ブルワーのパズル


L1000374_201706212037285e1.jpg

この新しいタンクが届いたのが、ちょうど去年の今頃。

稼働したのは、もう一月くらい経ってからでした。

でも、今年はすでにそれら全部がフル稼働。

数えてみたら、現状、大小あわせてビールのタンクだけで全36基。

あっちを詰めて、こっちをそこに移動して、空いたとこに次を仕込む。

ってのを繰り返しているのですが、今日、ぼくの勘違いで明日仕込むはずのタンクにビールがまだ入っていることに土壇場で気付きます。

やば。

急遽、あれこれ考えて、次善の策でいくことに。

今までやったことないやり方なんで、いろいろ不安材料があるのですが、みんなで真剣にシュミレーションをして、やってみることに。

この季節、こんなパズル、どこのブルワリーでもやってるんだろうなあ。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

"NEW ENGI-LAND IPA" "Not So Mild Ale" ボトル発売です!


L1031289.jpg

[6/15 12:55追記]NEW ENGI-LAND IPA、おかげさまで完売です。どうもありがとうございます。Not So Mild Ale は、引き続き販売中です。NEW-ENGI-LAND は、もう一仕込みしてありますので、また次回どうぞよろしくお願いします。

お待たせしました。

"NEW ENGI-LAND IPA" "Not So Mild Ale" ボトル発売です!

今回は、業務用も Web も同時発売。

どうぞよろしくお願いします。


先日先行した発売した樽生の方は、"NEW ENGI-LAND" が完売。"Not So Mild Ale" は、まだ通常盤、リアルエール版ともに発売中ですが、在庫はだいぶ少なくなってきています。

こちらも、引き続きよろしくです!


12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

"NEW ENGI-LAND IPA" "Not So Mild Ale"(リアルエール版も)樽生先行で同時発売です!


L1031288.jpg

[6/14 9:00追記]NEW ENGI-LAND IPA、おかげさまで樽生完売です。どうもありがとうございます。Not So Mild Ale は、引き続き販売中ですので、どうぞよろしくお願いします。

NEW ENGI-LAND IPA、樽生から発売です!

THE FARMHOUSE の OPEN 記念で仕込んだこのビール。

イベントや、先行発売している THE FARMHOUSE でも、大好評です。

玉村本店の清酒「縁喜」にちなみ、THE FARMHOSUE が、ぼくらにとって、多くの方との「縁」を「喜ぶ」「新たな」場所になってくれればということでこの名前にしました。

同時に、多くのビールファンの方なら想像されていたと思いますが、"New England IPA" というスタイルでもあります。

ぼくらが、ニューイングランド(ボストン・メイン・バーモント)を旅したのが2015年の11月。

それまでのウエストコーストスタイルのIPAとは一味違う、曇って、いやむしろ濁っているけど、苦味がやわらかく、ジューシーな飲み口のIPAが流行り始めていたのは、たぶんそのころから。(ぼくの一番好きな、尊敬するあそこは、もっと前からだけどね。)

以来、あっと言う前に大人気になって、いまでは日本のビールファンにも広く知られるほどになったこのスタイル。

IPA には、まあまあこだわりのあるぼくらですが、もちろんいろんな研究や実験をしてきました。

それが、"ゆるブルWheat" だったり "KAGAMI-BIRAKI IPA" だったりもするのですが、実はもっとその前からいろいろやってます。

で、今回、このタイミングで、まあ一度ちゃんとこのスタイルと名乗ってみようか、いうことに。

6.5%、IBU56。

KAGAMI-BIRAKI IPA ほどではないですが、ごらんのように曇った、というか濁ったブロンド。

バレンシアオレンジとかを思わせる柑橘系の香りに、トロピカルで甘やかなフルーティーさが加わった感じ。

みずみずしくジューシーで、もちろん苦いのですが、度数を感じさせない柔らかな飲み口です。

(あまりの反響に驚いた)KAGAMI-BIRAKI と比較するとドライかも。

「甘さ」が、このスタイルの特徴だというイメージを持っている人も多いようなのですが、「自分たちが飲みたい食中酒」を目指すぼくらとしては、このくらいの感じの方がいいかなと思っています。

まずは、樽生から先行発売。

ボトルは近日中に発売しますので、もうしばらくだけお待ち下さい。

また、今回は、もう一バッチしてます。

再度の販売を予定しておりますので、完売の場合も、ご容赦を。

L1031285.jpg

そして、もうひとつ。

Not So Mild Ale も、樽生発売です!

