FC2ブログ

感動の一日


R0013080-2.jpg

Hair of the Dog は、いまさらぼくがいうまでもなく、全米で、いや世界的に知られる大人気ブルワリーなのですが、そのビール工場は、これが全部。

仕込設備の大きさは、現在のぼくらの1/3くらい。

生産量も半分以下です。

L1020906-2.jpg

もう、本人は、いやになるくらい

「なんで大きくしないんだ?」

という質問をされているはず。

L1020908-2.jpg

答えは、

「おれは、このサイズがいいんだ」

それだけ。

ずーっと経済的には厳しかったとのこと。

でも、趣味の時間をつくったり、家族と過ごしたり、自分のスタイルは譲らない。

L1020914-2.jpg

仕込は週に一日だけ。

でも、そのかわり、その日は24時間で五仕込。

ぼくらが訪問した時点で創業から21年経っていたのですが、ほんの数年前に相棒のデンバーさんが入るまで、すべてを、アラン一人でやっていました。

L1020940-2.jpg

設備は、本当に可愛い。

ホームブルワーだったアランが、乳業なんかでつかわられてたものなんかも含めて買い集め、自分のつかいやすいように組み立ててつくりあげたブルワリー。

L1020924-2.jpg

ほとんどの全てが手作業。

でも、コンパクトで、すごく作業がしやすい。

一人で全部やれるように、考え抜かれています。

L1020929-2.jpg

今回参加した、各ブルワリーの設備だって、決して大きくはないけど、ちょっと違う。

どこが違うか?

距離感かな。

原料とか、プロセスとか。

においとか、熱とか、マッシュのかたさ/ゆるさとか。

なんか、そんな基本的なこととの距離感がとても近いのです。

L1020966-2.jpg

新工場をつくっているぼくです。

ある意味、逆の方向に向かっているように見えるかも。

でも、気持ちは全く一緒です。

ぼくが、この日の感動を忘れなきゃですが。

もちろん、忘れませんよ。

R0013188-2.jpg

コラボって、話題性っていう面ももちろんないわけじゃないけど、それ以上のことが必ずある。

この日は、ただ単に、醸造法や、レシピとかだけじゃなく、人柄とか、人生観とか、友情とか、そんなことをたくさん感じて、忘れられない一日となりました。

このきっかけをつくってくれた、マイケルにも大感謝。

Nogme Ø、今回、そして、もうじきもう一つ。

ああ、もちろん、自分が満足するだけじゃなく、結果として美味しいビールももちろんつくらなきゃいけません!





18:00 | LA / ポートランド2014 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
"トモダチブロンド" 、SMBL 2015で !!! | top | Hair of the Dog で、ビールを仕込む!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/2880-1345f146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)