FC2ブログ

E2SB (01) & ゆるブル Wheat 、ボトル発売です!


L1134188.jpg

[4月14日15時7分 追記] おかげさまで E2SB (01) & ゆるブル Wheat ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。弊社Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

E2SB (01) & ゆるブル Wheat 、ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始。

各1バッチ分です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

昨日発売の樽生の方ですが、SE2SB は完売。ゆるブル Wheat もだいぶ残り少なくなっていますが、引き続き販売中です。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

E2SB (01) & ゆるブル Wheat 、樽生から発売です!


L1134177-3.jpg

[4月13日14時2分 追記] おかげさまで、E2SB (01) 樽生は通常版/リアルエール版ともに完売となりました。 どうもありがとうございます。ゆるブルWheat 樽生は引き続き発売中です。ボトルの発売は、もうちしばらく待ちください。

さあ、いきます。

まずは新作から。

E2SB (Experimental Extra Special Bitter 01)、樽生から発売です!

実は大好きな英国スタイル Extra Special Bitter。

醸造を開始する時点で、IPA と ESB のどちらを定番にするか悩んだのは、ここだけの話。

去年の EKG ESBHarvest ESB も、特にビール好きの皆さん中心に、結構褒めてもらいました。

で、ぼくらなりの "ESB" を、もっと追求してみようということで、ちょっとずついろんな実験をしていくことに、

第1弾は、メインのホップに、ぼくらははじめてつかうのですが、"イースト・ケント・ゴールディング" とならぶイギリスの代表的な品種 "ファグル"と、アメリカの新品種 "ザッパ"を組み合わせてみました。

6.0%、IBU32。

IBUは控えめですが、つかったホップの量は IPA にも負けないくらいたっぷり。

というわけで、スタイルから想像するよりも、かなりホッピーです。

モルトの豊かな味わいがありながらもクリーンな飲み口と、オレンジやマーマレードのような香りがバランスした、 "芳潤" な味わい。

これぞ?

少量ですが、リアルエール版のご用意もあります。

L1134171-3.jpg

そして、今年の一発目。

ゆるブル Wheat 樽生も同時発売!

このブログの10周年を記念して生まれたこのビール。

アメリカンホップたっぷりの Wheat Ale は、ずーっとつくってきていましたが、2017年のブログ10周年を機に、ニューイングランドスタイルにしてみたところ、小麦とヘイジーのマッチングがすごくよくて、以来毎年たくさんの皆さんにお楽しみいただいています。

今年も、夏まで、時々つくっていこうと思っています。

5.0%、IBU28。

たっぷりの小麦麦芽に、オーツ麦も加えたボディは、軽やかでドライな印象ですが、小麦ながらの柔らかさも。

苦味は控えめなつもりなのですが、他のIPAたちなみにたっぷりの3種類のアメリカンホップをつかっています。

バレンシアオレンジ的なさわやかな香り。

いつも書いてますが、”ヘイジー” に甘さを要求する人にはおすすめしません。

そういう人からすると、これでも "苦い" んじゃないかな。


軽めの度数と、爽快な飲み口で、これからの季節にはバッチリだと思います。

ぼくら的には、食中酒としても楽しんでいただけると思っています。


E2SB、ゆるブル Wheat 、いずれも1バッチ分です。

ボトルの方は、もう少しだけお待ちください。


どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

そろそろ出番



L1134145.jpg

田舎の風景が続きましたが、今週はこの2ついきます。

よろしくです。




19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

醸造


L1140377-2.jpg

さあて、醸造に集中しないと。


定番を、もっともっとよくしたい。

新しいのを提案したい。


そう、思うけど、ちゃんとできるかずっと不安です。

本当に、そんなことし続けられるのか、自信ないんで。

でも、気がつくと、なんだかいろいろあったり、思ってもいなかったものが出来てたりして、とりあえずここまで来ました。


出会いや、好奇心のおかげかな。

同時に、トラブルや、気候や、重労働との闘いでもね。


引き続き、出来ることを、真面目にやろうと思います。


「とにかくやる」

なんて、書くと、「昭和かよ!」と怒られそうな最近だけどね。






19:44 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新樽初挑戦。ECKHARDT "FROM THE WOOD" ボトル、発売です!!


L1133660.jpg

ECKHARDT "FROM THE WOOD" ボトル、発売です!

