fc2ブログ

たぶん一番大事な店


L1002684.jpg

この間、火星からの音楽の人たちと飲んだのはここ。

疫病で長らく来れてなかったので、わがままいって、ここにしてもらっちゃいました。

中目黒のバルエンリケ。

ブログで書くのを躊躇うくらい、ぼくにとっては大事な店。

もうひとつが、なくなっちゃったしね。

星野さんとは、独立前からの付き合いだから、たぶん、まじでもうじき40年。

シンプルだけど、そこが最高な料理。

うちのビールを置いてくれたことはないけど、それでいいと思ってます。

この日も最高な時間。

最後は、自分で選曲をしてくれて、それがまた最高。

うまいものを出す。

それだけを毎日続けられるって、最高にかっこいいなと改めて思いました。



20:20 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

1t IPA、ボトルも発売!NEW ENGI と同時購入で、Web 限定送料無料です!!


L1147839.jpg

1t IPA、ボトル発も発売です!

まずは、業務用から発売開始です。

弊社 Web 販売の開始は、いつも通り、本日19時とさせていただきます。
(発売開始前までは、HP上では「売り切れ」表示となりますが、ご了承ください。)

Web限定ですが、

NEW ENGI と一緒にご購入いただければ、送料無料になるキャンペーンも継続中!

この機会に是非よろしくです。





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

1t IPA、樽生から発売です!


L1147852.jpg

絶滅寸前(!?)の苦いビールファンのみなさま、お待たせしました。

1t IPA、樽生から発売です!

今回で12回目。

9.5%、IBU110。

ご存知、1トンのモルトと、もったいないくらいにたっぷりのホップをつかった大人気商品。

「まだか」

「そろそろ?」

というお声をたくさんいただいていましたが、おまたせいたしました。


もともとオールドスクールな西海岸の強力な IPA をイメージしたのが、この 1t IPA。

色は明るいオレンジ。

デコポンとか伊予柑みたいな大きな赤目の柑橘に、オレンジやグレープフルーツの白い皮みたいなニュアンスが加わった、柑橘感あふれる仕上がり。

色のイメージ通りの甘やかさは感じながらも、ホップの苦味とのバランスで、飲み口はむしろクリアかつジューシー。

ガツンとくるけどドライな仕上がりは、9.5% とは信じられないくらいで、いつも以上に危ない感じの仕上がりです。


IPA といえば、甘くてヘイジーなのが主体のご時世。

いまどき、こういうやつはだいぶ少なくなったのは認識しているのですが、あらためて、やっぱりこういう IPA っていいなと自分たちでは思っています。

BBQや、うまいハンバーガーなんかと、いっしょにがんがんのんだりするのが、最高かな。

全然パイントグラスとかでいけちゃうと思うのですが、繰り返しますが、スピード注意です。


今回はたっぷり2仕込み分です。

少量ですが、リアルエール版 もご用意しています。

ボトルの発売は、もう少しだけお待ちください。


どうぞよろしくお願いします!



12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今週は2トン


L1147791-2.jpg

なんだか限定ビールのリリースは久しぶりになちゃいましたが、今週はこれ。

2トン分です。





19:50 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

打ち上げの打ち上げ


L1002696.jpg

鎌倉の前の日は中目黒と恵比寿。

MUSIC FROM THE MARS の皆さんと。

ミュージシャンの方々と、打ち上げで

「今度は東京で飲みましょう!」

とか、いつも盛り上がるのですが、実際に実現するのはかなりレア。

藤井さん曰く、

「収穫祭の打ち上げの打ち上げ」

でした。

L1002678-2.jpg

やっぱり酒はいいですね。

ぼくは、いつもの癖で、みなさんを根掘り葉掘り質問攻めに。

アーティストに対するリスペクトと興味が強くて、ついね。

失礼しました。

L1002693-3.jpg

メンバー同士でも、

「初めて聞いた」

なんて話が多くて、すごく楽しかった。

いいインタビュー記事を書く自信があります。

IMG_8928.jpg

畑は違っても、なんだか共通点も感じるみんな。

楽しい大人の夜でした。






20:54 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久しぶりに


L1002711.jpg

大事な友達たちと会えた週末。

楽しかったな。

まさかの Interplay は、最高でした。




23:59 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年の秋の終わりは忙しい


L1147264-2.jpg

秋が終わる日かな。

そんな気はなかったのですが、気づけばちょとさぼっちゃっていたかもと反省をしていたので、ここしばらくは怒涛の仕込み、

NEW ENGI もやっと出せたし、なんだか忙しいです。

来週も、ネジ巻いて頑張ります。





20:00 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マリカブルーイング


L1147316.jpg

この間の長野ツアーで、遅ればせながらお邪魔したのが、ここ。

Mallika Brewingさん!

