱まっていますが、その分、ヴァイツェンとしての主張がたってきて、これはこれでなかなかだと思います。一石二鳥は、ぼくらが国内で仕込んだ最初のバッチ。ちょっとスモーキーで、いい感じ。そして、アダムのカルバドス樽熟成のスペシャル版のうまいこと!去年の新春セットも、コラボビールを集めたのですが、それと被らなうように、THE FAR EAST、TAKASHI ICHIRO もヴィンテージを選んでます。2013の THE FAR EAST も、是非飲んで欲しいやつです。

限定20セットです。

どうしても、これしか揃えられませんでした。

L1133127.jpg

そして、もうひとつは、

限定版 山伏 スペシャル3本セット!

写真左から:

限定版 山伏 / apricot saison #2 (2015 / 6.0% / IBU 27)

限定版 山伏 / blueberry noir (2020 / IBU 41)

限定版 山伏 / grand rouge #1 (2016 / IBU 24)

( 各1本。容量はすべて 750ml です。瓶詰めの年を表記しています。商品情報については、上記それぞれのリンクもご参照ください。)

L1170565.jpg

真ん中の、blueberry noir は、発売前のものを先行販売。その名の通り、山伏 弐 / saison noir をベースに、自家栽培のブルーベリーをたっぷり漬け込んだスペシャルなやつ。すごく、いい感じかと。

あとの2本は、いずれも、本当に本数が少ないやつ。すごく久しぶりにアプリコットを飲んで、またつくりたいなあと、しみじみ思います。grand rouge は、最初にリリースしたもの。最近のと比べると色は淡いですが、ロゼのスパークリングみたいな印象がより強いです。

こちらは、

限定12セット!

すみません、本当にこれしかないんです。

大変恐縮ですが、お一人様1セット限り でお願いします。


もちろん、もう二度と組めないセットです。

完全先着順となります。

今回も WEBでのご注文のみ。 メール等でのご注文はお受けできません。

正月ということで、発送までは何日かいただくことになりますが、ご理解ください。


どうぞ、よろしくお願いします!




09:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最後の日


L1170523.jpg

今年の最終仕込み、終了しました。

毎年、この頃仕込む黒いやつの、新ヴァージョンが最後。

そろそろ、この一年を振り返らなきゃなあ。

でも、振り返るほど、いろんなことがあったかなあ。





19:58 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「キケン」の証明


L1133076.jpg

クリスマスイブのぼくは、喉が乾いてます。

夕飯の支度をほぼ終えて、いつも通りギャラリーにつながってる生ビールを1パイント注いで、親父を呼びます。

ここのところ、タップには、IPA がつながってました。

「なんだか、今日は、やけに美味いなあ」

なんて思いながら、いつも通り結構ワインも飲んで片付け。

ケーキがあったので、TAKASHI ICHIRO を飲んだのは、一昨日書いた通り。


一夜明けてクリスマス。

なんか、調子が悪いのです。

久しぶりの二日酔い。


「確かに、最後が TAKASHI ICHIRO だったしなあ」

と思いながら、ふとカウンターの黒板をみたら、これ。


そう、普通の IPA だとおもって、たぶん夏の夜の居酒屋の一杯目の生中みたいなスピードで飲み干したのが 1t IPA だったのです!


いまだに全仕込みをしている醸造責任者とかいっても、気づかずに飲んじゃってたとは。

お恥ずかしい。

まあ、こんなものです。


とはいえ、いつも、

「するする飲める危ないやつ」

「スピード注意です」

なんて、書いてるのが、嘘じゃないことは少なくとを、身をもって証明したということで...






19:40 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

THE FAR EAST & W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2020、ボトル発売です!


L1132872.jpg

[12月9日13時43分 追記] おかげさまで THE FAR EAST 、W-IBA ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。いずれも、弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

THE FAR EAST & W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2020、ボトル発売です!

いずれも、まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

L1132936.jpg

THE FAR EAST / Barrel Aged Imperial House IPA!

