fc2ブログ

やっぱり飲んでみないとね


L1137232.jpg

今日は、みんなであれこれ山伏を飲みました。

ほぼ全員参加。

仕事ですよ。

社員でも、飲みくらべはもっとやらなきゃなと思いました。

みんなの意見は、大事だし、新たな発見もたくさん。

大事だね。




19:45 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SHIGA KOGEN HELLES!? & 木樽熟成 山伏 "saison noir" 、ボトル発売!


L1137161.jpg

SHIGA KOGEN HELLES!? & 木樽熟成 山伏 / Barrel Aged Yama-Bushi "saison noir" 、ボトル同時発売です!

まずは、業務用から発売開始。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

L1137134.jpg

こちらが、およそ一年ぶりに登場の、

木樽熟成 山伏 / Barrel Aged Yama-Bushi "saison noir"

新ラベルになって2回目のリリースです。

バッチ#3 と表記されていますが、これは木樽熟成 山伏のシリーズを本格的に発売開始してからの番号でして、実は今回で6回目となります。

山伏 弐 / saison noir をベースに、ワイン樽で約14ヶ月熟成させた後、さらに瓶内(三次)発酵をしたのち、約9ヶ月の熟成を経ての発売です。

8.5%。

自然酵母や複数の微生物をつかって長期間発酵・熟成を重ねた味は、もとの saison noir とも全く違う印象です。

カシスやダークチェリー、梅などを思わせる、酸と香りで、赤ワイン (メルロー主体とかの、熟成を経て複雑だけど軽やかな感じの赤)をも思わせる味わい。

樽の香りが豊かで芳醇な印象。

ほのかなロースト香を余韻に感じます。

8.5%という度数からイメージする甘さはなく、キレイな酸味がしっかりして、かなりドライな仕上がり。

生ハムやチーズ、ドライフルーツなんかはもちろん、ローストポーク、クリームソースのパスタ、赤身の肉などなどと、本当に赤ワインのようにお楽しみいただきたいと思います。