もともとは、ノルウェーの Nogne Ø とのコラボで生まれたこのビール。

4.5%、IBU27。

イギリス伝統の "Mild" というスタイルを、ぼくらなりに解釈し、アメリカンホップをふんだんにつかって、飲み飽きしないんだけど、それでいて退屈じゃないビールを目指しました。

とはいえ、ぼくらの他のビールとくらべると、ホップの主張も穏やかな地味目のビールです。

でも、どういうわけか、特に「ビール好き」のみなさんにファンが多く、実はもう12回目の仕込みです。

Kjetil 君も、Nogne Ø を去って何年にもなるので、ラベルも見直すこととしました。

今回、いつもとちょっとホップの種類を変えてはいますが、主に二種類のアメリカンホップを使用。

モルトの味わいに、ちょっと穏やかなホップの香りがあわさって、度数は低めだけど物足りなさはなし。

でも、ゆるゆるといつでも飲んでいられそうなビールになっていると思います。

こちらも、樽生から先行発売。

通常版の他に、先日の THE PORTER でも好評だったリアルエール版もご用意しています。

ボトルは、NEW ENGI-LAND IPA と同時に、近日発売の予定です。


どうぞよろしくお願いします!


17:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Trunk Coffee & Craft Beer


L1050072.jpg

大阪の帰りはここへ。

そう、先週末 OPEN したばかりの、Trunk Coffee & Craft Beerさん。

一棟まるごとリニューアルしたお店は、三フロアそれぞれ個性的。

いやあ、かっこいい。

運良く、オーナーのお二人に会えました。

L1050070.jpg

クラフトビールとスペシャリティコーヒーの相性は、やっぱりいいと思います。

素敵な空間で、コーヒー同様こだわり抜いたビールを気軽に飲める場所。

どんどん新しいことにチャレンジする TRUNK COFFEE のみなさんには、いつも刺激を受けます。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

期待の新人!?


L1040940.jpg

なんだか、忙しいです。

今週は、6仕込み。

貴重なスタッフを、THE FARMHOUSE にとられた(!?)タメージが思いの外に効いてます。

あと一月頑張れば、新人が入るはず。

はず。

こんなに期待された新人は、いまだかつていないかも...

本当に来てくれるかな。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初収穫、初Harvest Brew & 梅雨入りの日。


L1040990.jpg

今年の初収穫。

L1050012.jpg

ちょうど今日は梅雨入りでしたが、午前中はまだ雨は大丈夫。

L1050007.jpg

しかし、「どこの山のなかだ?」って絵ですね。

もちろん、仕込みも同時進行。

そう、シーズン最初の Harvest Brew でもあります。

L1040997.jpg

収穫したのはもちろん、これ。

L1050010.jpg

今年は、「あれ」が復活です。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

KAGAMI-BIRAKI IPA ボトル、1t IPA ボトル・樽生発売です!


L1040777.jpg

[5/30 13時15分追記]KAGAMI-BIRAKI IPAのボトルの業務用販売分は完売しました。どうもありがとうございます。弊社 WEB販売は本日20時からの予定です。1t IPAの樽・ボトル、THE PORTER 通常版の樽は引き続き販売中ですので、どうぞよろしくお願いします。

お待たせしました。

KAGAMI-BIRAKI IPA、ボトル発売です!

先日発売の樽生は、数時間での完売。

「けやき」での大人気で、手応えはあったのですが、まさかの早さに驚きました。

L1031172.jpg

価格は、1t IPA、HOP & BEEN、Takashi Imperial Stout 等と一緒です。

限定2,140本。

場合によっては、ご要望数にお応えできない場合もございますが、ご理解ください。

そのうち、720本を弊社のサイトで販売します。

こちらは、本日20時スタートとさせていただきます。

大変恐縮ですが、お一人様12本までということで、お願いします。

L1040804.jpg

また、同時に、こちらも「けやき」で大好評だった

1t IPA も同時発売します!