今回で7度目のリリース。

ある意味、志賀高原ビールを代表する超人気商品です。

"アフリカからインドも越えて、極東までいっちゃう、ってくらい強力な IPA"を、さらに、イチローズモルトさんの樽で長期にわたって熟成した特別なビールです。

今回は、樽での熟成期間で、60ヶ月、44ヶ月、37ヶ月、30ヶ月、23ヶ月の5種、12樽のブレンド。

本数も勘案して加重平均すると34.3ヶ月(=2.9年)です。

実測した結果、今回も15.0%。

志賀高原ビール史上過去最高タイです。

イチローズモルトさん由来のウイスキー感はしっかりあるのですが、ビール自体の主張がそれに負けていないのが、THE FAR EAST。

イチジクや杏のドライフルーツみたいな甘さに、柑橘のニュアンス飲み口は意外にきれいでドライ。

フィニッシュに、しっかりとしたウィスキー感を感じます。

今回も熟成期間は長いけど、若めの樽の個性もあって、枯れた感じというよりも、むしろフレッシュささえ感じます。

がんばって、価格は今までどおり据え置きます。

量的には、先日の TAKASHI ICHIRO よりも多めにご用意しています。

樽生の一般販売はございません。

L1132876.jpg

そして、昨日ご案内した、

W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2020!

おかげさまで、樽生版は完売しました。


12/15(火) が、箕面ビールの先代大下社長の命日。

早めにご注文いただければ、それまでにお届けできると思います。

最大限ご指定にお応え出来るように努めますが、配送場所・タイミングによっては間に合わない場合もありますので、ご理解ください。


今年は家での乾杯となる方も多いかもです。

こちらも、量は十分ご用意したつもりです。

うち以外にも、今年も、箕面ビールさんはじめ、城端麦酒、スワンレイク、いわて蔵ビールから、先代社長追悼の「マサジビール」が発売されます。

各社の思いがこもったビールと一緒に、お楽しみいただければと思います。


志賀高原ビールとしては、今年最後の限定ビールはかなり強烈な2本になりましたが、年末年始、特別な1本を飲むには、なかなかいいタイミングなのではないかと思います。

どうぞよろしくお願いします!






12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2020 樽生発売です!


L1132891.jpg

この季節のスペシャル。

W-IBA -MASAJI THE GREAT- 2020、 樽生から発売開始です!

箕面ビールの先代大下社長を追悼して毎年仕込む大事なビールです。

早いもので、あれからもう8年です。

毎年書いてますが、コンセプトは:

"箕面ビールといえば、スタウト、インペリアルスタウトの黒い二種、そしてW-IPAの印象が強烈。なら、両方いっぺんにつくっちゃえ、ってことでつくった黒いW-IPA。「格好よくて強面で、一見ちょっと近寄りがたい。でも、話してみると、その人柄にいっぺんに魅了されちゃう。」そんな先代大下社長のイメージそのままの男前なビール。"

年に一度しかつくらないので、気合も入ると同時に仕込むのが楽しいですし、おかげさまで大人気商品。

違うスタイルをつくってみたい気持ちにも毎度なるのですが、これを待っている人が多いので、そういうわけにはいきません。

あえてスタイルを書くとすると、インペリアル・ブラック IPA (← P=ペール、じゃないけど)。

毎回レシピを変えているのですが、今年もちょっと度数を下げて、8.5%。

IBUは80です。

今年も、ホップの配合を一部変更。

ドライホップも2回して、量もだいぶ増量しました。

「黒い」とはいえ、ロースト感は控えめで、ホップの主張の方が強いのはいつも通りです。

もちろん「黒い味」はするのですが、グレープフルーツのような柑橘感がかなり強い仕上がり。

度数なりのボリューム感や甘みはホップの苦味に抑えられて、飲み口はあくまでもドライ。

なんだか毎年同じことを書いているような気がするのですが、今まで以上に度数を感じない危険な仕上がりです。

ハンバーガーとか、BBQとか、食がすすむやつでもあると思います。


今年は1バッチのみ。

少量ですが、リアルエール版 もございます。

あの社長のような、元気で男前なビールに仕上がったと思います。

ボトルの発売は、もう少しだけお待ちください。


12/15(火) が、先代大下社長の命日。

業務店のみなさまにはそれまでにお届けできると思いますが、開栓は15日以降でお願いします。

いずれも、最大限ご指定にお応え出来るように努めますが、配送場所・タイミングによっては間に合わない場合もありますので、ご理解ください。

今年も、あの素敵な社長を思い出して、一緒に乾杯しましょう!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

23.5%


L1132871.jpg

気がつくと12月になってました。

この2本は、志賀高原ビールの今年最後の限定。

今週いきます!