「黒いサワーっていいな」って、みんなで気に入ってます。

前回も人気があって、リピートの方も多かったのですが、今回は、5樽分、1233本限定です。


SHIGA KOGEN HELLES!? の方は、発売中の樽生の分、前回よりもボトルは少なめです。

どうぞよろしくお願いします。







12:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最高の偶然


EA5CF6A1-4250-45C9-8F86-8E9ECAB2DA8D-2.jpg

ちょっと前に、OXBOW の Tim から、すごいギフトが届きました。

というわけで、お礼を送ったのですが、届いたタイミングが、OXBOW と、ボストンの巨匠とのコラボの日だったみたい。

TimWill という、世界有数のサワーのつくり手二人に飲んでもらうのも、だいぶ緊張するけど、うれしかったな。

しかし、飲んだね。





19:50 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

馴れるということ


L1137110.jpg

山伏の瓶詰めは、一本一本すべて手詰め。

ボトルに酵母を加えて、再度発酵させます。

昔は、特別な作業だったけど、いまでは毎週とまではいかないけど、かなりの頻度でやってます。

いまだに大変なのですが、馴れるって大事ですね。

かなり、普通にこなせるようになってきてます。




19:34 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新たなちから


L1137091.jpg

本日の仕事。

今月入社の新人が、ぼくらにないバックグラウンドとテイスティング能力をもっていて、ちょっとプレッシャーを感じてます。

たぶん、山伏、もっとおいしくなると思います。




20:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アイティアのきっかけ


L1136865.jpg

みんなで、テイスティングをしていて、あれやこれや。

いろいろ話してるうちに、

「確か、あんなビールあったな」

って、なった瞬間。


結果、新しいビールのアイディアが生まれました。

このビールとは、関係ないのになったけどね。


手元に、かなりいろんなビールがたまってます。

勉強も兼ねて、もっとどんどん、みんなで飲もうと思った日。





20:01 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

待つことしかできない


L1136560.jpg

半月前に瓶詰めしたこいつ。

ここまで手塩にかけた、かなり大事なビールです。

山伏は、シャンパンのように瓶内で再度発酵することで、炭酸がつきます。

瓶詰めのたびに、1-2本の瓶に小さなメーターをつけて、ちゃんと発酵が進んでいるのかをモニターしているのですが、たまにガス圧が全然上がってこないことが。

こいつも、そう。

サワービールの場合は、pHが低いこともあって、再発酵で働いてくれる酵母にとってもハードな環境なので、時間がかかることはよくあるのですが、ここまでのことは過去にはありませんでした。

でも、もはや、ぼくらにできることは待つことだけ。

毎日毎日、数字を確認して、ドキドキしていたのですが、ここにきてやっと元気になってきてくれました。

自分たちが完全にコントロールできないとこにロマンがあるわけで、それに期待してのバレルエイジングなわけですが、時間をかけた渾身のやつですから、最後までうまくいってくれないとね。

とりあえず、安心しました。




19:39 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

白鳥と再会


L1136786.jpg

新潟の白鳥さんたちが、富士山の帰りに寄ってくれました。

あの時 以来だから、一年半以上ぶり。

ついででも、うれしいね。

L1136794.jpg

なかなか世に出ない、コラボの途中経過を確認。

気に入ってくれたみたいで、すごくうれしいです。

名前をどうするかとかも含め、あれこれ確認。

まだ、コラボは続いてるのです。

完成は、まだまだ先になりそうですが、かなりいい感じです。




20:04 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初挑戦 


L1136688.jpg

いちご。

初挑戦です。

L1136691.jpg

果物とか、基本、自分でつくるか、そうじゃなきゃ縁の深くて顔がみえるやつしかつかわないポリシー。

これは、新潟の白鳥さんが送ってくれたやつです。

どうなるかなぁ。








20:13 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

木樽熟成 山伏 / raspberry brown 発売!(+現在のラインアップ)


L1136639.jpg

木樽熟成 山伏 / raspberry brown 発売です!

今回も、業務用だけではなく、弊社 web でも同時発売。


約2年半ぶり、2度目の登場のラズベリーブラウン。

今回のバッチは、だいぶ時間をかけたやつです。

約5年間木樽で発酵・熟成させたブラウンエールに、自家栽培のラズベリーをふんだんに加え約4ヶ月間、再度発酵したのち瓶詰め。

そこから、さらにおよそ21ヶ月の瓶内(4次!?)発酵/熟成を経てのリリースです。

濃いめの琥珀色。

木樽熟成特有の香りの中にはっきりとしたラズベリーの香りが主張します。

超長期熟成ですが、いわゆる紹興酒みたいな熟成香はありません。

ラズベリーと聞いて、「甘いかも」と想像する人もいるかもしれませんが、果実由来の甘やかさはありますが、飲み口はドライ。

木樽熟成と果実からの酸味もかなりしっかりで、繊細な赤ワイン的なニュアンスです。

でも、やっぱりブドウじゃなくてラズベリーなんです。


食前酒というよりは、食中酒として、しっかりした白ワインや、軽やかな赤ワインなんかと相性のよい料理と、幅広くあわせていただけるのではないかと思います。

例えば、果物のソースをかけるような肉なんかと相性がいいのでは?

L1136667.jpg

今回のような超長期熟成でリリースするのは、今回が最後になると思いますし、たぶん次回は相当先になるかと思います。

すぐにはなくならないくらいにありますが、どうぞお試しを。


現在のラインアップは、志賀高原ビールと山伏シリーズあわせて 全30種類。

あいかわらず、すごいことになっちゃってますが、緊急事態宣言が明けてからだいぶ売れてきていますので、残りわずかなものも増えてきています。


志賀高原ビール

定番

志賀高原ペールエール (樽生・ボトル)
志賀高原 IPA(樽生・ボトル)
志賀高原ポーター(樽生・ボトル)
Miyama Blonde(樽生・ボトル)
Africa Pale Ale(樽生・ボトル)
Indian Summer Saison(樽生・ボトル)
DPA(樽生のみ)