樽生・ボトル同時発売です。

9.5%のビールなのですが、「けやき」での販売数量は他のビールをおさえての堂々一位。

はは。

驚きます。

毎回、少しずつレシピを微調整しているのですが、今回もいままで以上に「飲めちゃう」度数を感じない危ない仕上がりです。

こちらも、弊社サイトでの販売は、20時スタートとさせていただきます。

L1031153.jpg

また、THE PORTER の樽ですが、リアルエール版は完売。通常版は、10L、15Lともに、まだ多少の在庫がございますので、あわせて、どうぞよろしくお願いします。




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

楽しい飲みくらべ


L1000590.jpg

本当は無理だったのに、土壇場で無理やり時間調整して、飲みに出れた日。

THE PORTER 六社飲みくらべ。

自分のレシピがどう仕上がったか、やはりどうしても飲みたかった。

楽しかったです。

やっぱりみんなレベルが高い。

原料の微妙な違いはあったと感じましたが、さすがです。

面白かったし、勉強になりました。

次に自分のブルワリー以外での仕込みのためにレシピを書くなら、こうしようって思うところもあったり。

独立することがあったら、役に立ちそうです!?

L1000591.jpg

で、こっちは Adam、Adamu、Doggie Claws、Monkey Claws。

これは逆に、Hair of the Dog の、アランのレシピをうちでつくったのとオリジナルの飲みくらべ。

ヴィンテージもちがうのですが、やっぱりビールそのものが全然違うな。

こんな楽しいビールの飲み方ができる東京は、なかなかすごいです。




22:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

KAGAMI-BIRAKI IPA、樽生から発売開始です!


L1030750.jpg

[5/24 16時15分 追記]KAGAMI-BIRAKI IPA 樽生、なんとおかげさまで完売です。バー等でみかけたら、お試しください!THE PORTER は、まだ在庫がございますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

KAGAMI-BIRAKI IPA、樽生から発売開始です!

GIGANTIC とのコラボ第二弾。

先週の「けやき」で、先行開栓したのですが、予想を上回る人気に驚きました。

20Lの樽が、毎回 20-30分で空になってしまうなんて、ちょっと今まで記憶にないくらい。

自家栽培の酒米「美山錦」をつかい、酒樽で熟成させたホッピーでジューシーなIPAです。

価格は、1t IPA、HOP & BEEN、Takashi Imperial Stout 等と一緒です。

しっかり一仕込み分の量はつくったのですが、状況によっては、ご希望数にお応え出来ない場合もございますので、ご理解ください。

ボトルは、来週発売の予定です。

どうぞよろしくお願いします!



12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

THE PORTER 出来ました!


L1031148.jpg

突然ですが、

新作、THE PORTER 樽生限定で発売です!

このビールは、東京ビアウィーク 2017 (5/27 - 6/11) のために、うしとらブルワリー、ろまんちっく村、BLUE MAGIC の三社の栃木のブルワリーが中心になって、全く同じレシピで、それぞれが仕込みをして、飲みくらべをしてもらうという企画のためのもの。

初回の去年は、箕面ビールの大下香緒里さんのレシピで、ペールエールをみんなで仕込み大好評でした。

で、その第二弾として、ぼくに依頼が来たというわけ。


ぼくは、いままで、自分たちのコラボのビール以外に、自社以外のためのレシピを書いたことはありませんでした。今回のご依頼が、IPA や セゾンでなく「ポーターのレシピを」ということで、正直、意外に思いました。

でも、うしとらの寺崎さんに「志賀高原のポーター、好きなんです」と言ってもらったのがうれしくて、やらせていただくことにしました。

志賀高原ビール、スタート時点からの定番であるポーター。”ホップ” のイメージの強い志賀高原ビールのなかでは、地味ながらも根強いファンも多い大事なビールです。

なにせ、長年つくり続けているビールですし、決して派手なスタイルでないもので、どんなレシピにするべきか、実は結構考えました。結果、基本的には志賀高原ポーターをほぼそのままに、普段やってみたいいくつかの実験をしてみることにしました。

もともと長いこと作っているビールなので、長年の微修正の繰り返しの結果、基本のレシピは、ちょっと複雑。そこに、Flaked Oats を加えた7種類の原料をつかい、6.5%と、アルコール度数をいつもより 0.5% ほど高めました。いわゆるロブストポーターとインペリアルポーターの境目くらいの設定です。

