ビール屋を、おすすめしない理由。


L1000333.jpg

今日は、畑に集中しようと思っていました。

そのために、仕込の片付けを早く終わらせようと、いろいろがんばったのに苦しんだ昨日。

機械のトラブル。

ドイツとのやり取りのあげく、夜10時頃に、なんとなく理由がわかり寝ます。

で、今日は、昨日やり残したこともあったので6時から。

問題のトラブルは大丈夫そう。

って、思ったのもつかの間。

トラブル再発。

昨日、「わかった」と思った理由がどうも間違っていたらしい。

あれこれやって、解決策を発見。

部品に問題があるいう結論。

仕方ないけど、理由がわかって一安心。

部品発注のメールをドイツに送って、畑に向かいます。

この時点で一時間の遅れ。

お昼を食べないで取り返します。


で、戻ると、また問題再発。

「まじか」


こういうの、けっこうきついんです。

さっき問題の元だとおもった部品は、どうも大丈夫らしい。

わけがわかりません。


再び、あれこれやっているうちに、本当の理由になんとか辿り着いたみたい。

別の部品の問題。

替えの部品が届かないと、完全には解決しないんだけど、ここまできて相当気が楽になりました。


これも勉強なんですが、ここまでのプロセス、なかなかしびれます。

ビール屋を、おすすめしない理由は、このあたり。






23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「自分じゃやってない」疑惑


L1040584.jpg

仕込を終えて、畑に。

株をこしらえるのです。

最近は、なかなか忙しくて、ぼくにとってこれが今年最初の畑仕事。

やっぱり気持ちいいですね。

「え、写真撮るだけで本当はやってないんでしょ!?」


そういう人、多いんです。

杜氏を目指す、うちの一番最近の新人もそう思ってたかも。

今日まで。

そういえば、あの富士桜の親分も、ぼくが自分で仕込んでる(→いまだに全仕込やってます)って信じてくれるまで何年もかかったな。

出来るだけ自分でやりたいのです。

楽しいことは。




20:45 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

志賀高原ビール Tap Takeover @香林坊ジビルバ


L1000560_20170424023723fd8.jpg

志賀高原ビール Tap Takeover @香林坊ジビルバ、無事終了です。

L1000562_201704240237258ae.jpg

初の北陸(というか日本海側)単独イベント。

L1000553.jpg

本当に人が集まるか、心細かったのですが、おかげさまで大盛況。

L1000556.jpg

よく見る顔も多く、うれしかったです。

L1000563_20170424023851b7e.jpg

サプライズで、元湘南ボーイと仙人も来てくれました。

なかなか長丁場でしたが、充実してました。

みなさん、本当にありがとうございました。

金沢、必ずまた来ます!





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

楽しみなビールだらけ


L1040519.jpg

昨日のテイスティング。

新作や、ずっとつくりたかったけど久しぶりに登場のとか、とにかく楽しみなビールがずらり。

どれも、かなりいい感じ。

比較的すぐ登場するものから、1年以上は出てこないまでいろいろ。

お楽しみに!



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今度の日曜日は、志賀高原ビール Tap Takeover @香林坊ジビルバ!


L1024979.jpg

広島から戻りましたが、今度の日曜日は金沢!

広坂ハイボールの宮川元氣さんに、お招きをいただき、宮川さんのもうひとつのお店、

香林坊ジビルバさんにて、志賀高原ビールの Tap Takeover

をさせていただくことに!

ジビルバさんでは、地元の城端麦酒さんや、日本海倶楽部さんのイベントはあったのですが、県外ブルワリーでは初とのこと。

尊敬する重鎮に、お声をかけてもらうのは光栄ですし、ここのところ毎秋、クラフトビア金沢でうかがって、大好きな金沢でのイベント。

ぼくにとっても、北陸での単独イベントはもちろんはじめて。

うちのビールだけで、どれだけ盛り上がるのか不安ではありますが、楽しみです。

みなさん、お時間が許せば是非!




18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

JESTER KING x OXBOW x 志賀高原(その1)


L1030767.jpg

なんだか、すっかり時間が経っちゃいましたが、今回の SNOW MONKEY BEER LIVE の際のコラボがもうひとつ。

昨年に続いてのコラボとなる OXBOW と、今回テキサスから参戦してくれた世界的に大人気の JESTER KING との三社での仕込み。

ずっとメールで、いろいろ相談をし、はじめてつかう原料を取り寄せたりして準備万端。

これは、GIGANTC とのコラボをした、その日の夜。

前夜祭です。

またも楽しく飲んだ夜。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ホップ到着 2017


L1040474.jpg

新しいホップが届きました。

とりあえず、パレット9枚分。

L1040488.jpg

前にこの時の写真をあげた時は、「ピラミッド建設かっ」て感じだったけど、その後、だいぶ近代化たのです。

L1040492.jpg

最近の仕込み、ホップが足りるかヒヤヒヤでしたが、これで心置きなくいけます!





