FC2ブログ

STYLE SELECTION FEST @ポパイ


07N038011.jpg


日曜日に、両国「ポパイ」で「STYLE SELECTION FEST」が開催されたました。特定のスタイルのビールだけを集めて飲みくらべるというイベントで、昨年の「ペールエール」に続き、今年は「ポーター&スタウト」でした。

同じスタイルのビールを一度にいろいろ飲めるというのは、なかなかないので、いい勉強の機会です。最近、関係を心配されている(!?) T (=車x3) 君と一緒に参加してきました。

志賀高原ビールは、いつものポーターを出品。それを含めて、ポーターが4種類と、スタウトが8種類。通常のポーター、スタウトから、各社の限定商品まで。どれも個性があり、飲み手として純粋に楽しめました。

志賀高原ポーターは、最初からの定番商品です。どちらかというと、個性を追求してしまう志賀高原ビールのラインナップの中では、ホップもロースト香も強調しておらず、あえて「黒いビールなのに、意外に、飲みやすい」というイメージでつくっています。

昨日、バランスについて書きましたが、「意外に飲みやすいのが個性」というのは、作り手としては時に心配になります。いい機会なので、いろいろなビールと飲み比べたり、他のブルワーさんも含め、皆さんの意見を聞いたりしながら、自分たちのポーターを考えることが出来ました。

スタウトや、より高アルコールのスタウト・ポーターにも、ずっと興味があるのですが、未だにつくったことがありません。将来のために、飲み手の皆さんが、スタウトとポーターにどういうイメージを持っていて、どういうものを好んでいるのかについても、結構しつこく聞いてしまいました。

結局、最後は自分の好みでつくってしまうのですが、おかげで、いろいろ考えるところがあり、とてもいい勉強の場でした。当日お会いした皆さん、ポパイの皆さん、本当にありがとうございました!
07:31 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
経過報告 | top | バランス

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/58-a6e2ed42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)