普段は、アロマホップはほとんどつかわないのですが、今回は Equinox をちょっとだけ使用。IBUは約45。もちろんホップの主張が支配的ではないですが、ほのかなロースト香との相性は、結構面白いのではと思っています

クリーンな志賀高原ポーターを基本として、ほんのすこし飲みごたえを高めた、特別版のポーター。

せっかくのお誘いですし、ぼくらも日頃「こうしたらどうかなあ」と考えていたことを盛り込んだレシピですので、志賀高原版も一仕込することにしました。

うしとらブルワリー、ろまんちっく村、BLUE MAGIC に加えて、Devil Craft と、箕面ビール直営の BEER BELLY でもつくっているので、うちも合わせると全6社が、同じビールをつくったというわけ。

ぼくらも、この THE PORTER を、各社の THE PORTER、そして普段の志賀高原ポーターと飲みくらべてみたいと思っています。

同じレシピが、腕利きの各社の手にかかってどう仕上がるのか、ぼくら自身も、すごく楽しみです。

みなさんも、どうぞお試しを!

弊社の THE PORTER ですが、久しぶりのリアルエール版もご用意しています。

今回はボトルの販売はございません。

リアルエール版、通常版、いずれも明日から出荷可能ですが、開栓は東京ビアウィーク開幕の 5/27(土)以降ということでお願いします。

どうぞよろしくお願いします。




15:26 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

飲んでくれたみなさんに評価してもらう方が好きです。


L1040687.jpg

何度か書きましたが、ぼくら思うとこあって、コンテストとかに参加しません。

だから、賞とかメダルには全く無縁でした。

でも、これが届きました。

以前にもちょっと書いた、ratebeer の表彰状とメダル。

なんか、もらい慣れてないせいかもしれませんが、うれしいです。

これは、ratebeer というサイトで、レビューしてくれたみなさんの、いわば「人気投票」の結果だから。

その結果が、二年連族での日本一。

これは、うちのビールを飲んでくれた方々の意見の結果の結果。

「けやき」には、本当にたくさんのビール会社さんが出店し、すごくたくさんのお客様が来てくれてます。

そうしたお客様が、数ある美味しいビールを飲んで、結果的に「志賀高原の◯◯」がうまい!なんていってくれるとしたら本当にうれしい。

そうなるかどうかはわかりませんが、少なくてもみなさんに直接お会いして、ご意見を聞いたり、その表情をみるかできるのがうれしくて、「けやき」には力を入れてます。

あと、もう一日。

是非。志賀高原ビールを飲んで、ご意見をお願いします!





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

折り返して、いよいよ本番!


L1040737.jpg

けやき、三日目終了。

今日も晴天。

今回、ぼくらはここ数年の定位置から思い切って場所をかえて、その向かいに。

降り注ぐ日差しを、けやきが和らげてくれて、ずーっと快適。

このイベントの人気の基本は、この気持ちよさにあるんだと再認識するのです。

すごいラインナップのビールやフード、そしてそのつくり手が集まるのが、「けやき」の魅力なわけなんですが、それを、他にはない、野外の気持ちいい空間で楽しめるってのが、魅力を大きく高めてるんだと思うのです。

おかげさまで、本当にたくさんのみなさんにビールや唐揚げ、スムージーを楽しんでもらえてます。

あと二日。

これから本番なのかもしれません。

天気予報的には、今まで以上に気持ちいい日が続くはず。

楽しみです。

みんなで、お待ちしてます!



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春のけやき 2017 始まりました!


L1040721.jpg

さあ、今年のけやき、スタートしました。

ぼくらのラインアップですが、この写真の時点では:

Baby Blonde Miyama
DPA ランドル
IPA
1t IPA (新バッチ!)
GIGANTIC x 志賀高原 KAGAMI-BIRAKI IPA(限定先行開栓!)
ゆるブル Wheat
其の十
Not So Mild Ale (久しぶりにつくりました。限定先行開栓!)