まずは、業務用から発売開始。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017 のタイミングで、ご存知ポートランドの伝説的ブルワリー、Hair of the Dog とのコラボで最初に仕込んだこのビール。

もう、つくらないかと思ったのですが、本家にOKをもらって再醸造。

そのきっかけは、写真の後ろに写っている アメリカンオークの新樽。

それも、500L の大きなサイズです。

以前も書きましたが、いままで10年以上、ウィスキーやワインを熟成したあとの中古樽をつかってきましたが、新樽には初挑戦。

最初は、オークの香りの影響が強いだろうからと、それに負けないビールを入れたかった。

考えたときに、最初に頭に浮かんだのが ECKHARDT だったというわけです。

L1170712.jpg

”FROM THE WOOD” とは、本家 HOTD でも、新樽をつかったもののシリーズ。

前回の ECHARDT では、イチローズモルトさんの樽で熟成したピンクのラベルのスペシャル版を少量リリースしたのですが、まあ、その兄弟的な感じかな。

12.5%、IBU74。

結局、樽熟成は16ケ月を越えました。

色は、比較的クリアな明るめの琥珀色。

炭酸のレベルはかなり控えめ。

ちょっとトロッとして、液体の粘度は高めです。

香りは、マーマレードや、杏やいちじくのようなドライフルーツを連想させるフルーティーな感じと、樽のバニラ感が加わった印象。

口に含んだ瞬間に度数なりの甘みは感じますが、決して甘ったるくはなく、フィニッシュにオーク樽由来のタンニンも感じられ案外ドライな印象。

ウィスキーが入ってた樽ではないのですが、ホップの柑橘の香りと、オークの香り、そしてライ麦由来のスパイシーさもあって、結構ウィスキー的な印象が強いです。

アルコールはもちろん感じますが、決して固い印象ではなく、すでにいい感じに馴染んでいると思います。

全体に、まろやかというよりは、クリーンでクリアな感じかな。

ハイボールとかなんかよりはかなり濃厚な印象ですが、案外、食中酒としてもいけちゃいそう。

もちろん、チーズやドライフルーツなんかにはバッチリだと思います。


もちろん、ここからの熟成も楽しみではありますが、今すぐ飲んでも、現時点なりの良さを十分感じていただけると思っています。

だから、すぐ飲む用と、熟成用に何本か必要かも!?


限定4829本。

結構たっぷりご用意できたと思います。


今回はボトルのみの発売です。樽生の一般販売はございませんので、ご了承ください。



新樽への初挑戦。

結構いい感じだと思っています。

ご感想、よろしくです!






12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

まずは、これ!


L1170706-3.jpg


これからしばらく告知が多くなりますが、ご勘弁。

でも、今週の発売はこいつだけ。

とはいえ、是非飲んで欲しいやつです!




20:00 | 志賀高原ビール | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪と太陽!


L1133524.jpg

今回の TAKE ME SKIING IPA のラベルをインスタでみつけた、OXBOW の Tim から、

「今度のビールのラベル、めっちゃかっこいいじゃん!すぐにうちのデザイナーに見ろっていっといたよ!!」

と、興奮気味のメッセージが届きました。


コロナで会えないでいたけど、こんなタイミングで、海の向こうのお洒落男からの反応、うれしいね。


今回のラベルのデザインには、はじめて志賀高原のオフィシャルロゴをつかわせていただきました。

みなさん、このロゴ、ご存知でしょうか?

実は、日本で最初のスキー場のロゴマークだとのこと。


デザインは、亀倉雄策さん。

名前だけではピンと来ない方が多いかもしれませんが、あの1964年の東京オリンピックのロゴやポスターをはじめ、グッドデザイン賞のロゴや誰もが知っている大企業のロゴなどを手がけた、日本のグラフィックデザインを代表する巨匠です。


オリンピックの時は、色は赤と金だけ。そして、組み合わせたものは、丸と五輪マークとTOKYO1964の文字だけ。

たったそれだけで、「日本」で行われる「オリンピック」を強烈にシンボライズして、名だたるデザイナーのコンペで選ばれて、国際的に高い評価を受けたのですが、いまみても、すごいなあと思います。


そんな亀倉さんによる志賀高原のロゴデザインは、青い雪の結晶と赤い太陽の二つだけ。

志賀高原のパウダースノーと、晴天率の高さを表現しています。


今や、このロゴをいまいち認識できない方が増えたように、太陽とパウダースノーという志賀高原の魅力を実感してくれている人も減っちゃったんじゃないか。

もちろん、志賀高原には、上信越公園国立公園に位置する国内最大のスキー場。

雄大な自然の中で、晴れた日に最高の雪質を楽しむのは最高なのです。

もちろん、滑ったあとのビールも!


だから、この機会に、みなさんに快晴のゲレンデで、最高のパウダースノーを実感して欲しいんです。

「わかったよ、二度も言うな」


「ところで、なんで、ロゴが二つ?」

志賀高原の魅力を表現した大切な、そして最高のロゴ。


大事なことは、二回言いたかったのです。









19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私をここに飲みにきて!


L1133490.jpg

TAKE ME SKIING IPA、今週末より地元限定で発売です!

