古くてかっこいい車の走る国


L1010544.jpg

15年ぶりに車を乗り換えたんですが、乗ってた車の下取りが0円でした。

新車で買って、まだまだ全然走るし走行距離もたいしたことない。

でも、話してるうちに、0円が5万円くらいになったんで、「まあ、頑張ってくれたんだな」とか思ったものの、よく聞いてみるとその全てが税金の戻りとかリサイクルなんとか代とかでした。

もったいないとは思うのですが、車検のための整備とか、税金とかが馬鹿にならないので、

「そんなもんか」

と、あきらめて、契約。


アメリカへ。

でも、ポートランドに行ってみると、かっこいい古い車がいっぱい走ってるんです。

安全の大事さとかはわかるけど、やっぱりもうちょっと自己責任を重んじてもいいんじゃないかなと個人的には思います。


同時に、ボロボロでも走ってる車には、特別な「かっこよさ」が、あるんだろうね。

壊れても、手がかかっても、直そうと思うって、やっぱり魅力があるからこそ。


そんな、かっこいい車が走る日本がいいなあ。



23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
さあ、収穫本番! | top | 飛行機嫌いの反省

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/3408-db314daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)