FC2ブログ

どこいっちゃったんだろう?


08N101028.jpg

バブルがはじけてだいぶたってから友人に、

「日経平均って4万円とかだったのに、いまは半分以下。土地とかもすごく安いわけで、あのときのあのお金って結局どこいっちゃったんだろう?」

と聞かれました。当時、金融機関で働いていたぼくでしたが、突然の素朴な疑問に、うまくこたえることができませんでした。

そして、それからず~っと、「デフレ」という言葉を聞き続けたわけです。


それからしばらくたって、あらゆるものの値段が上がってきている一方での今回の金融の大混乱。

市場の力って、ここしばらくすごく素晴らしいものだと信じられてきたと思います。規制等は極力廃して市場が効率的に機能するようにすることが大事で、そうすれば間違わないと。

よく、テレビとかでは、「xxxという経済指標が市場の予想よりも良かったため、上昇しました」みたいな解説を耳にするのですが、実際現場に近いところにいた時でも、本当にそうだったのか、(少なくても僕には)あまりよくはわかりませんでした。唯一確かだったのは、「売り」より「買い」が多ければ上がり、少なければ下がるということくらい。

「売ってる人」より「買ってる人」の方が多いから値段が上がる
            ↓
     上がっているからには、価値があるはず
            ↓
         それなら買わなきゃ

みたいな感じのことも、実際多いわけで、上がっても下がっても、なんとなくそれらしい説明って後からどうにでも言えちゃう気がします。

「神の見えざる手」なるものは、多分最終的には歪みや行き過ぎを調整してくれるのでしょうが、その「手」がどのくらいこまめに調整をしてくれるかは、「神様」グリーンスパンにも見えていなかったようで、結局わからないって気がします。(効率的な市場のメリットはぼくも信じてますが、完全効率的だとぐちゃぐちゃになっちゃうから、いまいろいろばたばたとしているのも事実なわけです。)

世界のいろんなところで、あったはずのお金がなくなっています。本当にあったお金だったのかも、かなり怪しくなっています。

ここのところ、みんなで、中国やインドやいろんなところで、膨大な数の人たちが豊かになりつつあって、一方で資源は限られているから、足りなくなっちゃうんじゃないかといって、インフレの心配をしていたはずなのですが、う~ん。

どっちにいくんでしょうか。

神様は、教えてくれないようです、少なくともすぐには...
23:59 | 雑文 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ひと足はやく Harvest Brew 3連発! | top | 空のご機嫌

comments

砂上の楼閣という言葉を思い出しますね。こんなご時世、若旦那のしっかりと地に足をつけて頑張っている生活をブログで拝見し、いいなぁと思います。あいかわらず空の写真が美しい。しばし現実逃避。ほんとに日本はどうなっちゃうんでしようね。

lotusblossom | 2008/10/01 10:31 | URL [編集] | page top↑
どうも。

「地に足がついている」のなら、いいのですが、どうなるか考えてもよくわからないので、できることだけゆっくりやってるだけです。これも現実逃避でないといいのですが...
ego-brewer | 2008/10/01 16:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/518-33ea414e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)