玉村本店のある山ノ内町は、志賀高原、湯田中渋温泉郷、北志賀高原といった観光の町です。

そんな地元にとって、ウィンターシーズンは、一年で一番の稼ぎ時。

ところが今年は、コロナによる緊急事態宣言により大打撃を受けています。

まあ、そんな状況は全国的なことなのですが、乱暴に言えば、一年の大半を冬の間の3ヶ月半で稼がない場所なのにそのうち2ヶ月が緊急事態宣言の対象期間。

お客様の大半は、緊急事態宣言の対象地域(と海外)から。

でも、こっちは緊急事態宣言の対象地域ではないので、お国からの補償とかもありません。

「縁喜」は215年以上、「志賀高原ビール」も15年以上地元のお客様に支えられてきたのですが、こんな状況下、ぼくらになにかできることがないかと考えた結果として、微力ながらやってみることにしたのが、このビールです。


6.0%、IBU 41。

麦芽には、英国産の Low Color Maris Otter という、ちょっと特殊な淡色のものを100%使用。

そこに、ぼくらの大好きなホップ3種類をふんだんにつかってつくった全く新しい IPAです。

意識したわけではなく、いつものぼくらの酵母でつくったのですが、なんだかちょっとヘイジー。

ハッサクみたいな黄色い柑橘の印象に、パッションフルーツみたいなちょっとトロピカルで酸味を連想させる圧倒的な香りと爽快な飲み口。

かなりいい感じの仕上がりになったのではと思います。

商品名には、この機会に是非足を運んで欲しいという願いと、「あの映画」の頃のように地元が盛り上がって欲しいという願いを込めています。


今回は、このビールを、町内のホテル、旅館、酒屋さんといった志賀高原ビールのお取引先、約150社に無料配布します(明日瓶詰めする予定ですが、たぶん約6000本ほどになると思います。)

ですので、この地を訪れてくれるお客様が、このビールを飲んでいただければ、その売上が100%そこの収益となります

インターネットも含めて、その他への販売は一切いたしません。

ギャラリー玉村本店、THE FARMHOUSE、Teppa Room でも扱いはしますが、数量は限定的です。

是非、志賀高原や、湯田中渋温泉郷の各所でお楽しみ頂ければと思います。

お取引先の皆様には、販売に際しまして、改めて、万全の感染対策をお願いいたします。


正直、このビールを目指して足を運んでくださるお客様は決して多いとは思いませんが、シーズン最後の大切な時期にお越しいただいたお客様が、すこしでもニヤっとしていただければと願っております。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

地元限定 IPA


L1133609.jpg

久しぶりの新作 IPA。

すごくいい感じ。

このビールは、100% 地元限定販売となります。




19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

機械が止まる理由


L1170686.jpg

一昨日苦しんだの大っきい方のトラブルは、電気的なやつ。

突然シャットダウン状態になったのです。

どこかに解除の手がかりがあると思って悪戦苦闘したのに見つからず。

でも、ドイツからのアドヴァイスでみてみたら、

「なんでこれに気づかなかったんだ!」

ってほど簡単なやつ。


結果、6時間ほどロスして、日付が変わることになりました。


こういうトラブルが起こる度に、原子力発電所とか飛行機とか証券取引所とかって、大変なんだろうなあと思います。





20:04 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

またまた「ビールなんてつくるもんじゃない」な日


L1133451.jpg
(これを書いてる3時間ほど前。急遽、家から呼び戻された去年入社の大物ルーキー。)


「ビールなんてつくるもんじゃない」

このブログで、何回書いたかな。

でも、今日も、またまたそんな日でした。

それも、かなりの。


例によってトラブル発生。

散々四苦八苦して、一時は2仕込み分の麦汁を捨てる覚悟をしました。

いまさら「四苦八苦」なんてビールつくれないしね。


「もしかしてドイツがロックダウンで動いてなかったらどうしよう」

なんて、心配していたのですが、やっぱり頼れるやつらです。


というわけで、大幅に時間はロスしたけど無事復旧。

大問題が解決したので、遅くなってもハッピーです。


でもね、そろそろ終わりがみえたタイミングで、新たな問題が発生するのです。

原因はわからないけど、この問題への原始的(だけど大変)な解決法を学んでいたので、なんとか今日の仕込みを終えることが出来ました。


いや、本当は「今日」じゃなくなっちゃった。

だから、このブログの日付を小細工してますが、どうか内緒でお願いします。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

不思議な縁


L1150491_202102241954252d1.jpg

会ったことはないのですが、なんだか縁のある人。

もうこれっきりだと思ったのに、忘れられずにまたつくっちゃいました。

別バージョンだけどね。




19:55 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

じゃじゃ馬?


