2010年 05月
31日(月)
30日(日)
29日(土)
28日(金)
27日(木)
26日(水)
25日(火)
24日(月)
23日(日)
22日(土)
21日(金)
20日(木)
19日(水)
18日(火)
17日(月)
16日(日)
15日(土)
14日(金)
13日(木)
12日(水)
11日(火)
10日(月)
09日(日)
08日(土)
07日(金)
06日(木)
05日(水)
04日(火)
03日(月)
02日(日)
04 | 2010/05 | 06

今からでも!


L1002383.jpg

娘が一輪車をすいすい乗りこなす姿を見て、

「オレも小さい頃からやっときゃなあ~」

なんてつい思うのですが、

もう無理だと思わずに、いまからでも始められることもきっといろいろあるのかもしれません。

あれとか、それとか。

もしかしたらそれ以外にも。

考えてみないと!
23:59 | 雑文 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ある親娘の会話


L1002203.jpg

元大型新人。

あっ、もう大型ではないってことではなくて、新人じゃなくなり、立派な主力になったってことです。念のため。

昨年、ホップ摘みにも参加してくれた中学生の娘さんに、

「お父さん、最近どんなしごとしてるの?」

と聞かれて、

「ホップ畑で蔓上げをしたり、そろそろ田植をやったりだ」

と答えたところ、

「なんか、いいなあ。そういうの。」

といわれたそうです。

娘さんにお父さんの仕事を、そんなふうにいってもらえるのも、なんかいいです。
23:59 | 玉村本店 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一週間


10B033011.jpg




月曜日は収穫線を張って、
火曜日は朝から晩まで瓶詰。

水曜日も瓶詰めで終わり、
木曜日は仕込みと蔓上。

金曜日も仕込みと蔓上、
土曜日は、草刈りして畑をおこす。

この季節は、これがぼくらの、一週間の仕事です。

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー

(これはビールホップ班の歌。田植え班の歌はちょっとちがいます。)



誰が決めたか一週間は七日間。

やっぱり、ちゃんと体を休める日も必要だと実感します。

酒がうまい!
23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こっちもスタート


L1002267.jpg

美山錦の田植えもスタート。

ホップ畑チーム、田植えチーム、ビール仕込みチーム、通常業務チーム。

少ない人数で、みんな複数の仕事を掛け持ちです。

今日は気持ちよく晴れたのですが、それでも相変わらずの涼しさです。

田植機で植えるだけなら天気がよければ4-5日で終わるはずなのですが、そのあとで田んぼに入って手で植え直しが必要なところの手直しをします。

こっちが重労働。

何日かかるか。

みんなのがんばりと、天気次第です。

23:59 | 自家栽培米 美山錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蔓上げスタート


L1002210.jpg

なんとか収穫線も張り終えて、ホップの蔓上げスタート。

丸坊主にした株も、こんなにもじゃもじゃに。

それでも今年の天候のせいで、去年よりも二週間近く遅れています。

時おり雨があたりますし、だいぶ涼しいです。

でも、作業するにはこの肌寒さもちょうどいいと前向きに考えることに。

L1002223.jpg

顔は真剣。

それぞれの株を、基本的には二方向にV字に上げていくのですが、どれを残すか結構神経を使います。

あまり早く育った物はだめ。

生えている場所も大事です。

自然に蔓が絡むように、無理のない方向に上げてやることも必要。

L1002213.jpg

日照をうまく生かせるように、畑全体を考えて、どの蔓をあげるかいいかも重要なポイント。

大変ですが、意外に知的なゲームでもあります。

まだまだ続きます。
23:59 | ホップづくり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ご機嫌とりの日々


L1001994.jpg

雨だと思ったら陽がさしたり、暑かったはずなのに急に厚着をしていたり、毎日天気がころころ変わります。

「雨天決行」があたりまえの玉村本店でも、さすがに天気予報は気になります。

今週末からは田植えの予定。

ホップの蔓上げも、もうしないと。

麦の方は、すごく元気だけど、これだけは今のところ何にもしなくてもよさそう。

これに加えて、タンクの中のビールの経過、酵母のタイミング...