善光寺そばの人気ブルーパブ。

醸造を始める前から、うちのビールも扱ってくれたり、時々足を運んでくれたり。

ずーっと来てみたかったのですが、なにせ出不精で...

長野ローカルのTVや新聞では頻繁に取り上げられる人気店。

うちのホップの収穫に来た方々も、

「これからマリカのイベント行くんです。」

なーんて感じ。

実際にこの場でお二人にお会いして、その人気の秘密がわかった気がします。

やっぱり人ですね。

同じ長野で一緒にビールをつくる仲間。

うれしいです。







20:49 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

NEW ENGI、Web 販売開始!まさかの送料無料キャンペーンも!!


L1147575.jpg

NEW ENGI、Web 販売も開始です!

山恵錦 純米⑤ 720ml
山恵錦 純米⑤ 無濾過生酒 720ml
山恵錦 純米⑤ 1800ml

山恵錦 純米⑥ 720ml
山恵錦 純米⑥ 無濾過生酒 720ml
山恵錦 純米⑥ 1800ml

金紋錦 純米⑤ 720ml
金紋錦 純米⑤ 無濾過生原酒 720ml
金紋錦 純米⑤ 1800ml

金紋錦 純米⑥ 720ml
金紋錦 純米⑥ 無濾過生酒 720ml
金紋錦 純米⑥ 1800ml

そして、なんと!

NEW ENGI、「長野県のお酒送料無料キャンペーンの対象商品」ということで、Web限定で NEW ENGI 全品送料無料です

長野県のキャンペーンなのですが、NEW ENGI のためのキャンペーンみたいなばっちりなタイミング。

そして、今回のキャンペーンですが、

NEW ENGI を含むご注文であれば、ビールも送料無料に!

縁㐂・志賀高原ビール・山伏・グッズなどとあわせてご注文の方は、【newengi_2023】のショップクーポンをお支払い方法選択時にご入力いただくことで、送料無料となります。

NEW ENGI と同梱可能な範囲が対象ですので、2個口以上になる場合は NEW ENGI を含む1梱包分のみが送料無料となります。(1梱包の目安は、720ml 12本、または 1800ml 6本、720ml 6本と志賀高原ビール24本などです。)

12月28日までの期間限定です。

志賀高原ビール・山伏のファンのみなさんに、NEW ENGI を気に入ってもらえたら最高にうれしいです。

この機会に、是非お試しください!




12:00 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

NEW ENGI、業務店様向けより販売開始です!


L1147623.jpg

NEW ENGI、業務店様向けより販売開始です!