L1170678.jpg

土曜日の写真。

ハプニングで届いた新酵母の二世代目。

せっかくの出会いに期待して、新作を仕込んだのですが、仕込み3日目でも、この勢い。

L1170679.jpg

酵母が元気なのは、ブルワーとしてはすごくハッピーなことなのですが、このサイズのタンクでここまで溢れるのははじめて。

肝心の味はどうなるのか。

楽しみでしかありません。




19:28 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

親バカ的なやつ


L1133450.jpg

毎日の晩酌は、店のタップにつながってるビールでスタートするわけなのですが、今日は信州事変。

こんな状況下なので、バーで飲む機会もないんで、製品になる前のテイスティングはともかく、今年のやつを生で飲むのははじめて。

これが、うまいんです。

リンゴのビールなんていうと甘いイメージで食事に合わなそうなんですが、いやいや。

「刺身にもいけちゃった」って言って、信じてくれます?

IPA なのに酸っぱいって、びっくりする人も多いこいつですが、なかなかいいと思うのです。

去年に続いての2回目となる今回。

基本は同じですが、小さな技術革新もふくめて、あれこれ微調整。


うれしいな。


あっという間になくなっちゃったんで、今年はもう一度つくろうと思ってます。


でも、挑戦してみたい、ちょっと違うバージョンも思いついちゃったり。





19:43 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久しぶりに仕込強化週間


L1170675.jpg

しばらくバレル多めだったけど、今週は久しぶりに仕込強化週間。

気づけば IPA ばっかりなのは、いつものことか!?

今日は、期待の新作をいきなり2バッチ。

いい感じに出来たんじゃないかと思うけど、どうなるかなあ。





20:47 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Imperial Coffee Porer / SHAKISO NATURAL ボトル発売です!


L1133430.jpg

Imperial Coffee Porer / SHAKISO NATURAL ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始。

1バッチ分のみです。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

昨日発売の樽生の方ですが、引き続き販売中ですが残りわずかとなっています。

あわせて、どうぞよろしくお願いします。




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Imperial Coffee Porter / SHAKISO NATURAL、 樽生発売!


L1133414.jpg

というわけで、

Imperial Coffee Porter / SHAKISO NATURAL、 樽生から発売です!

今回で3回目。

すごく気に入っていますし、人気もあるのでもっとつくりたいと思いながらも、またまた一年、間が開いちゃいました。

今回はエチオピアのSHAKISO というナチュラル(←コーヒーチェリーを果肉をつけたまま乾燥させる)製法の豆をたっぷりつかいました。

もちろん、TRUNK COFFEE さんにローストしてもらった豆です。

8.0%、IBU72。

色は、かなり濃い黒。

液体の粘度が高い印象で、泡持ちもすごくいい感じ。

「ぬるり」とすら感じるマウスフィールで、コーヒーの甘みが口に広がります。

ナチュラルの豆由来なのか、カシスやベリーを思わせるような果実感。

度数なりの飲み応えはあるのですが、コーヒーとビールの苦味がバランスして、例によってフィニッシュはドライ。

濃厚で甘味を感じるけど、ドライでスイスイ飲めちゃうなんて、矛盾したことを書いているのはわかっているのですが、本当にそうなんです。

ミルクはつかってないんだけどラテみたいな口あたり、でも味はエスプレッソみたいな濃厚さ、でも、そこまでロースティではない。

乳糖とかはつかってなく、甘いミクルスタウトとは全然違いますので、念のため。

強面なスペックは相変わらずなのですが、意外と「朝から飲める」みたいな感じは顕在。

チョコレートやドライフルーツなんかとはもちろん合うと思いますが、クロックムッシュとか卵サンドとか、サンドウィッチなんかとも最高かなと。

まずは樽生から発売です。

1バッチ分。

少量ですが、リアルエール版も、ご用意しています。



どうぞよろしくお願いします。


ボトルの発売は、もうちょっとだけお待ちください。






12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年のコーヒー


L1170670.jpg

今年はこの豆

すごくいい感じに仕上がったと思います。

今週いきます!




19:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

空いたら詰めます


L1133387.jpg

ぼくらの場合、樽は空けた日にまた詰めます。

乾燥したり、雑菌が繁殖したりするから、間をあけるのはリスクなのです。

でも、もちろん次のビールの準備ができてないといけないから、計画をたてるのは楽じゃありません。

パズルみたいな感じかな。


空いた樽を、どこまで洗うかも、考えるポイント。

時には、「うなぎのたれ」みたいに、前のビールを残す場合もあれば、ちゃんと洗う場合も。


今回は、新樽の2回目に入るわけです。

樽の匂いを嗅いだりして、次を想像するタイミング。

今度は、前とは全然違うやつを入れました。




19:52 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初挑戦の成果


L1133353.jpg

また樽です。

でもね、でかいでしょ。

そう、以前書いたぼくら初挑戦の新樽を、今日空けました。

L1133383.jpg

16ヶ月ちょっとかな。

おおお、そうなるか。

あったかくなる前には出さないとね。






20:12 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