fc2ブログ

自家栽培ホップ、その後。


07P075022.jpg


収穫した生のホップを使って仕込んだ、Miyama Blonde と DPA の Harvest Brew (収穫仕込み)は、それぞれ一年目の倍仕込んだのですが、既に完売しています。

ただ、ホップづくりに挑戦した二年目の去年は、初年度の20-30倍の収穫があったことから、生のまま使用した以外の分は、徹夜で乾燥して、即冷蔵庫にて保存しています。

現在、Miayama Blonde と DPAは、この乾燥版のホップを、それまでのヨーロッパ産のホップのかわりに、アロマホップとして使用しています。

信州早生は、ザーツという、ピルスナーなどで使用される代表的なホップの流れをくむ品種ということもあって、淡色のビールとの相性はとてもいいです。

乾燥、保存の状態も良好で、出来映えもHarvest Brewにもまけないくらいいいと思っています。

去年の収穫分で、多分この二種類のビールに関しては、通年で、自家栽培ホップを使用できる見込みです。

他にはないホップの味わい。お楽しみいただければうれしいです
23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
日本のチーズ!? | top | 取り残される!?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/278-5be3260b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)