FC2ブログ

「特別な夏」の途中経過報告


L1132234.jpg

昨日は、今シーズンの Harvest Brew (生ホップ収穫仕込)第3弾をしました。

本当は、今日が第4弾の予定だったのですが、断念。

気候の影響もあるのか、収穫が少ないです。

いままで出たことのない虫の影響もあったり。


というわけで、今年の生ホップ版は、いつもより少なくなりますが、どうかご勘弁を。


でも、すでに仕込んだ2本を今日試飲したところでは、味の方はかなりいい感じ。


ちょっとホットしてます。




20:00 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Smol(スモール)& bramley saison、ボトル発売です!


L1132199.jpg

Smol (スモール) & bramley saison、ボトル発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

いずれも1バッチ分です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

L1170093.jpg

昨日ご案内した Smol に加えてのこちらは、

初登場(!?)の bramley saison。

玉村本店にほど近い、小布施町で栽培された英国原産のリンゴ “ブラムリー“ を贅沢につかったセゾンです。

小布施町で栽培されるようになって長いのですが、その生産に関わる方々が訪ねてきてくれて、その熱意もあって生まれました。

あの 限定版山伏 / bramley saison と同じビールではあるのですが、こちらはボトルコンディションではありません。

「より手軽なサイズで飲みたい」

というリクエストにお応えして、山伏シリーズとは別に、330ml サイズで初登場というわけ。

専用につくったセゾンがベース。

たっぷりとつかったブラムリーに加え、量的にはわずかなのですが、ぼくらが無農薬・無肥料でつくったアルプス乙女という品種のりんごも一部つかい、さらにドライホップして仕上げました。

ドライなシードルを思わせるような爽快さですが、どうせやるならということで、りんごだけのシードル以上のものを目指しています。

L1132181.jpg

ブラムリー由来の爽快な香りと、強めな酸味に、ホップの柑橘系のニュアンスも加わり、シードルやスパークリングワイン的な印象。

食前酒としてはもちろん、サラダや前菜等のみならず、例えば鳥のグリルや天ぷらとか、レモンをちょっと絞りたくなるような料理まで、幅広くカバーできる仕上がりです。

ボトルコンディション(瓶内二次発酵)で仕上げた、山伏シリーズの750ml版 の方は、泡の感じやガス圧の設定の影響もあって、よりワインやスパークリングワイン的な印象が強かったりします。

飲み比べていただくのもおもしろいと思います。

今回の 330ml 版は、ボトルのみで、3286本限定です。


Smol、bramley saison に加えて、ゆるブル WheatSALTY HOP など、この季節にぴったりな他の限定もありますので、あわせてよろしくお願いします!




12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Smol(スモール)、樽生から発売です!


L1132192.jpg

例年、お盆の週に限定商品の発売はしないのですが、今年の夏は、遠出をしないで過ごすみなさんも多そうですし、昨日も書いた通り、ものすごく暑いので、それ用のやついきます。

Smol (スモール)樽生から発売です!

昨年はじめてつくって、大好評だったこいつ。

あらためて書きますと、

"志賀高原ビール史上、もっとも低い度数ですが、他の IPA たちにも負けない大量のホップをアロマホップとしてつかったビール。

いちばんちっちゃいビールということで、Smol という名前にしました。Small のスペルを崩したこの綴り。ちっちゃくて、かわいいってニュアンスです。

度数は低いのですが、Golden Promise を主体としたモルトの配合と、いままでやったことのない仕込み方法により、味わいはしっかりしていて、水っぽさみたいなのは全くありません。柑橘の香りはばっちりで、永遠に飲んで入られそうなやつです。

並みいる強者を軽快にぶっちぎる、ライトウェイトなスポーツカーのイメージ!?"


3.5%、IBU14。

こいつに関しては、毎回レシピを微調整したり、ホップの組み合わせを変えたりしているのですが、今回はちょっとヘイジー。

ホップは、シトラ、モザイク、ギャラクシーという、キャッチーな組み合わせ。

あの KASUMI の度数をさらに抑えた感じで、もうこの季節には、いくらでもいけちゃうやつです。

繰り返しますが、他の IPA たちに負けないくらい大量につかったホップによる柑橘感に、ヘイジーな仕上がりゆえ由来のジューシーさが加わった感じ。

少量ですが、リアルエール版もご用意しています。


というわけで、現在、この Smol に加えて、SALTY HOP、ゆるブル Wheat と、暑い季節に最適なラインアップが揃っていますので、どうぞよろしくお願いします!


ボトルの方は、もう1種類、夏にぴったりのやつといっしょに、近々発売しますので、もうちょっとだけお待ちください。




00:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏のピーク


L1132221.jpg

車の温度計が38度の日。

道路の温度計は37度。

多分、公式は35度くらいだけど、こんなとこでもそんなに暑かった日でした。

今週が、夏のピークなのかも。

お盆だからやめとこうかなと悩んでた『暑い日用のビール』、前倒しで発売しようと決めました。


で、畑に。

撮影といっしょに、ホップのチェック。

ここにこないと醸造計画が決まらなないのがこの季節。


「暑い!」

なんて、いってられるのも、もうちょっとだけかも。

今年の夏は、短そうかも。




20:11 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

黒いやつ


L1170084.jpg

実は、何年か前から、こんなのも育ててます。

少しずつ増やしてきたのですが、今年は、なかなかの量になりそう。

どうつかうか、考えないとね。





19:31 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お願いだから、定番にしないで!?


