アメリカへ


L1024186.jpg

志賀高原ビールが、アメリカに旅立っていきました。

輸出は、いろいろ問い合わせをいただいてきたのですが、長年ずっと基本的には断ってきました(唯一の例外は、シンガポールの一社)。

量を供給できるかもそうですが、一番の理由は品質の保持。

うちみたいな小さな会社のビールに興味をもってもらえるのはうれしいのですが、なにせ全商品無濾過で非熱処理。

せっかく飲んでもらうのに、コンディションが保てないのは不本意なのです。

L1024180.jpg

ところが、今回は、物流段階から最後のバーまで、完全に冷蔵で対応できるとのオファーをいただき、挑戦することに。

本当は、量を売るためにはボトルを出荷したほうがいいのですが、冷蔵にこだわって、樽オンリーで。おまけに、販売先の州、売り先も限定です。

今回、お願いすることになった会社とは、実はもう長年の知り合い。

社長たち自らが、ここ五年連続で毎年うちを訪ねてきてくれる熱心さ。

でも、この会社が扱うビールのラインアップはすごいのです。

その、そうそうたるビールのポートフォリオのなかでは、うちなんか単なる弱小新銘柄ということになるわけで、まあそんなにボリュームとかは期待していません。

でも、あれだけ選択肢のあるアメリカのひとたちに、「うまい!」っていってもらえたらうれしいなあ。



23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
8/2 "志賀高原ビール x TRUNK COFFEE" 開催決定!!! | top | はかない時間

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/3003-19b389ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)