fc2ブログ

虎の穴


DSC00190.jpg

ぼくらの期待ほど売れないのですが、この部屋にはやばいのがいっぱい育ってます。





20:56 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

追記


L1149591.jpg

一応昨日の記事の補足。

久しぶりのエイプリールフールをついやちゃたってやつです。

詳しくは、こちら

反響が、どうだったのかいまいちわからないけど、慌てて注文のお電話をいただいたり、社員が朝から慌ててたりはしました。




20:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

山伏 特別版 / MONKEY & DRAGON 、web 限定で発売です!


L1149572.jpg

今日は特別な一本。

山伏 特別版 / MONKEY & DRAGON 、数量限定発売です!

そう、あの箕面ビールさんとのコラボ、MONKEY & DRAGON を一部だけわけていただき、750ml ボトルで瓶内二次発酵したのち熟成して仕上げました。

L1149584.jpg


本家と並べるとこんな感じ。

リリースの際に、

"桃やマンゴーのようなフルーティなキャラクターと白ブドウを思わす爽やかなアロマ"

と、本家の解説にありますが、本当にフルーツをつかったみたいな仕上がりだったのです。

それがさらにボトルコンディションを経て、きめ細やかな泡の、高級スパークリングみたいに仕上がりました。

バレルエイジではないけれど、「これが正解なんじゃないか」、「もっとつくりたかった」と本当に思っています。

48本のみ、Web 限定での販売となります。

(大変恐縮ですが、数が数なので、厳しめの本数制限をさせていただきます。)

完全先着順。

よろしければ是非!










00:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

期待と課題


L1148972.jpg

長い熟成を経て、樽からタンクにうつった新作。

かなり期待してます。

でも、いいのができたと思っても、あんまり売れないのが目下の課題です。





19:59 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハードなテイスティングの日


L1148948.jpg

この日はなかなかハードなテイスティングの日。

基本、いや必ず、できるだけ樽を空っぽの状態にしたくないので、空けたらすぐに次のビールをいれています。

ですから、空けたい樽があるけど、次に入れるビールがなかったり、逆に、樽に入れたいんだけどどの樽を空けるか思案したりすることになります。

なかなか、これが難しい。

この日は、木樽に移したいビールがあるんで、どれを空けようかと考える方。

とはいえ、瓶詰してもいい候補のビールはたくさんあるので、そこから選ぶのがこの日の仕事。

もちろん、事前にある程度のプランはあるのですが、それぞれがどんなふうに育っているのか予想がつかない部分も大きいので、現場であれこれ飲んで考えます。

L1148959.jpg

結果は、この写真のやつと、もう一種類に決定。

あわせて12本くらいかな。

こいつは、シンプルだけど、新作として十分成立する期待の仕上がり。

もう片方は、木樽熟成山伏シリーズの中核のやつ。

最終的には、どういうブレンドにするか、もう一度テイスティングしないといけないです。


その他に、今回とは別に2種類、約10本もスケジュールに加わりました。


結局、この部屋で3時間近く。

どんな仕上がりにしようかと、議論しながら頭もフル回転。

意外に神経もつかうけど、楽しい時間です。




19:45 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

cherry red #2


L1148910.jpg

明日発売のうちの片方はこれ。

木樽熟成 山伏 / Barrel Aged Yama-Bushi "cherry red"!

