FC2ブログ

丈夫な胃に、感謝すべきなのか !?


10N031001.jpg

今週も、猛暑のなかでの作業がつづきました。

農作業を終えた杜氏が熱中症のような症状でダウン。

仕込み中、麦芽粕を片付け、ロイタータンの掃除をしていた 元BUAISO君も、体にしびれを感じたとか。

幸い、杜氏は一晩で回復。元BUAISO君も、悪化はせずに仕事を続けることが出来ました。

ぼく自身も、炎天下、はしごのうえでカスケードを収穫中に、だんだん胃が痛くなってきました。

「おかしいな、昨日は飲み過ぎたわけでもないのにな」

なんて思いながらも作業を続行。

しばらくしても、よくなるどころか、逆にちょっと気分が悪くなってきたので、はしごからおりて水分補給。

びっくりするくらいすぐに回復しました。

これも水分不足が原因だったみたいです。

この水分補給ですが、体が本当に乾いてくると、普通の水とかお茶とかは飲みたくなくなります。

やはり、スポーツドリンクみたいなものでないと、体が受け付けないのです。

熱中症予防の塩飴とかもあるそうですが、その効果も理解できるような気がします。

ふと思いたち、煮沸中の仕込み釜隣の温度を計ってみたら42-5℃。

そりゃ暑いはずです。

わずか1時間半ほどで500mlのペットボトル4本とか平気で飲んじゃうのに,トイレになんかいきたくなりません。

でも、飲み過ぎると胃はもたれます。

こんなとき、夏やせどころか,むしろやや夏太り気味のぼくは、丈夫な胃に感謝してます。

とはいえ、やせたいのも事実なのですが...

8/23-25(月-水)の終日、信州早生の収穫を予定しています。ホップ収穫に参加してみたい方、大歓迎です。ご興味のある方は、ご一報ください。(小雨決行ですが、雨天順延の可能性もございます。)
23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
山紫水明 | top | 新記録

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/1216-725924e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)