準定番

House IPA(樽生・ボトル)
其の十(樽生・ボトル)
Baby Blond Miyama(樽生・ボトル)


限定

Fresh Hop IPA(樽生・ボトル)
IPA Harvest Brew(樽生・ボトル)
KASUMI(ボトルのみ(Web 在庫のみ))
ゆるブル Wheat(樽生・ボトル)
無我霧中(樽生・ボトル)
So Sexy Brown (樽生のみ(残少))
Summer Saison(樽生(残少)・ボトル)
Smol(樽生(残少)・ボトル)
"SHOUBU" no Miyama Blonde(樽生・ボトル)
Imperial Coffee ESB "EL PARAISO"(樽生のみ(残少))


山伏(ボトルのみ)

定番

山伏 壱 / saison one
山伏 弐 / saison noir


限定

木樽熟成 山伏 / raspberry brown
#1705
限定版 山伏 / hop & brett
限定版 山伏 / bramley saison
木樽熟成 山伏 / blonde
木樽熟成 山伏 / red
木樽熟成 山伏 / saison one
UPRIGHT x 志賀高原 木樽熟成山伏 / UPRIGHT MONKEY


あわせて、どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 山伏 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ロケーション


L1136673.jpg

昨日撮った写真のつづき。

いつも、撮影の際に、場所や設定に苦しむのですが、こうして新たな場所はうれしいね。

内装や家具はもちろん、自然光や照明なんかが素敵だと、なんだかいい感じ。


あっ、ちなみに、これが今週リリースの山伏です。




19:55 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

血統書!?


L1136557.jpg

血統書付き的な特別な樽にいれたやつが、果たして「特別」になるのか問題。

いまのところ、血筋の力に圧倒されてます、

ちょっとシャクだったりもするけど、すごいね。




19:37 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大樽


L1136532.jpg

本日の作業は、この500L樽 x 4本。

最初は、ECKHARDT をいれてたやつです。

その後は、山伏用になりました。

フーダーっていう、木製のタンクを買おうかと、何度も考えるのですが、いまのところ、ぼくらにはこんな大樽の方が合ってる気がしてます。

でも、フーダー欲しい病は、頻繁に再発するのですが...






19:30 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

"I have a good news and a bad news."


L1136047.jpg

"I have a good news and a bad news."

"Which one do you want first?"

よく聞くやつです。


えっ、じゃあ悪い方から。


「コロナでビールが売れない。」


だよね。


じゃあ、いい方は?


「こういうのに取り組む時間がある」


そっか。


でもね、


"I have a good news and a bad news、again."

"Which one do you want first?"


また、悪い方からお願いします。

「まだ。あんまり売れない」


そだよね。

いい方、あるの?


「すごい好きって言ってくれる人が増えてる。」


それが、一番うれしいね。








20:10 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エアコンを買いました。


L1135679.jpg

自分の部屋にエアコンはありません。

さすがに、10日前くらいから、窓を開けて寝ていますが、なんだかここ数日はよく眠れるようになりました。

暑さに慣れたのか、湿度が下がったのか。


そんなところに住んでいるのですが、エアコンを買いました。

こんなやつ。

L1135701.jpg

大事なこの子たちのためにね。

ずっと導入を考えてきたのですが、最大2ヶ月くらいしかつかわないだろうなと思って躊躇してました。

でも、だいぶ数も増えたし、ちょっと過保護にしようかなと。

親バカかな!?