ベースのビールは、同じく木樽熟成の "red"。

そこに、ブラムリーでもおなじみの、玉村本店にほど近い小布施町で栽培された サワーチェリー "チェリーキッス" をたっぷりつかって仕上げました。

もとは、ノーススターという品種なのですが、小布施町の農家のみなさんが「チェリーキッス」という愛称をつけて栽培。

鮮やかな赤色と、強い酸味が特徴で、ポリフェノールの含有量は、有名な佐藤錦なんかとくらべおよそ5倍。

バレルエイジのサワーに挑戦するようになって、ずっとチェリーをつかったものに興味はあったのですが、みなさんご承知の通り、ぼくらは基本、自家栽培か関係の深い原料にこだわってきています。

買ってきたピューレとかをつかうのは簡単なのですが、そういうわけにはいきません。

それが、ブラムリーをきっかけに知り合った皆さんが、おなじくこのサワーチェリーもつくっていると知って、実現しました。

ところが、その後、台風による水害の影響等もあってチェリーの生産量が激減。

今回やっと量を確保していただき、3年ぶり2回目のリリースにこぎつけました。


ベースには4樽の "red" を使用。

ワイン樽3本と、イチローズモルトさんのウイスキー樽1本。

43ヶ月と38ヶ月の木樽熟成したもの。

そこに、贅沢に200kgのチェリーを加えて、5ヶ月にわたって、再度発酵・熟成。

さらに3ヶ月の瓶内発酵と熟成を経ての発売です。

詳しくは こちら


色は、もちろん赤ではあるのですが、しっかりチェリーな赤。

7.5%。

バレルエイジの野生酵母・微生物由来の酸味にチェリー キッス由来の酸味があわさって、結構強めではありますが、すごくキレイな酸味。

やっぱりチェリーの味がメイン。

アーモンドを思わせるようなチェリーのコクも感じる甘やかな印象に、シナモンやカルダモンみたいなニュアンスとミネラル感。

ボディの下支えにはウイスキー樽の貢献もあるのかなと。

ベルギーなんかでも、チェリーをつかったもののなかに、すごく甘いのもありますが、この cherry red は、あくまでもドライでサワー。

チェリーをつかったランビックまでの濃さはありませんが、チェリーの主張はしっかりで、逆に食中酒としてはかなり魅力的な仕上がりかと思います。

これを飲んで、ビールだと思わない方も多いのでは?

ぼくら的には、かなり気にいっていて、また挑戦したいのですが、肝心のチェリー自体の栽培者が減っていて、今回が最後になってしまう可能性が高いのが無念です。


限定986本。

自分へのご褒美にも、大事な方へのプレゼントにも最適だと思います。

もちろん、バレンタインにも。

どうぞよろしくお願いします!






20:00 | 山伏 | comments (0) | edit | page top↑

木樽熟成 山伏 / red grand cru #8 H.B. 、発売です!


L1147993.jpg

木樽熟成 山伏 / red grand cru #8 H.B. 、発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

web 限定ですが、大好評の

NEW ENGI と一緒にご購入いただければ、送料無料になるキャンペーンも継続中です!

L1147979.jpg

ちょっと、というか、だいぶ紛らわしいのですが、これで現在 木樽熟成 山伏 / red は、3種類が同時販売中となります。

通常の red #6 と、"grand cru" #7 DB 、そして、この "grand cru" #8 H. B. です。

L1147969.jpg

違いは、こちらのページの バッチ情報 も、ご参照ください。

ラベルの QRコードからも、バッチ情報にアクセスいただけます。

L1148014.jpg

ぼくらも、現在発売中の3種類と、すでに完売となっている 最初の grand cru #5 を加えて飲み比べ。

それぞれに特徴があって、すごく面白かった。

今回の H. B. で特に感じるのは、その果実味です。

いちごや、フランボワーズに、ブラックベリーやカシスなんかのニュアンスも加わった、いろんなベリーを思わせる印象。

最後のワイン樽由来の個性が強く出ています。

酸は強いのですが複雑で、ボディのまるさと力強さとバランスして、エレガントではあるのですが、存在感は強いです。

このシリーズ、同じ grand cru でも、バッチによって価格が違いますが、それは辿ってきた歴史と、ぼくらのテイスティングの結果で決めています。

これからのシーズン、赤ワインなんかをあわせるシーンで、是非お楽しみいただきたい。

自然派ワインなんかがお好きな方には、特に試してみて欲しいです。


今回のも、たぶんもう再現できないであろう、納得の味。

どうぞよろしくお願いします。



続きを読む
12:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

味の違いは伝わるか!?


