FC2ブログ

はじめての料理


L1004928.jpg

娘たちが、夕飯をつくってくれました。

もちろん、はじめてです。

娘二号が友達といってきた子供むけの料理教室でつくったものを、家で再現してくれるということで、

「お父さんは、材料買ってきてくれるだけでいいから」

と朝からはりきってました。

とはいえ、けがや火傷をしたらいけないのでずっとそばで観ていましたが、娘一号をアシスタントとしてつかいながら、タマネギをきざみ、ひき肉とつなぎをこね、空気を抜きながらまるめ...

と、自分たちだけで、やっていきます。

ぼくは、時々レシピを読んだり、火のつけ方や火加減をアドヴァイスしたり、調味料などの場所を教えたりしたくらい。

L1004937.jpg

で、出来上がったのが、この「煮込みハンバーグ」。

お皿の上は、付け合わせ、ご飯も含めすべて二人がつくりました。

もちろん、盛りつけも。(スープや、ピクルスはぼくがつくりましたが。)

味の方ですが、レシピ指定の時間通りやったはずの人参がちょっと固かったけど、あとは、「小学三年生がつくったにしては」というわけではなく、本当にびっくりするくらい美味しかったです。

まあ、子供でもちゃんとつくれるレシピになっているというところが、一番の成功の理由なのでしょうが。

「おいしー、今日のご飯最高!」

とうれしそうな娘たち。

記憶に残る日になったのではと思います。
23:59 | 雑文 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
そこらじゅうが冷蔵庫 | top | メイキング・オブ・The 杉玉

comments

いいですねぇ~
僕はずっと鍵っ子だったので、割合
早くから料理らしきものを作っていました。
まぁ、最初はインスタントラーメンだったんですけど。
小学校でのはじめての料理実習での目玉焼き、フタをして蒸らして作っていたのは僕だけでしたし、そういえばゼラチンをふやかしてみかんゼリーを作ってお客さんに出したのは、確か5年生の時だったかなぁ...?
クリスマスには、ナッツとドライフルーツのケーキを8本(200ccのパウンド型で)焼きました。
大瀧英寿 | 2010/12/28 00:47 | URL [編集] | page top↑
>大瀧様

へぇ~、すごいですねえ。うちのなんか全然かないませんねえ。
ego-brewer | 2010/12/28 16:51 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/1344-aaefd88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)