第二弾、Africa Pale Ale Harvest Brew と Pale Ale Harvest Brew、樽生発売です!


L1010612.jpg

さあ、どんどん行きます。

今シーズンの生ホップ仕込 第二弾、Africa Pale Ale Harvest Brew と Pale Ale Harvest Brew、樽生発売です!

Africa Pale Ale の 生ホップ版は、実は初登場。

代わりに、今年は DPA Harvest Brew はありません。

AfPA、Pale Ale ともに、仕込当日収穫した自家栽培の カスケード を、大量にアロマホップにつかって仕上げました。

L1000836.jpg

写真は、収穫直後のホップを、HOPNIK に投入するところ。

なんか、毎回毎回同じことを書いていますが、"みずみずしさ" が生ホップのキーワード。

Africa Pale Ale は、通常版よりも、むしろ優しく感じるかもしれませんが、その新鮮な飲み口で、杯が進みます。もともと、アフリカは、ごくごく飲めるセッションIPA なのですが、こいつはいつも以上に止まらないって感じ。

ペールエールの方も、アフリカほど苦味はありませんが、つかっている生ホップの量はほぼ同じ。

”みずみずしい” って、ぼくらがどういう意味でつかっているか、これを飲めばおわかりいただけるんじゃないか。

別の言い方をすると、からだにしみいるみたいにすっと入っていく感じ。

とにかく、飲んでみてください。

いずれも,1仕込ずつ。

同じ仕込量だった IBA がすごくはやく売れちゃいました。

今回も人気あると思います。

本数等、ご要望にお応えできない場合もございますので、ご容赦ください。

原則、商品の取置きも承れませんので、ご理解ください。

ボトルの方は、また後日ご案内します。

どうぞよろしくお願いします!





18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
スター候補 | top | 1トン!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/3444-81ffff4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)