写真左より、

山恵錦 純米⑤
金紋錦 純米⑤
山恵錦 純米⑥
金紋錦 純米⑥

首ラベルは、無濾過生酒・生原酒を表します。

価格、送料に関しましては、ご注文の際にお問い合わせください。

送料の扱いは、山伏シリーズと同様で、混載も対応可能です。

クール便でのお届けとなります。

L1147745.jpg

酒米は、山恵(さんけい)錦と金紋錦の2種類。

いずれも、蔵人たち自らが、一切の農薬をつかわず、自家製堆肥を主とした有機肥料のみを最低限に抑えた自然な農法でつくりました。

水引のモチーフは、「縁喜」にちなんで、縁起物ということで。

実は、⑤は五角形、⑥は六角形になってます。

その下の21の穴は、縁喜の「喜」を「㐂」と、七の字を3つで表すことから、横一列でも、横に3分割した各ブロックでも、7つずつ空いてます。

この、穴あけ、なかなか大変でした。

まあ、両方で縁㐂 をあらわすということです。

もちろん、タナカノリユキさんのデザイン。

山恵錦は、長野県生まれの比較的新しい米。

この米がどうやらぼくらと相性がいいみたい。

味わいとキレのよさが両立した、とてもいい米だと思ってます。

L1147776.jpg

金の水引の方は、金紋錦。

山田錦を親に持つ、こちらも長野県の酒米。

味に幅のある、力強い酒米。

今回の NEW ENGI では、⑤は55%、⑥は65%の精米歩合を表します。

⑤の方は、従来でしたら純米吟醸と呼んでいたところですが、「米は削れば削っただけいい」というよりも、それぞれによさがあるということで、あえて「吟醸」という言葉はつかわないことにしました。

L1147662.jpg

左から、

山恵錦 純米⑤ 720ml
山恵錦 純米⑤ 無濾過生酒 720ml
山恵錦 純米⑤ 1800ml
(いずれも、明日予定している Web 販売の開始までは、「売り切れ」表示となっていますが、ご理解ください。)

青りんご、かたい桃、梨などの甘すぎない果実のような吟醸香がありながら、お米の甘味がしっかりと感じられます。

玉村本店が自家栽培した山恵錦ならではの”濃厚さ”を感じますが、後味はさっとキレています。

L1147656.jpg

同じく左から、

山恵錦 純米⑥ 720ml
山恵錦 純米⑥ 無濾過生酒 720ml
山恵錦 純米⑥ 1800ml

マスカットなんかを連想させる香りがあり、さわやかな辛口です。

2022BYの造りの中でも、ひときわキレた一本でした。

天ぷらや漬物など、幅広い食事と一緒にさらっとたのしめる、食中酒として、毎日飲みたくなるタイプです。

お燗もおすすめです。

L1147688.jpg

そして、

金紋錦 純米⑤ 720ml
金紋錦 純米⑤ 無濾過生原酒 720ml
金紋錦 純米⑤ 1800ml


口に含むと吟醸の香りとともに、豊かな米の味わいと、やわらかな、でもしっかりとした酸味。

後味はすっきりとした辛口です。

雑味が少なく、バランスのとれたタイプで、お刺身や出汁の効いた上品な和食なんかにバッチリなのではと。

この金紋錦⑤のみ、生酒版は、加水をしない生原酒となります。

L1147670.jpg

そして、

金紋錦 純米⑥ 720ml
金紋錦 純米⑥ 無濾過生酒 720ml
金紋錦 純米⑥ 1800ml


米のうまみが強く感じられますが、苦み・渋み・酸味が味わいを引き締めてくれます。

複雑さのある味わいは、魚の煮つけや豚の角煮など、濃いめの味の料理にあわせるのがおすすめ。

常温・燗でも魅力が光る一本。

熟成させても楽しめるタイプです。



というわけで、思い入れが強すぎて大変長くなってしまいました。

昨日も書きましたが、まだこれが NEW ENGI の第一歩。

もちろん100点満点ではありませんが、ここ数年取り組んできたことがやっと形になりました。

お飲みいただき、ご意見いただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。






12:00 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

NEW ENGI、いよいよ発売です!


L1147630.jpg

さあ、ぼくら渾身の日本酒の新シリーズ、

NEW ENGI、明日業務用より発売開始です!

蔵人たち自らが、一切の農薬をつかわず、自家製堆肥を主とした有機肥料のみを最低限に抑えた自然な農法でつくった米だけをつかった酒です。

初年度のラインアップは、金紋錦と山恵錦をそれぞれ55%と65%に精米した4種類からのスタートです。

もちろん、全てが純米酒です。それぞれに、数量限定で無濾過の生酒版があります。

生酒以外は、いずれもしぼってすぐに瓶詰めをして瓶燗火入れをして、低温貯蔵をした商品です。「瓶燗火入れ」とは、しぼった酒を、冷たいまま瓶詰めをして熱処理をして急冷する方法で、酒が外気に触れないことから香りが飛ばないとともに、品質の変化を最小限におさえることが可能となります。結果的に、詰品質は、劇的に向上したと思っています。