醸造ってのは、生き物を扱っているわけですが、それに「農」が加わると生き物だらけ。

おまけに天気まで。

みんなの機嫌をとるのが大変な季節です。
23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「バルブの祭典」


L1002188.jpg

今日は山伏の瓶詰め。

一本一本手詰めですので、タンク1本詰めるのに最初から終わりまでで12時間以上。

本当に手間がかかります。

ボトルコンディションで、1本1本に均等に酵母と糖分がいきわたるように気を使うのですが、そのために試行錯誤していまのところ行き着いているのが写真のセッティング。

無駄なようでも、ひとつひとつに意味があるのです。

これをみた、たかしくんの、

「なんだこりゃ、まるでバルブの祭典だなあ」

の一言に一同大笑い。

笑いは大事なのです。
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金紋錦の実力


L1002183.jpg

先週末発表された、全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。

金紋錦で挑戦して三年め。

一昨年に続いての金賞受賞です。

この鑑評会、以前も書いたかもしれませんがいまだに出品酒全体の84%が山田錦。

鑑評会で受賞するために酒をつくっている訳ではないといつもいってるのですが、一方で、長野の米にこだわるぼくらとしては、地元の米で受賞できるのはとてもうれしいのです。

先週は、東京で長野の酒メッセにも参加したのですが、そこでも金紋錦の酒が大人気。

無濾過生原酒、純米吟醸、そして純米大吟醸と、やはり金紋ならではの味わいにご支持いただいているのを実感します。

やはり、この地ならではのうまい酒をつくりたいといつも思っていますので、酒づくりの技術はもちろんのこと、やはりその原料が地元でとれて、かつ実力があるということはすごく大事ですし幸せです。

これからもよりよい酒を目指していきたいと思います。

金紋錦の実力、まだお試しでなければ是非!
23:59 | 縁喜 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ウド


L1002152.jpg

なんか畑の写真が続いていて、本当に酒屋のブログじゃないみたいだなあと改めて思いながらも、また畑での一枚。

これは、新しいホップ畑に育っていたウド。

L1002175.jpg

もちろん、当日の食卓に直行。

やっぱりこの季節、穫れたてのこういうものが一番うまいです。

あっ、もちろん日本酒と一緒にです。
23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

開花


L1002148.jpg

ブルーベリーの花が咲いてます。

こういう花だったんだ。

清楚な感じです。
23:59 | 玉村本店 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

二年目の実験


L1002121.jpg

メインの畑よりも一足早く収穫線を張り終えたのが、雑草PJの実験場所。

去年は、一年目だったからなのか、日照や雑草等の戦いのせいだったのか、ほとんど収穫はなかったのですが、ほぼすべての株が春になってちゃんと芽を出してきています。

こちらは、基本は「自然に」ということで、棚もつくってませんし、株をほりおこして拵えたりもしません。

ただ、さすがにからまる場所はつくってあげようということで、そこにある木を利用して収穫線を張り、顔を出してきている蔓を絡めました。

もうしばらくすると、畑の木に葉っぱがついて日照をだいぶ遮ってしまうのが気になってはいるのですが、とりあえずこのままいってみます。

さあどうなるか。
23:59 | 野良仕事 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

収穫線


L1002168.jpg

昨日の午前、仕込みの合間に畑に。

ホップの蔓が絡むための収穫線をぶらさげる作業です。

株の数が増えた分、収穫線の本数も500本を大きく超えます。

ホップの蔓上げをするまでに、全部終わらせないといけないのですが、昨日はとりあえず新しい畑の新品種の分。

時おり雨がぱらつくなか、なんとか三列終了。

残りも、近いうちに片付けないと。

結構、やることが続きます。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

穂 !!! (その2)


L1002125.jpg

「なんだ、またか」っていわれそうですが、なんせ初めてなので興奮するんです。穂をみると。

これは、このあいだの小春二条の下の畑で育っているファイバースノウの方。

やっぱり、品種でタイミングがだいぶ違うんですね。

ちゃんと収穫して、味の違いまでちゃんと評価できるかな。

でも、とにかく今のところ順調なのです。
23:59 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新品種その後