でした。

もちろん、飲みくらべセットもご用意してます。

昨日ご案内した、KAGAMI-BIRAKI IPA ですが、たっぷり用意したつもりが想定以上の人気。

毎日お飲みいただけるように、一日あたりの樽の量を決めているのですが、今日の時点ですでに、20L樽が、つないで30分も持たない状況。

できるだけみなさんにお飲みいただけるように、明日はMサイズのみの提供とさせていただきます。

その他、定番はもちろんですが、ゆるブル Wheat、新バッチの 1t IPA、久しぶりの Not So MIld Ale も人気。

その他の、特別なやつも色々ご用意してます。


ビールだけでなく、いつもの 造り酒屋の塩麹唐揚げ も、おかげさまで大人気。

もちろん、濃厚ブルーベリースムージー も!

日曜日までの長丁場。

玉村本店総出で、一生懸命頑張ります。(もちろんぼくも、ずっといます。)

どうぞよろしくお願いします!



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

GIGANTIC x 志賀高原 コラボ第二弾、KAGAMI-BIRAKI IPA 出来ました!


kagamibiraki_ipa_b.jpg

GIGANTIC x 志賀高原 コラボ第二弾、KAGAMI-BIRAKI IPA 出来ました!

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017 の直後に、GIGANTIC の Ben と一緒に仕込んだこのビール。

一部を日本酒の酒樽で熟成させた IPA。

ということで、"KAGAMI-BIRAKI (鏡開き)IPA" という名前に。

一仕込みしかないので、量的には限られているのですが、せっかくなのでラベルもつくることにしました。

で、出来上がったのがこのデザイン。

日本らしくめでたいものになったと思います。

「縁」は、もちろん GIGANTIC とぼくらとの縁、そしてわが清酒「縁喜」の名の通りその「縁」を喜んでという意味も。

ホップと麦もかわいいです。

L1040703-2.jpg

で、ビールですが、6.5%、IBU65。

はい、にごってます。

びっくりしないでください。

こういうものです。

最近流行りのアレを、意識していないとは言わないことにしておきます。

酒樽とのマッチングを意識した、二種類のアメリカンホップを、Benたちの意見を参考に、あの 1t IPA にも負けないくらい大量に使用。

グレープフルーツにトロピカルフルーツがあわさったような、フレッシュで爽快な香りが支配的ですが、背後に清々しい杉の香り。

口に含むと、柔らかな甘みと、強いんだけど優しい苦味。

とにかくジューシーな味わいなのですが、それを杉樽のフレーバーがキュッと締める感じ。

コラボは、毎回毎回、すごく勉強にもなり、刺激を受けます

特に今回は、ぼくら両方の事前のイメージ通り、いやそれすら上回るかなりいい感じに仕上がったのではと思っています。

正式発売は、もうちょっと先になりますが、ひと足はやく、明日からスタートの

けやきひろば春のビール祭りで先行開栓します!

せっかくたくさんのみなさんに直接お会いできる機会なので、たっぷり量をご用意するつもりですが、毎日必ず提供できるように、一日あたりの上限を設定させていただきますので、万が一売り切れの場合はご容赦ください。





18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ほぼ苦いんだけど


L1031071.jpg

こいつも、そろそろみなさんのもとに届きはじめたようです。

ふと気がつくlと、来週は けやき

もちろん、ゆるブルWheat も飲めます。

その他にも、あれやこれや、渾身のラインアップの予定。

ほぼ、みんな苦いけどね。




22:34 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

なんと「ゆるブル」10周年!!快挙 (!?) を勝手に祝って「ゆるブルWheat」発売です!!


L1040651.jpg

2007年の5月11日にはじまった、

この「ゆるブル」も、なんと今日でちょうど10周年!

まさか、こんなに続くとは思いませんでしたが、お読みいただくみなさんのおかげで、この10年間、1日も欠かすことなく書き続けてきちゃいました。

初回の投稿時、「小さい頃から、日記を書くという決意が一度も続いたことがない」と書いたのですが、そんなぼくにとっては、まさに快挙!

というわけで、「ゆるブル」10 周年を勝手に祝う特別版の Wheat Ale をつくっちゃいました。

ゆるブル Wheat、樽生・ボトル同時発売です!