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

広島の夜


L1040495.jpg

広島の夜。

まずはやっぱり、RAKU BEER さん。

今年10周年を迎えたこの大イベントの立役者、福本夫妻のお店です。

(もう何年も広島に行ってるけど、時間もなく、なかなか他のお世話になっているお店に顔を出せていないのは心残りです。すみません。)

L1040493.jpg

どうも、四月生まれのブルワーが多いということに気がつきました。

”若手ブルワー” も、いつまでも若手ではないね。

L1040496.jpg

お好み焼き。

このあと、イベント前日にもかかわらず朝の四時近くまで主催のお二人に付き合っていただいちゃって、反省。

イベントの準備・運営だけでものすごく忙しいのに、こうして、全国から広島まで来たぼくらを、バッチリもてなしてくれるのは、本当にうれしいです。

実は、そういう意味で、イベント以上に打ち上げの充実度合いを、イベント参加の判断基準にしているブルワーも多かったりして....

L1040513.jpg

翌日の、ボランティアさんを含めての中打ち上げ。

すごく格好のいい店に、広島のパワーを感じました。

何より、この人数。

今回も、さすがのイベント。

支えてくれた、主催者のみなさん、大勢のスタッフのみなさんに大感謝です。

充実の開幕戦でした。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年も、開幕戦は広島!


L1040500.jpg

金曜日、800km 走って今年も来ました、広島へ。

そう、イベントシーズンが、

地ビールフェスタ in ひろしま

で、スタート。

今日は、途中で雷雨とかもあったけど、概ねいい天気。

L1040502.jpg

結構、気合いのラインアップできています。

明日は、もっといい天気みたい。

みなさん、お待ちしてます!




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レシピ


R0014843_20170411204500c30.jpg

今日は二仕込み。

二つ目は、はじめて仕込むビールでした。

もともとは、お世話になっている某氏の依頼。

「同じレシピ」で、腕利きのいくつかのブルワリーが同時でつくるという企画。

ぼくらは、コラボ以外、人の依頼でビールをつくったことはありませんでした。

「自分たちが飲みたいビール」をつくるポリシーだから。

こういうの、普段ならやらないんだけど、すごくお世話になっている人に声をかけてもらい、さらに、ぼくらが大事にしている「定番」を気に入ってくれての依頼でした。

というわけで、光栄ですし、やらせていただくことにしたのです。

その「定番」と、同じスタイというお題をいただいたのですが、それが、うちの中では地味なビール。お題としては、かなり難しかったです。

でも、せっかくなので、長年つくってる定番だから故に、普段なかなか(やりたくても)できない小さな挑戦を散りばめたレシピを書いてみました。

もともとご依頼いただいたのは、”レシピ” だけではありましたが、せっかくなのでぼくらも仕込んだというわけです。

100回以上仕込んで微妙な進化を続けてきた、その定番のレシピが基本。

今日の仕込み、手応えはあります。でも、ちょっと複雑で、仕込みも簡単じゃないレシピにみなさんを付き合わせて申し訳ない気もしています。

「レシピ」は、所詮レシピに過ぎません。

それを、どう活かすかはつくり手次第。

写真の蕎麦だって、レシピを教えてもらって、同じ素材をつかったっとしても、仕上がりは全然違うはず。

飲みくらべるのが本当に楽しみです。

いい機会をいただきました。

乞うご期待です!