L1002131.jpg

新しい畑に植えた新品種

もう一月以上も前に植えたのに、やっとこの大きさ。

これでも、中では育っている方です。

なかなか出てこないので随分心配したのですが、ここにきてやっと、ほぼ出揃いました。

まだ、先輩達は丸坊主から回復途中。

ですので、この子達も全然出遅れてもいない訳です。

やっぱり、生き物は知っているんですね。

いつ出てくればいいか。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

苗の子守り


L1002138.jpg

美山錦の赤ちゃんたち、成長してます。

毎日、その日の温度や、陽のあたり具合に応じて面倒をみてます。

暖かく、日差しの強かった今日は、昼間はビニールを外し太陽の光をたっぷり浴びさせてあげます。

夕方には、こうして屋根をかけてあげます。

甘やかしてもいけないし、厳しすぎてもいけないし。

田植えは、今月末くらいです。
23:59 | 自家栽培米 美山錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

モルト到着


L1002105.jpg

モルトが届きました。

現在は、イギリスとドイツのモルトをつかっているのですが、この日は両方の国から10トン超まとめて到着。

L1002107.jpg

最近は、ヨーロッパから日本への直通の船便が減ったとかで、今回もだいぶ前に発注しておいたのですが、届いたのはぎりぎり。倉庫はほとんど空っぽでした。

倉庫の近くまではフォークリフトで運べるのですが、後は手作業。

力持ちぞろいですので、助かります。

L1002111.jpg

最後は、身動きがとりづらいくらいにビッチリ。

しばらくちょっと作業に苦労しますが、仕方ありません。
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

基準


10B025005.jpg

何気なく撮ったこの写真。

みてたら、どこが正しいまっすぐかわからなくなりました。

当たり前の正解なんて、意外にないものなのかもしれません。
23:59 | なんか気になるもの | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雑感


10B024004.jpg

これは株をこしらえる前の写真ですが、今は株たちは裸ん坊。

肌寒い感じのここ数日、ちょっと心配になります。

すぐそこの山の上が雪で白くなってるんですから。

でも、ちゃんと新しい芽がでてきているので、なんとか一安心です。


今日は、定番にしたいんだけどなかなかできないあのビールの10回目の仕込み。

毎回、ちょっとずつかえながら仕込んでますが、やっとそろそろ固まってきた感じです。

いつも感じるのですが、「限定ビール」なるものを一回でバッチリだと思えるレベルにもっていくことはほとんどできません。

僕らの実力不足なのでしょう。

まあ、定番でもいまだに試行錯誤しつづけているのですから、当然かもしれませんが。

だから、あれこれ食い散らかさず、本当につくりたいものに集中しようといつも思っています。

ほんのちょっとの違いなのですが、回数を重ねて、はじめてイメージに近づくのです。

まだまだですね。
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

穂 !!!


L1002092.jpg

穂です!

ああ、もうそれだけで感動。

よくみると、本当にビールのラベルとかでみるのみたいでまた感動(←当たり前なのですが)。

いつもつかってたはずなのに...

ああ、麦なのです。
23:59 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

John Mayer のライブに行く。


RIMG0007.jpg
(最前列の特権で、たまたま手に入れたピック。ギター小僧ならたまらないかも。)

John Mayer のライブ、いってきました。

前も書いたと思うのですが、好きな曲がかなりの割合でライブ音源だったりするのですが、実際のぼくは出不精なもので、ライブは本当に久しぶりです。

それもライブハウスみたいな小規模な場所じゃなくて、今回みたいなホールのコンサートはいったい何年ぶりだったか?

そんな僕が今回のチケットを入手できたのも、このブログがきっかけ。

何度か John Mayer のことを書いたのを覚えていてくれた方のおかげです。

で、いってみるとなんと最前列のほぼ真ん中。

最近ひいた風邪がなおりきってない僕ですが、まさに John Mayer に風邪をうつせるくらいの近さなのです。

で、みてきました。

なんと、口パク!

