FC2ブログ

(もしかしたら)大発見 !? そして、大いなる野望。


08N059005のコピー


今日の話はすごい(かも)。内緒にしとこうかと思いましたが、興奮して書いちゃいます。


先日のこと。仕込みが終わり、釜の片付けをしていると、轟君が、

「これいったいなんでしょう?」といいます。

見てみると、ホップ粕のなかに、見慣れない粒のようなものがたくさんあります。変なものが混入しちゃったのかと、心配になりながらいろいろ調べてみると、同様の「粒」が、つかったホップの鞠花の中からでてきました。

そう、どうも種みたいです。

以前も書きましたが、ホップは雄株と雌株が別々で、ビールの醸造に使うホップはすべて雌株です。当然、変な品種が混じったりしないように、ホップ畑は通常雄株を近づけないはずなのですが、どうもこれは、受粉しちゃったみたいです。

翌日、さっそく、どのホップに種があるかさがしてみたところ、ありました。一つの品種に種が見つかりました。

実は、僕らはいつか自分たちだけのホップを育ててみたいと思っています。本当にここだけしか出来ないビールをつくってみたいんです。そのためには、雄株が必要なのですが、海外に問い合わせたりしても、交配用の雄株は、厳重に管理されていて入手するのが難しいとのことです。

そこで、この種です。

僕らが主力で使っているアメリカ産ホップのうちのひとつ。もし、これがちゃんと育って、そのなかに雄株があって、それを今育てている信州早生と交配して、いいホップができたら?

まあ、あまりに仮定の話が多すぎですし、そもそも何年かかるかわからないような話ですから、実現の可能性は相当低いですが、すごくわくわくしています。

とりあえず蒔いてみました。芽が出たら、それだけでも大喜びなのですが、さてどうなることやら。

はい。バカですね、相変わらず。

23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
邪魔してばかり。 | top | 金賞受賞!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/390-d7c363f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)