なんか、こんな名前のラベル、ぼくも、うちのスタッフも、見た瞬間に「フっ」って笑っちゃいましたが、ちょうどいい感じに「ゆるく」仕上がったような気がします。

色は、いつも以上に曇りをおびた、淡い琥珀色。

ABV 5%、IBU40。

苦味の設定は、いつもの Wheat Ale よりもやや苦目。

IPA 並み、いや、それ以上に アメリカンホップをふんだんにつかって、トロピカルフルーツや柑橘の爽快な香りがバッチリ。

小麦ならではの柔らかな口当たりと相まって、とてもジューシーな飲み口です。

ゆるゆるホップを楽しんでいただきたい、そんなビールになったと思います。

これからの季節にもぴったり。

どうぞよろしくお願いします!




11:50 | 志賀高原ビール | comments (1) | trackbacks (1) | edit | page top↑

GIGANTIC x 志賀高原 part 2 (その4)


L1040418.jpg

これは、実はもう、一月くらい前の写真。

そう、あの GIGANTIC とのコラボビールを、酒樽に入れてるところ。

ベース は、IPA。

その時点でも、いろんな挑戦をしているのですが、それに杉樽のフレーバーを加えようと。

もちろん初めてなので、どのくらいの度合いがちょうどいいかとか、熟成期間も含めていろいろ試行錯誤。

で、そろそろ最終形に近づいてきてます。

現時点でも、想像を上回るくらいの手応え。

多分、「けやき」デビューになると思います。

お楽しみに!







20:34 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新冷蔵庫完成!


L1040618.jpg

ここしばらく、何回か工事の様子をブログに書いてましたが、それがこれ。

新しい冷蔵庫、出来ました!

ぼくが玉村本店に戻って、13年半。

その間、いろんなところに5つも冷蔵庫をつくってきたのですが、それでもすぐに足りなくなってしまう。

というわけで、思い切って大きいのをつくったというわけ。

これだけあれば、当分大丈夫なはず。

相当戦力アップです!






23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

JESTER KING x OXBOW x 志賀高原(その2)


L1030770.jpg

だいぶ時間が空いちゃったけど、続きです。

恒例のコラボスタート。

毎度のことですが、「クリックするだけ」っていうセレモニーが、結構笑えます。

L1030773.jpg

いや、ちゃんとやってますよ。

JESTER KING の ヘッドブルワー、Averie。

L1030781.jpg

OXBOW の Tim と、そのフィアンセ。

はじめての共同作業!?

L1030776.jpg

SNSの時代です。

L1030792.jpg

わが自家栽培のホップを揉む Tim とAverie。

アメリカを代表する Farm House Brewery の二人に、

「お前の方が、よほど ファームハウスだ」

って、言ってもらってうれしかったり。

L1030786.jpg

いやあ、この日も楽しかった。

L1030789.jpg

で、この日のビールですが、もちろん、バレルエイジをします。

だから、完成までには、相当の時間がかかりますが、ご勘弁。

まずは、こいつも日本酒樽からね。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビール屋を、おすすめしない理由。


L1000333.jpg

今日は、畑に集中しようと思っていました。

そのために、仕込の片付けを早く終わらせようと、いろいろがんばったのに苦しんだ昨日。

機械のトラブル。

ドイツとのやり取りのあげく、夜10時頃に、なんとなく理由がわかり寝ます。

で、今日は、昨日やり残したこともあったので6時から。

問題のトラブルは大丈夫そう。

って、思ったのもつかの間。

トラブル再発。

昨日、「わかった」と思った理由がどうも間違っていたらしい。

あれこれやって、解決策を発見。

部品に問題があるいう結論。

仕方ないけど、理由がわかって一安心。

部品発注のメールをドイツに送って、畑に向かいます。

この時点で一時間の遅れ。

お昼を食べないで取り返します。


で、戻ると、また問題再発。

「まじか」


こういうの、けっこうきついんです。

さっき問題の元だとおもった部品は、どうも大丈夫らしい。

わけがわかりません。


再び、あれこれやっているうちに、本当の理由になんとか辿り着いたみたい。

別の部品の問題。

替えの部品が届かないと、完全には解決しないんだけど、ここまできて相当気が楽になりました。


これも勉強なんですが、ここまでのプロセス、なかなかしびれます。

ビール屋を、おすすめしない理由は、このあたり。






23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