だったらびっくりするんですが、もちろんそんなのは嘘で、実際はその全く逆。

今回は本人も含めてギター三人のバンド編成でしたが、一人でギター一本だけでも何時間でも聞かせちゃうんだろうなあと想像できるくらいのすごさ。

単にアルバムを再現するのとは全く違う、まさに「ライブ」でした。

いやあ、よかったです。

私生活での話題等いろいろあるみたいですが、やはり本物は違います。

できれば、いつか Trio での ライブ、みてみたいなあと思いました。

音楽であれなんであれ、これだけ人を惹き付けることができるってすごいです。うらやましい。

それから、やっぱり実際に本物を体験するということも大事ですね。

出不精なおさないと。

UGさん、ありがとう!
23:59 | Music | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ゆるブル三周年。


10B017002.jpg

いつもだらだらと、どうでもいいようなことを書いてますが、今日でこのブログも四年目突入です。

「ひまだと思われるから、毎日なんて更新しない方がいいよ」

なんて身内にいわれながらも、本人も予想していなかった毎日更新継続中です。

変な意地や義務感でやっていないかといわれて、否定できない日もないではないですが、これはこれで、もうある意味、ぼくの生活のリズムの一部みたいでもあります。

とはいえ、能天気なぼくでも、さすがにたまには、会社のこと、自分のことなんかについて、

「このままでいいんだろうか」

とか考えます。

ビールをつくっていてもそうです。

ただ、現状維持に甘んじてはいけないと思う一方で、「とにかく数をこなすことでみえてくるもの」もあるような気がします。

正解はわからないのですが、わからないからこそ、とりあえずできることを積み重ねていこうと想っています。

必要なら全部壊して、つくり直すくらいの覚悟は持ちながら。

これからも、だらだらいきますが、おつきあいください。
23:59 | 雑文 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

肉体系草食企業の新人


L1002028.jpg

ブログ初登場の彼は、二月に入社した新人。

名前は、そうだな、なぜかこのボルボのつなぎを10枚以上持っているというので、とりあえずボルボ君でいきましょう。

まだ二十代の彼。

うちにくる前は、東京都内で働いてました。

そんな彼も、もう三ヶ月が経過し、立派に玉村本店の戦力となっています。

先日テレビでやってた、おじさんおばさんと若者たちとが討論する番組を、何気なくみてました。

全体的に「肉食系の大人」たちが、一方的に「草食系の若者」たちにもの申すみたいなトーンでしたが、あんまりかみ合ってない感じもうけました。

みながら、おっさん中心の玉村本店は、はたして「肉食」なのか、それとも「草食」なのかと、考えちゃいました。

もちろん玉村本店も、ちいさいなりにも一応会社ですから、ちゃんと商売がなりたたないといけませんし、少しでも多くのみなさんに「おいしい」「おもしろい」といってもらいたい気持ちはあります。

でもだからといって、縁喜や志賀高原ビールで世界征服はおろか、日本征服をしようとも全く考えていません。

そういう意味では、「草食」っぽいのかもしれません。

野草も好きですし(そういう意味じゃないか)。

でも実際の現場では、

「がたがたいわずに、まずは動け!」

みたいな気風が強く、これはどうも「草食」っぽくはなさそうです。

(これだけ読むと、なんか命令に絶対服従のひどく軍隊みたいな会社を想像するかもしれませんが、実際は逆で、少人数でいろいろこなさないといけないので、やりながら考えるみたいな感じなのです。わかるかな?)

無理矢理どちらかに当てはめる必要もないと思いますが、まあ肉体系草食企業ってところでしょうか。

ボルボ君が、草食的かどうかは別にして、こんな会社に若い新人。

はたしてかみ合ってくれるのか、不安でもありますしたが、いまのところは周りの想像以上に「動いて」くれてます!
23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おがくず撒き


L1002073.jpg

ホップ畑での作業中、Tさんが軽トラになにかを満載して登場。

袋の中身は、おがくず。

L1002076.jpg

剪定をおえたブルーベリーのまわりに撒いていきます。

ブルーベリーの根は、細くて浅くはるということで、乾燥に弱いそうです。

水分の蒸発を抑え、この根を保護してあげるための作業というわけです。
23:05 | 玉村本店 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夢のくるま


L1002039.jpg

ホップ畑での作業の休憩時間。

となりの畑のSS(スピードスプレーヤ)に突然関心をしめす轟君。

「格好いいなあ!」

と、勝手に運転席に。

「みてよ、これ。すげぇー格好いいよ!」

と完全に興奮状態。

L1002038.jpg

本人には、往年のアルファロメオとかに見えるようです。

とまってるのに、必死のハンドルさばき。

めざせミッレミリア!