L1132099.jpg

こんなのが届きました。

あのスワンレイクさんんが、23周年でつくったピルス!

「コロナ」でイベントができない年となっちゃったのですが、周年にむけてつくってきたのが、まさかの豪速球。

定番の "越乃米こしひかり仕込みビール" は、もちろんうまいのですが、スワンレイクがオールモルトのピルスナーをつくったとあって、すごく気になってました。

届いてすぐに、ヘッドブルワーの本田くんにお礼のメッセージ。

「ブルワーの言葉がいちばん技術向上に繋がるから、よろしく!」

なんて返ってきて、気の弱いぼくは、プレッシャーで、なかなか飲めなくなっちゃいました。


でも、意を決して、暑い日の夕飯の1杯目にいただくのです。


「スワンのピルスだもん、美味いに決まってるじゃん。」

と、ハードルが上がってるわけです。


でもね、

「ごめんなさい」

って感じ。

高かったはずのハードルは、簡単に超えられちゃいました。


クリアなのに、想像以上にモルティ。

華やかなのにちょうどいい苦さ。

すぐになくなっちゃうのに、なに、この満足感。


いつも「やり過ぎがち」の自分を反省。

なんで、美味しいビールを飲んで落ち込まなきゃならないのか...


本当は、スタッフのみんなと、「くんくん」しながら、ちゃんとテイスティングしてコメントを返すつもりでした。

でも、全部自分で飲みます。

みんな、ご、ごめん。


でも、ちゃんとしたコメントをするには、本数が足りないなあ。


ピルスナーって、ぼくらはもちろん、世界的にも気の合うブルワーがみんなが大好きなスタイル。

でも、その「うまさ」を実現するには、すごく技術も時間も必要だし、それでいた差別化に苦労もする、一番むずかしいやつ。

ぼくも、いつか最高のピルスナーをずっとつくれるようになりたい。

マジで、そう思ってます。



スワンレイク さんには、(くやしいから)これを「定番にしようとなんか決して思わず」、でも、ずっとつくり続けて、ぼくらにコメントさせて欲しいです。

いくらでもつきあいます!




20:04 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

社長の仕事


L1170078.jpg

昨日の記事をみて、

「俺がエースじゃなかったのか」

と、気にしていると思われる二人をフォローしたりするのも、社長の仕事の一部です。





19:00 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エースの条件


L1132019.jpg

たぶん、うちのエースモデル。

「勘違いだ!」

と言われるのを覚悟して書きますが、玉村本店、なかなかキャラが揃ってると思ってます。

でも、エースには、いろんな要素が。

容姿は、もちろん大事です。

でも、カメラの前で、照れずに「求められているもの」を自然に表現してくれたり。

最近は、アーティストとしての能力とか、バラエティの能力とか、いろんな側面が必要な時代。

これをみて、

「くそっ」

と思ってる、エース候補たちとの戦いは、こんな田舎でも静かに続いてます。





19:51 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ボトル3種発売!新作ショッピングバッグも Web 限定で!!


L1132072.jpg

[8月5日12時20分 追記] おかげさまで、EKG ESB ボトルの業務店様分は完売となりました。 どうもありがとうございます。EKG ESB 樽生 (通常版・リアルエール版 10Lのみ僅少)、SALTY HOP(樽生、ボトルとも)、ゆるブル Wheat(樽生、ボトルとも)は、引き続き販売中です。Web での一般販売は、本日19時からとなります。どうぞよろしくお願いします。

EKG ESBSALTY HOPゆるブル Wheat ボトル発売!

まずは、業務用から発売開始です。

昨日ご案内した通り、 いずれも1バッチ分です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

昨日発売の樽生は、おかげさまで EKG ESBの15Lは完売、10L(通常版・リアルエール版)は在庫僅少という状況です。SALTY HOP、ゆるブル Wheat は引き続き発売中です。

L1132036.jpg

そして、先日ご案内した、

"SHIGA KOGEN BEER" ショッピングバッグも、Web 限定で同時発売!

内側に縫い込まれた袋とドローコードで、コンパクトに収納もできますので、メインのバッグやリュックに入れておける便利なやつです。

こちらは、Web 限定で、ボトルと同時の19時からの販売開始となります。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

EKG ESB、SALTY HOP、ゆるブル Wheat(今年最終)樽生から発売です!


L1132094.jpg

EKG ESB、SALTY HOP、ゆるブル Wheat(今年の最終バッチ)樽生から発売です!

L1132077.jpg

まずは、大好評の

Single Hop Brew シリーズ第5弾、EKG ESB (通常版・リアルエール版)樽生から発売です!