L1147993-3.jpg

今年最後の山伏はこれ。

木樽熟成 山伏 / red grand cru #8 H.B.

L1148008.jpg

今年の収穫祭で先行開栓し大好評でした。

木樽熟成 山伏 / red の特別版、grand cru。"grand cru" としては第三弾です。

ベースのビールの醸造年は、2015年と2017年。

最後に、写真の、フランスから樽開け後冷蔵コンテナで直送された、ボルドーの某五大シャトーの樽で、30ケ月熟成。

そこから、17ヶ月にも及ぶ瓶内発酵・熟成をして、いよいよリリースです。

くわしい歴史はこちら

味に関しては、明日の発売の際にちょっと書こうと思いますが、元々のワイン樽の影響がかなり顕著です。

限定992本。

クリスマスから年末年始にかけて、ぴったりなやつかなと。

どうぞよろしくお願いします。







20:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年最後の山伏!


L1148012.jpg

今週は、今年最後の山伏!

だいぶ特別なやつです。





20:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最高な飲みくらべの会


L1002541.jpg

ホップ収穫で再会した友と、楽しい飲み比べ。

いまだにバレルエイジのビールをつくる仲間は少ないけど、その最高峰は、やっぱり最高。

L1002544.jpg

こんな顔になります。




21:09 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブルワー同士


L1145581.jpg

West Coast な人たちが来てくれた日。

ちょうど、あれこれ決めなきゃいけないことがあったので、見学ツアーのついでに一緒にテイスティング。

そういえば、ここでぼくら以外と一緒にテイスティングするのは初めてだったかも、

やっぱり、同じビールをつくるもの同士、コメントは的確だし、楽しかっただけじゃなくて、ちょっと心強かったです。

やっぱり、ブルワー感の交流っていいなあと、こんなとき思います。






20:12 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パズル


L1144783.jpg

バレルエイジの新しいやつ思いつきました。

これは絶対やりたい。

どの樽をつかうか。

それをつかうために、どのビールをどう仕上げるか。

季節も含めて、なかなかなパズルだったりします。





19:58 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブレンド会議


L1145075.jpg

先週の、大事なブレンド会議。

ここから2つの商品を作る予定。

どの樽のも、いい感じの仕上がり。

でも、結構個性がそれぞれなので、みんなであれこれ議論。

結果は、正解を選べたんじゃないかな。

まだ、ここからリリースまでには、時間がかかるけどね。




20:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

三年振りの


L1145046.jpg

そうそう、先週はこれをやりました。

やっと手に入って三年振り。

次は難しいかもしれないけど、まずはこれが美味しくできて欲しいです。





20:32 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

研修開始


L1144785.jpg

次のブレンド用の樽を選ぶ大事なテイスティングの日。

今週から合流した、たぶん史上2番目の研修生と一緒に。





20:28 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

再会の日


R0000376.jpg

だいぶ前に自分がつくったやつをキープしてくれてた最高のバーで、大事な友たちとそれを一緒に飲めるなんて、最高なわけです。





23:59 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

未来を信じて


L1143707.jpg

ぼくらの期待からすると、まだまだ、まだまだな山伏ですが、少しずつですが支持してくれる人も増えているかな。

未来を信じて、とにかくつくり続けてます。




20:33 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

木樽熟成 山伏 / cozy "blueberry" & 木樽熟成 山伏 / ume〜、同時発売です!