香りや甘みよりも、「食中酒」として、米の力強さを感じるものを目指しています。限りなく自然な米づくりによる低タンパクの影響もあってか、味わいはクリーンでキレイな仕上がり。発売前に試飲していただいている方々の評判も上々です。

もしかしたらキレイすぎるかもしれないくらいなので、より低精白な酒も今後考えていこうかなと。「香り」は最優先ではないと書きましたが、特徴的な印象も。もしかしたら栽培方法由来の香りである可能性もあり、その辺りは今後の研究課題です。

いずれにしても、まだ一年目。これからやりたいことだらけですし、まだまだ進化が必要だと思っています。

そんな新しい縁喜の挑戦、最初からおつきあいいただければうれしいです。

どうぞよろしくお願いします!




21:00 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | edit | page top↑

初雪


L1145879.jpg

雪が降りました。

あんなに夏が暑かったの、忘れそうです。

でも、ぼくは、この日からずっと靴下を履かないで過ごしてます。



20:03 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今シーズンの新兵器


L1147328.jpg

日本酒の方の設備投資、トラクターからはじめましたが、もちろん仕込み設備にも。

今年は、新しい甑(こしき)と、その関連の投資をすることにしました。

甑とは、まあ酒米を蒸すための桶です。

L1147335.jpg

他にもちょっとずつ変えているのですが、あんまり急にいろんなものを導入して、いままでの酒づくりに新しい変数が加わりすぎるのもいけないかなと思いながら、徐々にやってます。

L1147337.jpg

でも、すでになんだか麹の出来に手応えを感じているみたい。

成果が楽しみです。








21:10 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

NEW ENGI!


NEWENGI7-col-3.jpg

ずっと準備してきた、新しい酒です!



NEW ENGI
ニューエンギ


創業1805年の玉村本店。日本酒づくりが祖業です。

ここ100年以上は、縁喜の銘柄で酒をつくってきました。

いま、この長野の山の中で、蔵人たちが真剣に米をつくっています。

できるだけ自然なやりかたで。

その米が酒になりはじめました。

米で酒がこんなにちがうんだなと、やっと実感。

だから、

そんな、ぼくらの米でつくった酒を、ニューエンギと呼ぶことにしました。

過去の伝統を捨てるつもりはもちろんありません。

でも、あえて「ニュー」といえるくらいにあたらしいものができるんだと思って、

米と水だけの酒です。



来週、いよいよリリース予定。

何卒よろしくお願いします。







20:00 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さあ!


L1160724.jpg

この何年か、農業、特に酒米づくりを大幅に強化してきました。

その成果を、いよいよお試しいただけるタイミングになりました。

うれしさと同じくらい不安でもあるけど、このわくわく感はなかなか味わえないかな。




20:47 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アレの日


L1147555.jpg

というわけで、箕面ビールさんと今年2回目のコラボの日でした。

今度は、うちの工場で。

いやあ、最高に楽しかったな。






20:31 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アレ前日


L1147412.jpg

明日は、アレです。




20:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Banco Ramo で、志賀高原ビール樽生飲めるのがうれしいのです。


L1147312.jpg

長野ツアーで、真っ先にうかがったのはここ。

うしとらの寺崎さんではありません。

メニューのない店。

まだ仕込み真っ最中だったのですが、昼間から Fresh Hop Pils を飲んでる間に、すごく美味しいつまみが二品出てきました。

L1147309.jpg

こんなお店が、志賀高原ビールをいつも樽生で出してくれるお店になりました。

なんだか、癖の強い店主が少人数でやっている店が多い率が高い気もしますが、それがぼくらとの相性か!?

実は、店主、ホップの収穫にもきてくれたのです。

L1147314.jpg

あっ、お店の名前をいってなかった。

Banco Ramo さん!

紹介してよかったのかな!?