またまた意味はないけど、アルコール度数を単純に足し算すると23.5%。

ははは。

よろしくです!!





19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

秘蔵が死蔵にならないように


lvg.jpg

「特別なイベントやお店でつかってもらおう」

って思ってとっておいた特別なビールが、いろいろあります。

でも、今年は、その機会がなかったな。

写真のこいつも、確かどっかに残ってたはず!?

秘蔵が死蔵にならないようにしないとな。





19:42 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

handcrafted


L1132825.jpg

来週発売のあいつは、裏表、手貼りラベルのやつ。

というわけで、ぼくと元BUAISO君がビールを仕込む間に、若い衆は必死の作業。


「ビールつくりたいんです!」

なーんていう人たちに、

「本当だな」

と言いたくなるのはこんな時。


あれ、最近、こんなこと書いたような気がするな。


「ブラック」っぽく見える人は間違ってます。

ぼくには、お洒落な最先端オフィスワーカーたちに見えてます。





19:53 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

師走入り


L1002127-3.jpg

今朝は寒かったけど、月がきれいで朝焼けも最高でした。

仕込みしてて、写真を取り損ねたのは残念でした。

ある意味特別な年。

おかげさまで、なんとかそこそこ仕込みもできています。

さすがに、いままでほどでの数ではないですが。


今日は定番2仕込み。

明日は、久しぶり、2回目となる限定。


ひとつひとつ丁寧に向き合うという意味では、いい年だったのかも。


こんな年の集大成みたいなビール仕込まないといけないかも、なんて、これを書いていた今思いました。

そんなの、出来るかな!?





19:37 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うれしい時


L1132762-4.jpg

われながら、今回のこいつ、しみじみ美味しいです。

ぼくらだけの力じゃなくて、イチローズモルトさんの樽たちや、時間、そして「たかし君」のおかげ。

あんなに人にオススメしてないとかいってるくせに、ビールをつくってうれしいのは、こんなこと考える時だな、たぶん。





19:48 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

瓶詰週間


L1002109.jpg

今週は、「詰め週間」。

「ビールつくりたいんです!」

なーんていう人たちに、

「本当だな」

と言いたくなるのはこんな時。

今日は、手詰めで1421本。

ちょっと前ならげんなりしてた量も、今ではなんとか普通にこなせるように。


それにしても、みんなご苦労さん!


クリスマス・正月に向けて、楽しみなのはそろってますよ。








19:35 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

TAKASHI ICHIRO & 1t IPA ボトル同時発売です!


L1132792-3.jpg

[11月25日12時20分 追記] なんと、おかげさまで TAKASHI ICHIRO ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。1t IPAの方は、引き続き販売中です。いずれも、弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

TAKASHI ICHIRO & 1t IPA ボトル同時発売です!

いずれも、まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

どうぞよろしくお願いします!

L1132762-3.jpg

1t IPA の方は、昨日書きましたが、これは:

TAKASHI ICHIRO / Barrel Aged Imperial Stout !

