FUJI ROCK で、はじめて志賀高原ビール飲めるけど、あんまり来て欲しくないかも!?


L1050613.jpg

先週の一瞬の隙をみて、必要に迫られ新く買ったテントの試し張り。

現場でやりゃいいじゃんと思ったけど、外野がうるさくて練習。

そう、ちょっと前に書いたけど、今週末苗場で四泊するんです。

フジロックで、志賀高原ビールが飲めます!

実際は、クラフトビアマーケットさんのブースのお手伝い。

全、20タップのうちの5タップが志賀高原ビールです。

みなさんもご想像の通り、まあまあ(!?)音楽好きなので、これは楽しみ。

で、必要以上に気合を入れちゃいました。

うちのラインアップは:


SNOW MONKEY IPA “Fuji Rock ver.”(フジロック特別版)

SALTY HOP 2017 (先行開栓!)

ゆるぶるWheat

Festival Saison(新作 / 先行開栓!)

House IPA

其の十



です。

まず、

SNOW MONKEY IPA “Fuji Rock ver.

ですが、音楽イベントだし、つくっちゃいました。NEW ENGLAND スタイルの濁ったやつ。

6.0%, IBU45。

NEW-ENGI よりもちょっと度数を下げて、暑くてもグビグビいける感じ。いい出来だと思います!


で、

SALTY HOP 2017

も先行で。

4.5%、IBU25。

野生の菖蒲、天然塩に加えて、今年は裏庭の山椒も加えた「大人の塩分補給ドリンク」。

うまいと思います。



「気合が入って」って書きましたが、もう一つ先行開栓の新作。

FESTIVAL SAISON

原種の小麦ともいわれるスペルトと自家栽培大麦をつかった新作セゾン。

本当は、Rustic Saison って名前にしたかったけど、麦雑穀工房さんが先にリリースしてたので、泣く泣く断念。

ならいっそひらきなおって、""雑穀セゾン" でいこうかと思ったのですが、若い衆に、まじで制止されてこの名前になりました。

6.0%, IBU16

と、うちでは一番くらいに苦くないのですが、アロマホップはたっぷり。

スペルトの香りが口に広がりアロマホップの爽快さが追いかけます。

これからのフェスティバルシーズンにバッチリな、ドリンカブルな仕上がりは、フジロックでも最高なはず。

苦し紛れのベタな名前は、気合の裏返しです。


ゆるブルWheat、其の十、House IPA は説明不要ですよね。


場所はオレンジカフェ。

一番奥です。

こんな奥地に、どれだけ来てくれるかなあ?


暇なら FUJI ROCK 満喫できるはず。

あんまり来ないでくださいね!?






18:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
FUJI ROCK 前夜(昼も) | top | Harvest Brew、スタートです!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/3767-e6287b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)