fc2ブログ

ハバネロマン


L1148017.jpg

で、

「ハバネロマンって、誰?」

って、思った方もいるかもです。


これが、ハバネロマン。

ぼくの記憶力はだいぶ乏しのですが、外部のメモリー1(=ゆるブル)によると最初の出会いは七年前

ポーズもおんなじだ!


ハバネロが辛いだけじゃなく、香り高く、とても魅力的なものなんだと教えられ衝撃を受けました。

以来、なんども彼のハバネロでビールをつくらせてもらっているというわけです。


先日も書きましたが、彼がつくるハバネロ、去年は歴史的不作でした。

だから、彼自身、自分のハバネロソースのための原料が途絶える状況。

にもかかわらず、今回のビールたちのために、その貴重なハバネロをわけてくれました


だから、いつも以上に気合も入るし、プレッシャーも感じてました。


まずは飲んでもらって、緊張しながら感想を待ちます。


ハバネロマンセゾンの方は、基本的には去年を踏襲していることもあって、

「すーーっと入って潤う感じで心地良いです、今年も美味しいです」

とのコメント。

ほっとします。


そして、新作の IPA の方ですが、

「これはもう、良い意味で、前からこの様なビールが存在するかのような、歴史的に長く愛されてきたかの様な、ニッチ狙いでない王道だと思いました。」

とのコメント。


これはもうね。

最高です。


ぼくらは、 彼のつくった最高なハバネロの味や香りをどうやったら生かせるかをずっと考えながらつくったので、こうして気に入ってもらえるとホッとするし、うれしいです。


コラボに(重いくらいに)真剣に取り組むたちなので、毎回真剣に試行錯誤。


TRUNK COFFEE さんもそうですが、ハバネロマンとのコラボみたいに、継続的にとりくめているやつは回を重ねるごとに、こちらも経験を積めるし、毎回新たな発見があります

今回の IPA のベースのホップの組み合わせは、「今年のあれにつかおうか」なんてことになってます。


それにしても、よかったな。


ありがとう、ハバネロマン!







20:58 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
終盤戦 | top | ハバネロマンセゾン & ハバネロマン IPA、ボトルも発売です!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://slowbrewing.blog104.fc2.com/tb.php/6197-b3e90729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)