21:07 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

改めて、Baby Blonde Miyama をつくった理由。


L1010267_20170410202728df1.jpg

ちょうど一年くらい前に、スペインに行きました。

この写真を撮るたぶん15分くらい前に財布をすられて、なかなか苦労した旅でした。

でも楽しかった。

初めてじゃなかったけど、やっぱりどこも素敵だし、食べ物も美味しい。

その旅の間、現地の、わりとどうでもいい薄いビールを飲んでました。

でも、あんまり不満に思わなかったんです。

逆に、「この料理なら、うちのIPAとかじゃうるさいかも」なんて思ってたから。

シンプルで素材を活かす料理、大好きなんですけど、そういうのに合うビールって簡単そうでむずかしい。

スペイン料理もそうだけど、イタリアン、そして、そう和食も。

もちろん、水のように味のない「とりあえず」系ってのはあるけど、それはぼくらがつくらなくてもいい。

個性はあるけど、繊細な料理を邪魔しない。

「そんなのもつくりたいなあ」

この旅で、そう思って生まれたのが、こいつ。

L1020835.jpg

そう、Baby Blonde Miyama なわけです。

ホップはたっぷりですが、なにせ「邪魔しない」も大切な要素なわけですから、ビアバーとかでビール単体のインパクト重視のシーンではどうしても地味です。

でも、期待をこめて 準定番 にしました。

今日の夕食(=野菜中心の和食でした)の時、親父(=社長)が、

「このビールは、飲みやすいけどいいなあ」

っていいました。

(もう何度も飲んでるのに)相変わらず、毎回記憶がリセットされるような新鮮な感想。

でも、それが狙いなので、素直にうれしいです。

ビアバーのみなさんには扱いづらいかも。

でも、みなさんの普段の食卓や、クラフトビールなんて知らないくらいの飲食店さんで飲んでもらえたらうれしいなあ。

そんな気持ちが通じてきたのか、徐々に注文も増えてます。

自分的には結構強い志をもって、気長にいきます!




20:54 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

GIGANTIC x 志賀高原 part 2 (その3)


L1030754.jpg

で、楽しくコラボ終了。

仕込んだのは、やはりIPA。

今回、なにをつくろうかってことになって、やはりお互いの特徴でもある、IPAでいこうってことに。

でも、ただの IPA じゃつまらないということで、ちょっと冒険というか、実験してみることに。

そう、日本の樽をつかってみるのです。

さあ、どう仕上がるんだろう!?




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

GIGANTIC x 志賀高原 part 2 (その1)


L1030720.jpg

今回のコラボ二仕込みめは、GIGANTICと。

去年の夏に、OKI LAGER を、ポートランドで仕込んだので、これが二回目のコラボレーション。

新設備になってから、仕込み工程はフルオート。

だから、二人で(結婚式の新郎新婦のように)クリック!

L1030739.jpg

でも、もちろんモルトはひきます。

L1030731.jpg

わが美山錦もつかったので、米も投入。

ただ入れるだけなんだけど、ちょっとした仕事のこなしのディテールにブルワーの細かさが出るのです。

L1030745.jpg

ホップもね。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

幸せな仕込、その五!


L1030215-2.jpg

というわけで、Hair of the Dog とのコラボ五仕込目。

L1030247.jpg

ぼくらとしては、はじめてライ麦と、ベルジャンキャンディーシュガー(的なもの)をつかっていました。

L1030234.jpg

アランの隣は、次男のアイザック。

前回、うちにきたのが刺激になって、ブルワーになったとのこと!

もうじき、ヘッドブルワーになるらしい。

L1030394.jpg

奥さんも働かせちゃったり。

L1030263-2.jpg

やっぱり仕込む姿が似合います。

今回は、彼の人気商品 Fred をベースにしてみました。

発酵の経過は快調。

楽しみです。

L1030255_20170326151910b45.jpg

尊敬するブルワーであり、そしていまでは大事な友人でもある、こんな素敵な家族と一緒にビールをつくれるって、本当に幸せです!




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Hair of the Dog とのコラボは五仕込目に!


L1030219.jpg

今回、アメリカから四社の超実力派ブルワリーが来てくれたのですが、一番乗りはこのみなさん。

そう、Hair of the Dog のアランとその家族。

彼らが、ぼくらのブルワリーにくるのは2014年以来。

Adamu と Monkey Claws の二つが生まれました。

その後、同じ年にぼくらが彼らをポートランドに訪ね、トモダチブロンドを仕込みました。

さらに、昨年の夏、Oregon Brewers Festival のためにポートランドを再訪した際には、Brouwerij de Molen も含めた三者のコラボ Side by Side が!

で、今回、五仕込み目のコラボをしたというわけ。

L1030350.jpg

その前に、みんなで楽しく飲みました。

あまりに楽しくて、ピントが合ってませんね。

続きは、また明日。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

HOP & BEAN / COFFEE IPA と 1t IPA 新バッチ、樽生から発売です!


L1030523.jpg

SNOW MONKEY BEER LIVEが終わって、そろそろ日常にもどらないと。

というわけで、SMBLで大好評だった、

HOP & BEAN / COFFEE IPA と 1t IPA 新バッチ、樽生から発売です!


