FC2ブログ

こころざし


07N037000018.jpg


写真は、メルシャンの藤野さん。国産ファインワイン部の部長として、シャトー・レイソンでのワイン造りや、シャトー・マルゴーとの技術交流、ボルドー大学との共同研究などを通じ、勝沼ワイナリーの人々とともに、シャトーメルシャンを牽引してこられた方です。

2004年、志賀高原ビールの販売開始とほぼ同じ頃、この志賀高原ワインを、長野さんのメルロー、シャルドネ100%使用にグレードアップしてリニューアルしたのですが、それを可能にしてくれたのも藤野さんです。

以来、ヴィンテージが切り替わる毎に、試飲のサンプルをテイスティングしながら、次の志賀高原ワインを話し合ってきました。写真は、先日、次期ヴィンテージの試飲の際に撮ったものです。(場所は、どこかの飲み屋ではなく、我が家の座敷です。)

07N037007.jpg


藤野さんは、一見、もの静かな紳士なのですが、ワインに対する情熱はものすごく、話し始めるとなかなか止まらないほど、熱い方です。メルシャンというと、大メーカーのイメージをお持ちの方も多いでしょうし、事実大会社なのですが、シャトーメルシャン自体は、いわゆる「マス」の商品ではなく、日本を代表する高級ワインとして、国際的にも高く評価されています。シャトーメルシャンに携わるみなさん一人一人が、こだわりを持っていいワインを追求されていて、大企業というよりも、本当にワイン好きの集まりという感じがします。

藤野さんとお話をしていて、いつもすごいなと思うのは、目標の高さです。「世界で認められる日本のワイン」を常に志してやっているということが、お話をするたびにひしひしと感じられ、本当に刺激になります。数々の受賞歴や、パリの三ツ星レストランのメニューへの採用、甲州きいろ香の開発といったすばらしい成果の理由が、この志の高さにあると思っています。

お会いするたびに、見習わなくてはと思わされます。
01:00 | 志賀高原ワイン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
いつか言ってみたい! | top | Fuller's

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/61-4165a27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)