FC2ブログ

志賀高原IPA Harvest Brew 2020 & Harvest ESB、樽生から発売です!


L1132349.jpg

[9月8日17時30分 追記] おかげさまで、志賀高原IPA Harvest Brew、Harvest ESBともに通常版の樽生は完売となりました。 どうもありがとうございます。ともに、リアルエール版は引き続き販売中ですので、どうぞよろしくお願いします。

さあ、

志賀高原 IPA Harvest Brew (生ホップ収穫仕込み)2020、樽生から発売です!

仕込み当日にぼくらが手摘みした自家栽培のホップ、センテニアルを、収穫直後、生のままアロマホップとしてたっぷり使って仕込んだ、この季節だけの特別版。

6.0%、IBU56。

生ホップの個性をより感じてもらえるように、ベースのビールは定番よりもやや淡色に仕上げてます。

アロマホップは、生のセンテニアルだけということで、いつも以上にシンプルな味わいながら、からだに染み入るようなみずみずしさと爽快な苦味が特徴です。

ドライでクリーンなのはいつもながらですが、やっぱり、いつも以上に飲めちゃう気がします。

IPA の Harvest Brew は、毎年2仕込みしてきたのですが、今年は収穫量の影響で1仕込みだけとなります。

少量ですが、リアルエール版のご用意もあります。

L1132343.jpg

そして、

新作 Harvest ESB も樽生から発売です!

今年、シングルホップのシリーズをやってみたなかで、自分たちなりに手応えはあったけど、決して派手なタイプじゃないからどうかなあと思っていたのが、EKG ESB

ところが、これが大好評。

特に、コアなビール好きにだいぶほめてもらいました。

ということで、こんどは、生ホップ版の ESB をつくってみたというわけです。

6.0%、IBU32。

こちらは、センテニアルに加えて、ウィラメットも使用。

もちろん、仕込み当日に手摘みしたのをたっぷり。

East Kent Golding だけだった EKG ESB と、ベースのビールは同じなのですが、やはりこっちの方が若干ホッピーな印象。

ブリティッシュなスタイルではあるのですが、この生ホップの影響で、ちょっとだけアメリカン。

そして、ちょっとだけ、いつもの志賀高原ビールっぽいかな。


しっかりとしたモルトの味わいに、みずみずしい生ホップの個性(←しつこいですが、これが一番の表現なのです)があいまって、こちらも、ゆるゆる、だらだらと、ずーっと飲んでいたいやつです。

リアルエール版も!こちらは、ちょっと多めに用意してます。


というわけで、この季節だけの特別なビール2種。

ボトルの方は、もう少しだけお待ちください。

どうぞよろしくお願いします!





12:00 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
志賀高原IPA Harvest Brew 2020 & Harvest ESB、ボトル発売です! | top | 「生ホップ」、今年は少数精鋭。

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/4917-d0cd2245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)