fc2ブログ

「反転」攻勢


07P097013.jpg


昨年の春、一番搾り以来、17年ぶりの主力ビールとして、鳴り物入りで登場したキリンのザ・ゴールド。

個人的には、大手メーカーのビールの中では、一番搾りが比較的好きだったり、発泡酒や第三のビールではなくて、チェコの麦芽や、ザーツホップを贅沢につかったオールモルトビールに力を入れるということもあって、どうなるか、結構注目していました。

キリンの営業マンが、自信をもってうまいというので、楽しみに試飲してみたのですが、サントリーのプレミアム・モルツなんかと比べて、「あれ,意外に地味な味だな」というのが正直な印象でした。でも、「とりあえず、一杯ではなく、二杯目、三杯目も飲み飽きない」というコンセプトだということで、そんな感想を持つ自分の方が、市場のニーズをわかっていないってことかなあと思っていました。

オダギリ・ジョーを起用して、大々的にTVCMも流して、出だしこそ好調だったようですが、途中、年間販売数量を当初の800万ケースから、600万ケースへ下方修正。

玉村本店は、業務用の酒屋として、志賀高原のホテル等を中心に、長年大手メーカーのビールを売ってきました。志賀高原ビールが、キリンビールの売上を上回るようになったのも、まだ最近の話です。

そんな業務用の酒屋としては、正直、一番搾り、ラガー、クラシックラガーに加えて、このザ・ゴールドをどう売るべきか、正直戸惑いました。営業の方は、「全部お願いします」というだけです。当初、缶のみの販売でしたし、結局これは、業務用はあまり意識していないんだろうなということで、いまだにほとんど扱いがありません。

その後、500mlのボトルが追加されましたが、個人的にどこかの飲食店でボトルを見たこともなく、自社での販売もほとんどなくて、なんか二千円札みたいな印象です。

そんな話をキリンの関係者としていたところ、ちょっといいづらそうに、「実は、今度、リニューアルをするんです。」とのこと。

「何が変わるの?」と聞くと、「色です。今までの白とゴールドの配色が反対になります。反転攻勢ということで。」

17年ぶりの主力商品のてこ入れ策が、パッケージの色を「反転」させるということだと気かされ、ちょっと力が抜けました。味の方も変わるのでしょうし、見た目が変わらないと、それも伝わらないのでしょうが。

その後、HPで内容を確認すると、パッケージ以外に、チェコ産麦芽の使用比率を高めるとあります。炭酸ガスを高める一方で、苦みを減らし、「現在の味覚のトレンドであるすっきりした飲みやすさも向上」(←志賀高原ビールはトレンンド逆行!)し、「平日に、麦芽100%のリッチなビールを。」というコピーで、今までよりも幅広い年代からの支持獲得を目指すとのことです。

新たな、CMキャラクターは、竹野内豊とのこと。

うーん、どうせならこちらも(反転して)、

ジョー・オダギリでいって欲しかった…
23:59 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
連想 | top | とどく?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/296-cd6af4a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)