FC2ブログ

クライスラー売却


05N002001.jpg


クライスラーが投資ファンド サーベラスに売却されるとのこと。行き詰った伝統企業が、潤沢な資金を持つ新興の投資ファンドに買われるというのは、もはや珍しくはない話です。

ただ、いつも気になるのは、この手のニュースの内容です。リストラ、コスト削減といった言葉はたくさん出てくるのですが、肝心の製品やサービスをどうするのかという話がほとんど出ません。

今回も、クライスラーの「車」の話としてはジープの切り売りの可能性くらい。そもそも、クライスラーと聞いても、実際の車をイメージできなかったり、顧客から「この車は無くさないで欲しい」という声が出なかったりということが問題なのでしょうが、同時に、今後どうなるかも、結局「車」次第なのではないでしょうか?

最近読んだ「イノベーションの作法」(野中 郁次郎、勝見 明 著、日本経済新聞出版社)という本で、マツダの復活と「ロードスター」のケースがとり上げられていました。車好きの社員達の熱意が、大会社を動かしていくのですが、こうした製品への思いのようなものは、コスト削減や資金力といったことと同じか、それ以上に重要なのではという気がします。

「クライスラー」を「玉村本店」と読み替えたり、近所のスキー場のことを頭に浮かべながらこんなことを考えてしまいます。とにかく「いい酒」をつくらないと!

17:57 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
観光地にうまいものなし? | top | 気候

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/5-1c569915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)