20:03 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

念願の梅のやつ


L1135572.jpg

縁のない果物とかは、つかわない主義です。

でも、梅にはずっと興味がありました。

今年は、植えてみたりもしているのですが、収穫はずっと先。

だけど、なんだかいろいろあって、この日は、今年3回目の収穫でした。

今回は、うちの工場とかでもお世話になっている建設会社の男前社長の家のやつ。

L1135608.jpg

これは、一部ですが、いい感じにとれました。

L1135651_2021072420304490e.jpg

で、今年の全部合わせて、つかってみました。

「絶対に梅に合う」

と思う、23ヶ月熟成のやつが、その相手。

どうなるかな。

楽しみだな。




20:33 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

白鳥の湖は長期戦 (Part 3 / 半分瓶詰めしました)


L1135337.jpg

今日は、大事な瓶詰め。

白鳥の湖のひとたちとつくったビール(の、うちの半分)です。

1587本を詰める間(←全部手詰めです)、いつもと同じ風景だけど、どうにか、この状況を表現できないかとみんなで考え続けました。


でも、これが精一杯でした。

名作 Tシャツ!?


素晴らしいコラボがいろいろ。

負けないものになるといいな。


まだ、ここから長いです。





19:57 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

限定版山伏 / bramley saison 新バッチ発売です!


L1135188.jpg

お問い合わせの多かった待望のやつが復活です。

限定版山伏 / bramley saison 新バッチ発売です!

樽生はなく、ボトルのみです。

今回も、業務用だけではなく、弊社 web でも同時発売です。

玉村本店にほど近い、小布施町で栽培された英国原産のリンゴ “ブラムリー“ を贅沢につかい、ドライホップで仕上げたセゾンです。

小布施町で栽培されるようになって長いのですが、その生産に関わる方々が訪ねてきてくれて、その熱意もあって生まれました。

量的にはわずかなのですが、ぼくらが無農薬・無肥料でつくったアルプス乙女という品種のりんごも一部つかっています。

今回で3回目の登場です。


ドライなシードルは大好きですし、ずっと興味があります。

とはいえ、ぼくらはあくまでもビールの会社。

どうせやるなら、リンゴだけのシードル以上の飲み物を目指したいと思っています。


6.5%、IBU18。

ブラムリー由来の爽快な香りと、やや強めな酸味。

ドライシードルを思わせるニュアンスもあるのですが、同時にセゾンの主張もしっかり感じられます。

爽快でドライなのですが、セゾンならではのほんのり甘やかな印象も。

りんごの香りに、セゾンイースト由来のフルーティーさ、そしてレモンやライムを思わせるホップの柑橘系のニュアンスも加わり、シードルというよりは、よりワイン的な印象です。

特に、これからの季節には最高かなと。

食前酒としてはもちろん、サラダや前菜等のみならず、例えば鳥のグリルや天ぷらとか、レモンをちょっと絞りたくなるような料理まで、食中酒としても、かなり活躍してくれるはず。

ちょっとしたパーティーとかの手土産や、プレゼントにもいいと思います。

限定版 山伏 / hop & brett とならんで、リピート率も高い人気の商品です。

量的には、かなりたっぷりあります。

定番の山伏同様、じっくり売っていくつもりですし、今後もつくっていく予定です。

どうぞよろしくお願いします!




12:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

白鳥の湖は長期戦 (Part 2 / 途中経過)


SWANLAKE_June2021blog.jpg

あれから15ヶ月。

樽に入れてから 14ヶ月。

L1135151.jpg

白鳥の湖のひとたちとつくったビール(の、うちの半分)を、樽からタンクに。

大きい樽 x 1本と、普通のやつ4本。

実は、3種類。

結局、これのブレンドがいいということになりました。

もうちょっとしたら、瓶詰めする予定。

でも、そこから、瓶内発酵と熟成もするから、まだまだかな。


でも、すごくいいんじゃないかな。

気長にお待ちください。





19:51 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

時間はあるはずなのですが


L1134996.jpg

トンネルの先を信じて、今週も仕込んでます。

同時に、こっちの作業もあれやこれや。

残念ながら、結構時間がある時期ではあるのですが、やることはいろいろあるなぁ。




19:38 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