L1030197.jpg

まずは、HOP & BEAN ですが、先日も書いた通り、TRUNK COFFEE さんとのコラボ第三弾。

7.5%、IBU100。

単色の強力な IPA、というかインペリアルIPAに、シングルオリジンの良質なコーヒー豆も、贅沢につかいました。

今回つかったのは、エチオピアの HAMA という豆。

お試しを!

L1030317-2.jpg

そして、

1t IPA 新バッチも!

3仕込目の今回ですが、9.5%、IBU111という強力スペックはそのままに、醸造工程でSNOW MONKEY IPA 同様の試みをしてみました。

一層ジューシーで、「危険度」が上がった仕上がり。

あぶないです。

たぶん、SMBLでの一番人気でした。

ともに、ボトルの発売は、もうしばらく先になります。

どうぞよろしくお願いします!



18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017、やっぱり最高の最高でした!


L1030633.jpg

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017 おかげさまで、無事終了しました。

最後に残っていたブルワー、アーティスト、スタッフのみんなで一枚。

うれしい瞬間でした。

このタイミングにいられなかったみなさんも多数。

もちろん、なにより来てくれた、たくさんのお客さんも。

本当に、本当に、大感謝です!

毎年書いてるけど、今回の最高は、いままでで最高でした!

ありがとうございます!!



23:41 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017、無料シャトルバスの時刻表です!


TS2017.jpg

大変お待たせしました。

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017、無料シャトルバスの時刻表です!

会場へは、「志賀高原98ホール」「総合会館98ホール」をご利用ください。

志賀高原各エリア、湯田中・渋温泉間を無料でご利用いただけます。

昨年ご迷惑をおかけした湯田中・渋温泉と会場を結ぶ便ですが、各部開始前 / 終了後を、昨年より二台増便して、三台体制(時刻表に同じ時間が三つ並んでいる部分)としています。

(十分な対応をしたつもりですが、予想を超える混雑の場合は、どうぞご理解ください。)

路線図もご参照ください。


例年、この時刻表発表後、チケット販売が加速します、すでに、完売に近づいている部もありますので、チケットのご購入はお早めに!




10:43 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

念願の Sun 2 Diner!


L1030062_201703042220336cf.jpg

行きたいのに、行けてないお店のリストは、かなり長くなってます。

そのリストの、一番上の方にず〜っとのってた、東京 中目黒の Sun 2 Diner さんを、ついに念願の訪問。

L1030060.jpg

なんだか、中目黒は、HATOS BAR とか、OHKA THE BEST DAYS とか、このブログではまだ書いてないけど SIDE WALK STND とか、志賀高原ビールがお世話になっているお店が多いのです。

L1030059.jpg

ベーコンチーズバーガーと、SNOW MONKEY IPA。

炭火で焼いた肉肉しいパテと、自家製のベーコン。

うまい!

こういうシーンで、飲んで欲しいと思って、IPAをつくっています。

L1030064.jpg

いやあ、うれしかった。

みなさんも、是非!




22:37 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

便利な長野駅・飯山駅からの急行バスに、今年もSMBL特別割引!!!


L1000820.jpg

SNOW MONKEY BEER LIVE へお越しの皆様には、

長野駅東口と会場のある蓮池までを70分で結ぶ、志賀高原向けの急行バスが便利でおススメです。

北陸方面からの皆様には、飯山駅から63分という便も!

毎年大人気で利用者も多いのですが、今年も長電バス(株)さんのご協力により、
この急行バスの SNOW MONKEY BEER LIVE 向け特別割引をご用意いただきました!

イベント期間中、

会場内のチケット販売所で SMBL2017のチケットを提示していただくことで、長野駅・飯山駅までの帰路片道が、なんと500円!

となる特別割引乗車券をご購入いただけます。(チケット一枚につき、一枚の購入が可能。)

長野駅-蓮池の通常料金は、片道1,700円。ですから、この割引乗車券をご利用いただくことで、通常往復3,400円のところが、往復2,200円(-1,200円 or 35% 引き)!


同じく、飯山-蓮池の通常料金が、片道1,300円、この割引乗車券のご利用で、通常往復2,600円のところが、往復1,800円(-800円 or 31% 引き)!

この割引乗車券は、

イベント開催日から3月21日(火曜日)までの間有効

ですので、例えば、イベント終了後、宿泊してスキーを楽しんだあとでも、ご利用いただけます。
新幹線等で長野駅ご利用の方、そして地元のみなさん、どうぞご利用ください!!

時刻表はこちら

(注:このチケットは、車内での販売がございませんので、必ず、SMBL 会場内での事前購入をお願いします。)





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