FC2ブログ

送料改定のお知らせです。力及ばず本当にすみません。


玉村本店ロゴ最終

送料改定のお知らせ

弊社製品の配送料ですが、運送会社の価格引上げを受けて、大変恐縮ではありますが10月1日から、個人のお客様に関しまして、現行の770円(税込)から1200円 (税込)(北海道は1600円、沖縄は1800円)(税込)へと改定させていただきます

業務店のみなさまには、別途ご案内をさせていただきます。大きなサイズ・重量のある荷物の冷蔵での配送料の値上げ幅が、個人のお客様向けに比べて、さらに大幅なので、上記よりも大きな値上げとなってしまいますが、何卒ご容赦ください。


ぼくらは、「品質」はもちろんなのですが、「価格」についても同じように非常に大切な要素だと考えてまいりました。

志賀高原ビールの醸造を開始するに際して、定番商品を、税前で 330ml サイズ 350円で提供することを目標に、そこから逆算をして事業を組み立てました。(その後、酒税の改定で現在の354円に改定。)

さすがに、ぼくら零細企業レベルでは大手さんと同レベルの価格は実現できないのですが、「もう一回飲もう」と思っていただけるためには、このくらいの価格を実現し、他にない品質・個性を実現する必要があると考えたのです。

「自分で買ってもいい」と思える価格の、「自分たちが飲みたいビール」でなければいけないと考えてきましたし、その思いはいまも変わっていません。

最高級モルトであるマリスオッターをベースモルトにつかったり、ホップをふんだんにつかい、例えばニューイングランドスタイルの「ゆるブルWheat」「SNOW MONKEY IPA」なども、一般の定番商品と同じ価格で提供する、など、可能な限り、自分たちが信じる適正な低価格を目指して来ました。

バレルエイジや山伏といったより高い価格設定のものでも、例えば競合するスタイルの輸入ビールなどと比べても納得できる、「自分たちが買える」価格は常に意識しています。


送料に関しましても、この考えはかわりません。

現行の770円は、当初からの750円から消費税が8%に上がった際に変わっただけで、志賀高原ビールのスタート以来、ずっと続けて来ました。

この間、ビールに関しては、ボトルや段ボールラベルといった資材や、原材料、光熱費等々、いろいろな値上げを、なんとか吸収しながらここまで来ました。

配送料に関しても、過去何度かあった値上げを、お客様に転嫁せずここまでやってきました。

ところが、今回、配送業者さんから提示された新料金は、企業努力で対応できる水準を大幅に超えていました。もちろん配送業者さんとしても、人件費の高騰等々、やむを得ない理由があることは理解しておりますし、報道されるここ一年ほどの業界の状況から、ある程度の値上げは覚悟しておりました。

とはいえ、今回の値上げ幅は、50%を上回る大幅なもので、通常の商取引では考えられない水準です。さらに、荷物の重量制限も厳しくなり、物によっては実質的に3倍近い値上げとなります。

本来5月末までという交渉期限をなんとか伸ばしてもらいながら、過去半年にわたり、何度も何度も交渉を重ね、他の手段がないかどうかも模索してきました。

ところが、ぼくらの交渉力はどうも極めて低く、一時は、「価格に関わらず運ばない」とまでいわれました。

その後、出荷時の配送業者さんの作業を弊社が大幅に肩代わりするといった対策により、なんとか配送をお願いできるようにはなったのですが、価格面では、先方の提示を受け入れるしかなく、大変不本意ながら、こうして配送料の改定のお願いをせざるを得なくなってしまいました。


今後とも、ぼくらの価格に対する思いはそのままで、いままで以上に魅力ある製品を提供できるよう努力する所存です。

何卒、ご理解のほど、よろしくお願いします。






07:30 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
生ホップ第一弾 Fresh Hop Bitter、そして 無我霧中 樽生同時発売です! | top | 再会

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/4066-ddb222de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)