FC2ブログ

今年の美山錦


07P091028.jpg


もう稲刈りからひと月以上たちましたが、また米の話です。

自家栽培の美山錦を特別栽培米の基準に変更して二年目。先日の等級検査で、今年の米は一等米として認められました。純米吟醸とか、本醸造とかいう、いわゆる「特定名称」の酒(玉村本店の酒はすべて特定名称酒です)は、三等米以上の米でつくらないといけないと定められているので、毎年この検査を受けているのですが、特別栽培に初めて挑戦した初年度は二等米どまりでした。

割れたり、未熟だったりする米が少なく、粒ぞろいでないといけないのですが、自分たちでも去年から品質的に、進歩を実感していました。酒造りには、心白(しんぱく)という半透明の白い部分が、真ん中に入っているものがいいのですが、この心白の入りも、去年以上に良くなって来ています。

肥料、農薬の量を減らすことで、収量も大幅に減ってしまった訳なのですが、ビール粕でつくった自家製堆肥をつかった米づくりに変えたことが、品質面では大きく貢献してきているようです。堆肥は、即効性のある化学肥料とはちがって、徐々に効いてきます。そういう意味で、去年以上に地力がついてきたというのが、今年の進歩の一番大きい要因だと思います。

まだ上には、特等米といった基準があります。そういう意味で、まだ発展途上であるのですが、逆に楽しみが残されているとも言えます。

今年の米でつくった酒を飲むのが、いまから楽しみです。
23:55 | 自家栽培米 美山錦 / 金紋錦 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ニシキゴイ | top | 初雪

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/191-b1f7c14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)