FC2ブログ

自家製堆肥づくり


L1004093.jpg

昨日のつづき。

熟成中の堆肥を覆っていたブルーシートをはいで、運んできた麦芽粕をあけます。

そこに混ぜるのは、ご近所のきのこ栽培の工場で培地としてつかわれていた、おがくず。

L1004097.jpg

これらを混ぜることで醗酵して、堆肥となるわけです。

これまた結構な労働です。

L1004106.jpg

まだ醗酵がそれほどすすんでいないこの場所自体は、まだそれほどではないのですが、お隣の醗酵中の畑からは、なんともいえないかぐわしい香りが...

ずっと仕込のたびにしてきたこの作業も、雪が降るまで。

雪が降ると、この肥料工場にくるのも大変ですし、混ぜる作業も出来ないのです。

冬の間も、作業できない分がたまっていきます。

それを春にまとめて処理するのですが、これが、玉村本店の仕事中「最高の仕事」のひとつなわけです。
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
もう一周年だったのです。 | top | 行き先は !?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/1305-2579c9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)