Miyama Blonde Harvest Brew 発売です! + CGR


L1002868_20130926213020412.jpg

なんと、Harvest Saison の樽が早くも完売(ボトルはまだちょとあります)。

でも毎度大好評の生ホップ仕込み、まだどんどんいきます!

というわけで、

Miyama Blonde Harvest Brew 発売です!

ご存知、自家栽培の酒米「美山錦」をつかて仕込んだ人気商品。

今年の生ホップ版は、ご存知「信州早生」と、謎の(ヨーロッパっぽい)品種をアロマホップとしてたっぷりつかって仕込んでます。

「なんだ、その『謎の』って?」

ぼくらは「はてなヨーロッパ」って呼んでます。

本来はカスケード、センテニアルのはずで海外から取ったホップの苗のうちの何株かが育ってみたら、

「どうもちがう」

のです。

でも、それぞれ個性的でいいホップなので、そのまま育ててます。

そのうち、ヨーロッパ品種っぽいのが「はてなヨーロッパ」。

で、アメリカっぽいのもあって、それを「はてなUS」って勝手に呼んでいるというわけ。

公式には、信州早生、カスケード、センテニアル、ウィラメット、ゴールディングの五種類を栽培してるってことにしてるのですが、それに加えてこの「はてな二種」ともう一つのがあって、実際は八種類っていうのが実際。

「衝撃のカミングアウト?」

ってほどじゃないけど、今日はじめて書きました。


まあともかく、Miyama Blonde HB の出来映えですが、今年も気に入ってます。

例によって、苦みはいつもよりもやさしいくらい。

ほんのり甘みを感じながらも、みずみずしくもシャープな飲み口。

Harvest Brew シリーズを、つくりはじめて何年にもなるけど、こればっかりは美味く説明出来ません。

でも、あえて言えば

「もう一杯のみたくなる」

感じでしょうか。

このMiyama Blondeは、今回二バッチをいっぺんにつくりました。

ですから、さすがにそんなにすぐにはなくならないはず。

先日発売の IPA Harvest Brew 第二弾もかなり好調ですが、あわせてどうぞ!


CGR:

定番(山伏を含め):
樽、ボトルとも全部あります(←当たり前ですが)。

限定:
Africa Pale Ale: 樽、ボトルともにあります。
CBW: 15Lの樽があと数本のみ。
IPA HB: 樽、ボトルともにまだあります。
House IPA: 完売(次まではしばらくかかります。)
Harvest Saison: 樽完売、ボトル残僅少
NSMA HB: 樽はリアルエール版だけあと数本。ボトル残僅少。
Harvest IBA: 完売です。



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
前進 | top | イベント目白押しの秋

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/2357-66d4d08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)