L1143299.jpg

木樽熟成 山伏 / cozy "blueberry" & 木樽熟成 山伏 / ume〜、同時発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

ume〜 については、昨日の記事 をご参照ください。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

L1143312.jpg

で、こちらが、

木樽熟成 山伏 / cozy "blueberry"

L1141419.jpg

そう、昨年卒業した、「玉村本店最強の男」または 「タケクルーズ」のためにつくった、あの cozy のもう一つの特別版。

イベント等で大人気だった、ブルーベリースムージーの産みの親でもあった彼のために、ブルーベリー版もつくらなきゃと。

もちろん、ぼくらが無農薬・無肥料で一粒一粒手摘みしたブルーベリーをたっぷり使用。

コニャック樽で19ヶ月熟成した cozy をベースに、ブルーベリーを加えて、さらに5ヶ月発酵・熟成したのち、昨年11月にボトリング。もちろん、ボトルコンディションで仕上げました。

くわしくは こちら

L1143324.jpg

9.0%。

色は鮮やかなピンク。

一口飲んで、

「これがあの cozy と同じビールなのか?」

という声多数。

もはや、なんの飲み物かよくわからないくらいのフレッシュな果実味とキレイな酸味。

なんだか度数を感じさせないドライな飲み味は、ワインのようでもあり、オリジナルとはだいぶ印象が違います。

果実感は、もちろんブルーベリー由来なのですが、そこにコニャックの影響が加わって、ブドウのような印象も。

とはいえ、フィニッシュには、ノーマルの cozy と共通する、樽の重厚なニュアンスも。

やっぱり、飲んでいるうちに感じるボリューム感は、同じ木樽熟成でフルーツをつかった grand rougeoverslept strawberry & blueberry なんかとも一味二味違う印象。

「最強の男」の繊細な一面を垣間見たような意外性を感じます。

いろんなシーンで飲めそうだけど、フルーツのソースを添えた肉料理とか、チーズケーキやダークなチョコレートケーキなんかと一緒でも良さそうな感じ。

L1143309.jpg

cozy 同士の飲み比べも是非!

ブルーベリー版の方は、ちょっと量が少なめです。

L1141780.jpg

ブルーベリーも梅も、みんなで収穫した思い出いっぱいのやつ。

どちらも、いい出来だと思っています。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ume〜


L1143327.jpg

さて、今年最初のリリースは 375ml サイズの山伏2本。

まずこちらは、

木樽熟成 山伏 / ume〜


梅をつかった木樽熟成のブラウンエール。

名前は、わかりますよね!?

ベースのビールは、仕込直後から複数の酵母と微生物を用いて主発酵を行い、23ヶ月、ウイスキー樽で熟成をしたブラウンのサワーエール。

そう実は、あの OXBOW とのコラボ、木樽熟成山伏 ore no sake ga nome ne no ka とほぼ同じ感じのをもう一度挑戦したやつ。

違いは、ore no sake ga nome ne no ka は、主発酵からウイスキー樽をつかったのに対して、ステンレスのタンクで行ったところくらい。

で、この特別なベースのビールに、加えたのが2021年にぼくらが収穫した梅。

THE FARMHOUSE の庭のと、玉村本店準構成員のお世話になってる建設会社の男前社長の庭の梅です。

これを加えて、さらに10ヶ月発酵・熟成したのち、去年の5月にボトリング。

そこから、さらに約8ヶ月、瓶内二次四次発酵と熟成を経てのリリースです。

詳しい経緯は こちら

L1143336.jpg

7.0%。

色は濃いめのブラウン。

木樽や微生物由来の複雑な味に、キレイな梅の酸味。

ちょっとローストやカラメルのニュアンスも感じます。

まあまあ高級な梅酒ってわけです。

食事の後半から、デザートまで、ゆっくり楽しんでいただきたい感じ。

焼き鳥とか、鴨とか、いいかな。


気づけば2年9ヶ月もかかったのですが、いい感じです。


もう一つのと一緒に、明日発売の予定ですので、よろしくです!







19:00 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年最初は、この2本。


L1143299.jpg

業務連絡の返事は、ちゃんと来たのですが、今週は忙しいらしい。

でも、予定通りいきます。

今年最初のリリースは、375ml の2本です。





20:25 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