勉強二年目 ~ House IPA 新バッチ出来ました!


L1013339.jpg

山伏の Oak Age 版。

ほぼすべて樽詰めしてから、そろそろ一年たったので、この日はまずは、saison one を比較試飲。

なかの一樽に関しては、二年経過です。

L1013344.jpg

グラスが不揃いでちょっと格好悪いのはご勘弁。

この日は作業の関係もあって、元BUAISO君とぼくの二人だけで試飲。

違いは、かなり微妙ですはあるのですが、はっきりあります。(←日本語おかしいか。)

半信半疑で、二人で結果をくらべると、なんとバッチリ100%一致。

ほっとしました。

いろいろ成果はあるのですが、樽熟成の際に加えた酵母の種類の違いによる影響は、かなりはっきりとつかめてきた気がします。

他にも、はじめてビールの熟成につかったものと、去年の瓶詰め後に二回戦にはいったもの、一年熟成と二年熟成の違いなど、テーマはさまざま。

なにせ、結果がでるのに時間のかかるのがこの試み。

まだまだですが、少しずつでも経験値を増やして、より美味いものを目指していきます。

今年は、どれから瓶詰めしようか。

楽しみです。


あっ、それから、またまた欠品してました、人気の準定番、 House IPA の新バッチ出来ました。

まずは、樽から出荷可能です!



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ビールで堆肥(下) | top | 伊勢の大先輩

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/1845-f6b9af42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)