なんじゃそれと思う方もいらっしゃるかと思いますが、East Kent Golding をつかった Extra Special Bitter です。

イースト・ケント・ゴールディング(=東ケント地方のゴールディング)は、間違いなくイギリスのホップを代表する存在。

英国のビールスタイルを決定づける、中心的なホップです。

アメリカやベルギーのスタイルが中心のぼくらとしては、決してメインでつかってきたわけではないのですが、実は大好き。

ポーター、Takashi Imperial Stout、W-IBA などなどで結構つかってますし、特にここ数年でその魅力を再認識してきています。

シングルホップシリーズで、是非ゴールディングをつかったビールをつくりたいと思って、頭にうかんだのが、ESB。

広い意味では、ペールエールの範囲なのですが、イギリスのビターのなかで最も度数が高くホップの主張も強めのスタイルです。

ゴールディングのホップとしての特徴を表現するのは難しいのですが、その複雑かつ上質なアロマを活かすには、普段のぼくらのドライなペールエールよりも、モルトの主張が強めのこのスタイルがいいと判断しました。

6.0%、IBU32。

つかったホップは、もちろんゴールディングだけ。

IBU は控えめですが、つかったホップの量も含めて、スペックは志賀高原IPAと同等です。

英国産高級モルトのマリスオッター主体で、色はやや濃い目。

豊かなモルトの香りと味わいが特徴で、そこに EKG の、柔らかくもラベンダーなんかを思わせるハーバルな個性がバランス。

それなりの飲み応えはあるのですが、滲み入るような味わいと、ほどよい苦味で、ついつい杯がすすみます。

あまり志賀高原ビールっぽくはないかと思いますが、かなりイメージ通り仕上がったと思います。

暑い日の夕暮れとかから、こんなのをゆったり飲むのもいいんじゃないかなと。

1仕込み分、まずは樽生からの発売。

リアルエール版も、いつもよりちょっと多めにご用意しています。

ちょっとブリティッシュな志賀高原ビール、どうぞよろしくです。

L1132081.jpg

そして、

SALTY HOP 2020!

一年ぶり、5回目の登場。

去年つくらなかったのですが、楽しみにしていた何人かにお叱りをいただきました。

天然塩と、たっぷりのホップ、そして自分たちで収穫したスパイスをつかった小麦のセゾン。

毎回、少しずつ仕込みを変えてきたのですが、今回は裏庭の山椒が隠し味です。

4.5%、IBU11。

小麦の味わいと、セゾン酵母由来の香り、ホップと山椒の爽快感。

もともとゴーゼにインスパイアされたところもあるのですが、大人の塩分補給ドリンクとしてゴクゴクいける感じ。

暑い季節、食事のスタートの一杯としては最高じゃないかと思います。

こちらも1仕込み分、樽生から先行発売です。

L1132088.jpg

そして、

ゆるブル Wheat (今年の最終バッチ)も同時発売です!

ほぼ ウィートIPA といってもいいくらいホップをたっぷりつかった、ヘイジーな小麦のビール。

この季節の大人気商品ということで、春から何仕込みか続けてきましたが、いよいよ今年の最後のバッチ。

小麦の柔らかなの見応えと、柑橘感溢れるジューシーな飲み味。

こちらも、この季節には最高のやつです。

しばらく欠品していましたが、樽生も再発売です。



というわけで、長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エコバッグ、そして第5弾!


L1132034.jpg

遅ればせながら、エコバッグつくってみました。

いい感じ。

L1170073.jpg

そして、第五弾。

今度は、IPAじゃなくて初登場のやつ。

もうちょっと夏っぽい奴らと一緒に、今週いきます!




09:07 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コロナを言い訳に「プレイリスト」


IMG_3401b.jpg

今年は圧倒的に週末、家にいるわけです。

時間があるから、自分用のBGMをまとめてみたり。

「自分用」のはずではあるのですが、もちろんお気に入りを集めてるので、誰かに聴いてもらいたくなったりも。

でも、恥ずかしいし、いやらしいかなとも。


とはいえ、本にしろ、音楽にしろ、人のおすすめって大好きです。

自分だけでは出会わないものに出会えるから。


周りの人に聴いてもらってきたのですが、久しぶりにつくったのは、もう第6弾。

物好きなみなさん、よろしければお試しを

たぶん、志賀高原ビールよりもさらにスイートスポット狭いけどね。

コロナ生活がはじまってから、最近聴いてるやつがほとんど。

案の定、ほぼ BIG LOVE RECORDSさんに影響をうけてるわけですすが、この時代だからっていう他の人のプレイリストで知った曲もちらほら。

Spotify のプレイリストですが、発売前のやつは別として、ほとんどレコードで持ってるやつから。

ぼくなんかには、そのくらいしかできないけど、それがなにかになってたらいいかなと。





20:05 | Music | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑


FR2019.jpg

そういえば、だいぶ久しぶりに苗場にいかないで8月になりました。

やっと梅雨明け。

ホップの収穫も静かにやる夏。

記憶には残りそうだな。







19:55 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