名前の通り、Takashi Imperial Stout を、イチローズモルトさんの樽で熟成。

二人の名前を呼び捨てで申し訳ないような気がするといいながらも再登場です。

今回は、62ヶ月、21ヶ月、11ヶ月間の樽熟成を経た9樽をブレンド。

加重平均では、19ヶ月熟成です。

13.0%、IBU81.5。

Takashi Imperial Stout は、ぼくらにとっても思い入れの強いビールなのですが、

もはや、「"Takashi" ってなに?」って人も多いかも。

名前の由来は、こちら。

正しい発音については、こちら。

実は、Takashi Imperial Stout は、前回を最後に、全てを樽熟成することにしましたので、素のままの「たかしくん」の発売はありません。

ベースのビールも大好きで残念ではあるのですが、いつかリリースできるようになればいいなと思ったりもしています。

というわけで、かわりに、この TAKASHI ICHIRO は、最低年に一回以上、いままで以上の本数をご用意していくつもりです。

ローストとウイスキーの香り。

グラスに注ぐと、トロッとした粘度を感じます。

かなりのハイアルコールではありますが、長期の熟成により、固いアルコール感はなく、むしろアルコールを感じなくらいのまろやかな仕上がり。

とはいえ、もとの「たかし君」が、インペリアルスタウトとしてはかなりホッピーでやんちゃなビールなので、若々しさや、ドライさも感じます。

ダークなチョコレートに、プルーンやレーズン、ベリーのようなフルーティーさ、ホップ由来の柑橘感もあわさって、かなり複雑濃厚な感じ。

フィニッシュには、イチローズモルトさんのウィスキー感もしっかり。

最近流行の、甘〜いデザートスタウトみたいなものとは、全然違う仕上がりです。


いままで何度もリリースしてきましたが、今回は相当いい出来なのではと思います。

生ハムやサラミ、パテやチーズ、ドライフルーツなんかを盛り合わせて、ゆっくり楽しむにはすごくいいのではと。

焚き火なんかあったら、さらに最高です。


1t IPA の方は2バッチ分、TAKASH ICHIRO は、それにくらべれば少ないですが、いままでよりもたっぷりご用意したつもりです。

1t IPA の樽生は引き続き販売中ですが、TAKASHI ICHIRO の樽生の一般発売はございません。


思い入れも強い、特別な強いやつ二つ。

どうぞよろしくお願いします!







12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

1t IPA 樽生から発売です!


L1132786.jpg

1t IPA 樽生から発売です!

ちょうど一年ぶりの登場。

今回で9回目です。

9.0%、IBU110。

ご存知、1トンのモルトと、もったいないくらいにたっぷりのホップをつかった人気商品。

いちいち DDH (Double Dyr Hopped)みたいな表記はしていませんが、うちのインペリアル IPAや、Hazy IPA のほとんどは、ドライホップを2回しているのですが、こいつももちろんです。

もともとオールドスクールな西海岸の強力な IPA をイメージしたのが、この 1t IPA。

色はクリアですが、飲み口は柔らかく "オールドスクール" というよりも、もうちょっとモダンな仕上がりです。

毎回少しだけレシピをいじっているのですが、今回は度数を0.5%だけ下げて、アロマホップも一部変更。

みずみずしい赤いオレンジを思わせる、柑橘系の香りが強烈。

9%のビールというと、通常はかなり甘くなるのですが、この 1t IPA は、もちろんそれなりの甘やかさは感じながらも、ホップの苦味とのバランスで、飲み口はむしろドライ。

比較すると、はっきりと違うのですが、単体で飲むと例えば House IPA なんかと同じくらいの印象だったりします。

結構グイグイ飲めちゃう危ないやつなのですが、ちびちびと飲むのが難しいくらいに進むので、気に入っていただいた時点で、「お前はもう死んでいる」状態になっちゃうかもです!?

とはいえ、毎回大人気。

怖がらずに飲んで下さい。

今回は、2バッチ分と、たっぷりご用意しました。

少量ですが、リアルエール版もご用意しています。

そう簡単にはなくならないはずです。

ボトルの発売は、もう少しだけお待ちください。

(昨日の写真の、もう片方のやつは、ボトル限定なので、樽生での発売はございません。)

どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

22%


L1132804.jpg

みなさん、いい連休だったでしょうか。

ぼくらは、ここから年末まで、特別なやつがいろいろ控えてます。

今週は、この二つ。

意味はないけど、アルコール度数を単純に足し算すると22%。

ははは。

よろしくです!




19:29 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