うちの看板娘2号も行きつけの、隠れ家的な超素敵なお店です。

長野市、いやどこであっても、こんなお店うれしいのです。





20:16 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「長野」ツアーに行ってみた


L1147322.jpg

長野に住んでるのに、このタイトル、変ですよね。

玉村本店のある山ノ内町は長野県の北の果てのうちのひとつ。

高校生くらいまでは、「長野」に行くっていうと、完全に都会に行く気分。

あっ、ここでいう「長野」って、長野市のことです。


以来、だいぶ経ったのですが、出不精のじじいは、「長野」にだいぶご無沙汰してました。


うちの若者たちにいわれて、先週はみんなで「長野」ツアーに。

いやあ、反省しました。


長野市は素敵でした。







19:51 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一番の勉強


L1147394.jpg

酒(ビールももちろん)をつくるうえで一番勉強になるのは、いろんなのを飲むことかなと思います。

本当に自分たちがつくりたいものが何なのかを整理したり、もしかしたらまだないけど実現したいものをイメージしたり。

さらに、つくるみんなのイメージを共有したり。

この日の試飲は来年の酒のため。

すごくよかったな。






20:07 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

働く大先輩


L1147240.jpg

今年の酒の仕込みも、今週から始まったのですが、蔵では土壇場の工事が進行中。

L1147303.jpg

いやあ、働くおじさん(ぼくもおじさんですが、もっと大先輩)の仕事は、ずーっとみてられるのです。





20:02 | 縁喜 / NEW ENGI | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久しぶりの大好物


L1147382.jpg

だいぶ久しぶりになっちゃいましたが、大好きなやつを仕込みました。

なかなかハードルが高くて…

うまく行ったと思う。

今回の豆の味を活かせたか?

楽しみです。





21:13 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

成長


L1147270.jpg

社員寮の前のこの木。

うちの娘たちが生まれたお祝いにいただいたのを、ここに植えたのだと最近知りました。

20年ちょっと。

大きくなるはずだ。







20:40 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

小五男子


L1147016.jpg

今回の Craft Beer & Whisky Fair の中心人物は、West Coast Brewing のデレック

初対面は今年の春で、直後の KPN で結構しっかり話せたのがきっかけで、7月にうちに遊びに来てくれて一緒に飲みました

以来、早く静岡に行きたいと思っていたのですが、今回のイベントに声をかけてくれたというわけ。

L1147018.jpg

静岡に行って感じたのは、街や人のよさ。

中央道から分岐したらわずか1時間で着くのに、車を降りた瞬間からなんか暖かいし雰囲気が違います。

限られた時間だったけど、街の雰囲気も華やかで洗練されていて、すごくいい感じでした。

その、いい感じの街の雰囲気をさらに魅力的にしていたのが、West Coast Brewing のお店。

L1147021.jpg

もともと建築家であるデレック自身が、ビールのみならず店舗も含むブランドすべてをディレクションして、現在のWBCの人気があるんだなあと、肌で感じました。

L1147024.jpg

ブルワリーとしてはまだ4年ということなのに、すでに80名もの人たちが働いていてそのうち半分は正社員。

そのスピード感には圧倒されます。

かっこいい会社には、かっこいいお客さん、そしてかっこいい社員が集まる。

L1147025.jpg

特に、女性社員の多さにもびっくり。

その優秀でかっこいい女性スタッフが、口々に、

「うちの男たちは、みんな小五男子みたいな感じで、その筆頭がデレック」

と、言っていたのが面白かった。

中二ではなく小五。

好奇心旺盛でカッコつけたくなりはじめたんだけど、まだ全然子供っぽくて、結構手がかかるってニュアンスか。

みんなが子供の頃のデレックの写真をスマホケースにいれてたり、毒を吐くデレックのTシャツを無断でつくってからかっていたり。

L1147026.jpg

かっこいいだけじゃないと知って、ちょっと安心。

しかし、この雰囲気、うらやましいな。





20:00 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MUSIC FROM THE MARS が最高すぎました!


L1146645_20231106201658d59.jpg

順に振り返るとか言いながら、収穫祭から何だかバタバタしていてだいぶ時間が経っちゃいました。

でも、さらって触れて終わらせるのがとても出来ないほどの LIVE をしてくれたのが、

MUSIC FROM THE MARS

のみなさん。

実は、昔やっていた某イベントに出てもらうはずだったのにコロナで...