めざせ長野の堺 正章!
23:59 | 玉村本店 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

株分け ~ 終了


L1002044.jpg

株を掘り起こして「こしらえる」と同時に、「株分け」もしていきます。

ホップは、この株分けで増やしていきます。

余分な分を切り落として坊主にする際に、株分けに適した部分を切り分けます。

L1002042.jpg

写真を撮るために陽の当たるところに置いてますが、本当は乾燥させないように注意します。

これを、枯れたりネズミに喰われたりして欠株したところにうえていきます。

去年に続き、ことしもカスケードの何株かにネズミの被害が。

カスケードだけがうまいのか?

L1002061.jpg

ことしつくった新しい畑の、新品種を植えた以外の場所にも信州早生を移植。

二日にわたった作業。

株数はすくなくても、ひとつずつの株が巨大化している信州早生には、だいぶてこずりました。

おまけに、今日はだいぶ雨にも降られましたが、みんなで集中してやったおかげで、無事終了。

みんな泥だらけ、へとへとです。

ご苦労様。

次は、元気に芽が出てくるのを待ちます。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

勇気


L1002031.jpg

今日の作業。

もう四年めなのですが、すごく勇気がいるんです。

というわけで、またお願いして先生登場。


L1002051.jpg

右のような元気に繁ってきたホップを、無惨にも左のように丸坊主にする作業。

もったいないような気もしますし、怖いです。

でも、過去の実績からいっても大丈夫だし、何しろ信じる物は先生だけ。

心を鬼にしてやるのです。

L1002050.jpg

今年三年めに入ったアメリカ品種の畑も含めると、300以上の株をすべて掘り起こし、手作業で丸めていきます。

とてもじゃないですが、全部は終わりません。

夕方には、新品の鎌が切れなくなったのか、なまった身体からパワーが奪われたのか、一つの株をかたづけるのに15分もかかります。

というわけで残りは明日にもちこし。

ビールがうまいです。

よく眠れそうですが、筋肉痛が怖いです。

年をとると筋肉痛が遅れてくるともいいますが、今日の感じでは明日ちゃんときそうな気がします。

だからといって、俺は若いんだと喜べもしなそうですが...
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

爽やかな日々


L1002015.jpg

すばらしくさわやかな天気にめぐまれたGWも終了。

玉村本店的には、ゆっくりするというよりも稼ぎ時なわけで、ぼく自身にとってもそんなにアクティブな休みではなかったのですが、たまたま読んだ「天地明察」という本が、すごく面白かったのが収穫でした。

本当に夢中になって、一気に読み終えたのですが、まさに「さわやかな読後感」でした。

天地明察というのは、天気予報とは無関係なのですが、もうしばらく(せめてあと二日)このままさわやかな日が続いてほしいです。
23:59 | 雑文 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さあ、はじまります!


L1001894.jpg


天候の影響で、去年よりも10日ほど遅れてしまいましたが、GW終了と同時に、ホップ畑でも作業開始です。

この遅れのお陰で、ぼくの肋骨もだいぶ回復しました。

田んぼの堆肥まき同様、こちらもまた結構な重労働。

助っ人、大歓迎です!

まあ、あんまり期待してませんが。
23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

春の「香り」


L1001958.jpg

ブルーシートの下は、冬を越えた、麦芽粕の自家製堆肥。

やっと天気になってきたので、このシートを外せるようになりました。

さすがに外したばかりは「いいにおい」。

田植えまでに、この堆肥をまいて、おこしてと、作業が続きます。

これがかなりの重労働。

でも、やらないわけにはいかないのです。
23:59 | 自家栽培米 美山錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

桜の季節は終わっても


L1001991.jpg

忙しかったこの一週間。

仕込みを終えて、桜を撮ってないやとちょっと車で出かけました。

でも、すっかり見頃は過ぎちゃっていて、結局桜の写真は一枚も撮らず。

あっというまでした。

ただ、畑にはいろんな果樹の花が咲いてます。

派手ではないけど、これはこれでいいものです。
23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