それ以来の悲願が、やっとかなったってやつでした。

L1146647.jpg

フルメンバーが、はたして THE FARMHOUSE におさまるのか恐る恐る打診したのですが、快諾してくれました。

中心人物の藤井さんは、前から志賀高原ビールを飲んでくれていたのです。

L1146651.jpg

SNOW MONKEY BEER LIVE では、WUJA BIN BIN で熱狂のステージをしてくれた ケイタイモさん との再会もすごくうれしい。

毎日、大人気のインスタの漫画も毎日欠かさずみているしね。

L1146648.jpg

そして、まさかのこのパーカーとTシャツ!

「Hair of the Dog が大好きで」

だとのことでしたが、うちと Hair of the Dog の関係を思わず話さずにはいられません。

当日は、マイケルもいたし、いやあ偶然。

L1146644.jpg

新しいレコードを引っ提げてのツアーに挑むタイミングでのライブ。

本当にすごかった。

今回の音響は、あの内川さんにお願いしたのですが、後で聞いたら外でもすごくいい音だったとのこと。

むしろ、生音が混ざる室内以上だったとかいう声も!

興奮したお客様がコンセントに接触しちゃって、一瞬ブレーカーが上がったのかとパニックにもなったり。

L1146668.jpg

藤井さんは、この日のために一週間以上の禁酒をして臨んでくれたとのことで、最終盤でのこの乾杯が久しぶりのビール!

ライブで飲んでいるのをみたことないというケイタイモさんも飲んでくれてました。

L1146649.jpg

いやあ、とにかく言葉で言い表せないくらい最高な時間。

本当にありがとうございました!




こんなバンドをブッキングするビール屋もいないだろうって、ちょっと自慢させてください。








20:16 | 収穫祭 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑


L1147267-3.jpg

秋がなくなるなんて話、聞くような。

確かにいつもより暖かい日が多い気はするものの、紅葉も降りてきて意外に秋な日々。

時々の気分、ちゃんと感じとかないとね。








19:45 | 雑文 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スペルト倍増!


L1147072.jpg

スペルト小麦を蒔くD介。

スペルトが好きすぎて、今年は畑を倍増することに。

去年の5倍くらいかな。

farmhouse lager は、もっともっとつくりたいし、IPA や バレルエイジのサワーとかでも、いろいろつかいたい。

その分、蒔くだけでも大変なのですが、元気に育って欲しいです。






20:24 | 野良仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

作文の日


L1147308.jpg

年に二回、「蔵元だより」ってのをつくってます。

いつも、一面はぼくの作文。

これが、なかなかのプレッシャー。

自分ではじめたのはわかっているのですが、最近は優秀なスタッフが全体を管理しているので、「社長の締切はXX日です」と言われて追い詰められます。

まあ、毎回たいしたことは書いてないんだけど、そうはいってもめちゃくちゃ考えます。

本当は昨日書こうと思ったけど、うちにしては珍しく、会議があって朝の時間がつぶれました。

ぼくにとって作文のベストな時間は、午前中がメイン。

(ちなみに、次点は、夕食の片付けを終えた今かな。)


というわけで、今日の朝からパソコンにむかうのです。

書き始めたら1時間15分。


これでいいのか毎回わからないけど、とりあえず出来ました。


まったく動かないのに、こんなに疲れるんだ。


すべての文筆業の皆さんを尊敬します。


今回は、いつもと全く違う内容。


今月後半には完成するはずなので、よろしければ...






20:18 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドイツからの写真


IMG_8630.jpg

ドイツから送られてきた写真。

一歳になった息子と家族旅行中のわがブルワーと、卒業間もない飯野君、さらに今はミュンヘンの醸造学校で学ぶ研修生2号

再会して、あっちこっち行ってるらしい。

見学先のモルト会社から、身元確認の問い合わせが入ったのは本当のはなし。

Enjoy!








19:57 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

長野もいいよ


L1147175.jpg

静岡で、青い海と富士山の景色を堪能して、わずか3時間半で戻るとこんな。

あまりの景色の違いに、なんだか日本はいいなあと。

L1147216.jpg

THE FARMHOUSE の紅葉は、今がピークかな。

L1147130.jpg

よろしければ、週末にかけて是非!




20:57 | THE FARMHOUSE / Teppa Room 志賀高原 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