JESTER KING x OXBOW x 志賀高原(その1)


L1030767.jpg

なんだか、すっかり時間が経っちゃいましたが、今回の SNOW MONKEY BEER LIVE の際のコラボがもうひとつ。

昨年に続いてのコラボとなる OXBOW と、今回テキサスから参戦してくれた世界的に大人気の JESTER KING との三社での仕込み。

ずっとメールで、いろいろ相談をし、はじめてつかう原料を取り寄せたりして準備万端。

これは、GIGANTC とのコラボをした、その日の夜。

前夜祭です。

またも楽しく飲んだ夜。




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ホップ到着 2017


L1040474.jpg

新しいホップが届きました。

とりあえず、パレット9枚分。

L1040488.jpg

前にこの時の写真をあげた時は、「ピラミッド建設かっ」て感じだったけど、その後、だいぶ近代化たのです。

L1040492.jpg

最近の仕込み、ホップが足りるかヒヤヒヤでしたが、これで心置きなくいけます!





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

広島の夜


L1040495.jpg

広島の夜。

まずはやっぱり、RAKU BEER さん。

今年10周年を迎えたこの大イベントの立役者、福本夫妻のお店です。

(もう何年も広島に行ってるけど、時間もなく、なかなか他のお世話になっているお店に顔を出せていないのは心残りです。すみません。)

L1040493.jpg

どうも、四月生まれのブルワーが多いということに気がつきました。

”若手ブルワー” も、いつまでも若手ではないね。

L1040496.jpg

お好み焼き。

このあと、イベント前日にもかかわらず朝の四時近くまで主催のお二人に付き合っていただいちゃって、反省。

イベントの準備・運営だけでものすごく忙しいのに、こうして、全国から広島まで来たぼくらを、バッチリもてなしてくれるのは、本当にうれしいです。

実は、そういう意味で、イベント以上に打ち上げの充実度合いを、イベント参加の判断基準にしているブルワーも多かったりして....

L1040513.jpg

翌日の、ボランティアさんを含めての中打ち上げ。

すごく格好のいい店に、広島のパワーを感じました。

何より、この人数。

今回も、さすがのイベント。

支えてくれた、主催者のみなさん、大勢のスタッフのみなさんに大感謝です。

充実の開幕戦でした。





23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年も、開幕戦は広島!


L1040500.jpg

金曜日、800km 走って今年も来ました、広島へ。

そう、イベントシーズンが、

地ビールフェスタ in ひろしま

で、スタート。

今日は、途中で雷雨とかもあったけど、概ねいい天気。

L1040502.jpg

結構、気合いのラインアップできています。

明日は、もっといい天気みたい。

みなさん、お待ちしてます!




23:59 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

第二の人生


L1000436-4.jpg

この扉。

なんだか好きでした。

子供の頃からだから、たぶん40年以上は働いてくれたはず。

L1040473.jpg

でも、今度の工事で撤去せざるを得なかった。

名残惜しいので、第二の人生を歩んでもらいます。




23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ホップ畑のメンテナンス


L1040476.jpg

今日の畑では、この仕事。

ホップ畑の支柱に防腐剤を塗ります。

何年かに一度、塗り直しているのです。

なかなかの仕事量。

今日明日じゃ、終わらないかな。

L1040478.jpg

一昨日、志賀高原では雪。

今日も、午後から晴れてきましたが、一日肌寒かったです。

ここからは、天気とも相談しながら、片付けていかなきゃいけない仕事が目白押しです。






23:59 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

働くおじさん


L1040462.jpg

今日は、こんな朝。

L1040463.jpg

毎年のように、いろんなところ直していますが、「働くくるま」にはときめきます。

L1040458.jpg

「働くおじさん」にもです。

みんな、顔見知りの「おじさん」たち。

L1040459.jpg

少子化で、日本の人口が減るっていうのはずっと言われてますが、こういうプロが少なくなったら困るなあと実感したり。




23:59 | 玉村本店 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レシピ


R0014843_20170411204500c30.jpg

今日は二仕込み。

二つ目は、はじめて仕込むビールでした。

もともとは、お世話になっている某氏の依頼。

「同じレシピ」で、腕利きのいくつかのブルワリーが同時でつくるという企画。

ぼくらは、コラボ以外、人の依頼でビールをつくったことはありませんでした。

「自分たちが飲みたいビール」をつくるポリシーだから。

こういうの、普段ならやらないんだけど、すごくお世話になっている人に声をかけてもらい、さらに、ぼくらが大事にしている「定番」を気に入ってくれての依頼でした。

というわけで、光栄ですし、やらせていただくことにしたのです。

その「定番」と、同じスタイというお題をいただいたのですが、それが、うちの中では地味なビール。お題としては、かなり難しかったです。

でも、せっかくなので、長年つくってる定番だから故に、普段なかなか(やりたくても)できない小さな挑戦を散りばめたレシピを書いてみました。

もともとご依頼いただいたのは、”レシピ” だけではありましたが、せっかくなのでぼくらも仕込んだというわけです。

100回以上仕込んで微妙な進化を続けてきた、その定番のレシピが基本。

今日の仕込み、手応えはあります。でも、ちょっと複雑で、仕込みも簡単じゃないレシピにみなさんを付き合わせて申し訳ない気もしています。

「レシピ」は、所詮レシピに過ぎません。

それを、どう活かすかはつくり手次第。

写真の蕎麦だって、レシピを教えてもらって、同じ素材をつかったっとしても、仕上がりは全然違うはず。

飲みくらべるのが本当に楽しみです。

いい機会をいただきました。

乞うご期待です!





21:07 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

改めて、Baby Blonde Miyama をつくった理由。


L1010267_20170410202728df1.jpg

ちょうど一年くらい前に、スペインに行きました。

この写真を撮るたぶん15分くらい前に財布をすられて、なかなか苦労した旅でした。

でも楽しかった。

初めてじゃなかったけど、やっぱりどこも素敵だし、食べ物も美味しい。

その旅の間、現地の、わりとどうでもいい薄いビールを飲んでました。

でも、あんまり不満に思わなかったんです。

逆に、「この料理なら、うちのIPAとかじゃうるさいかも」なんて思ってたから。

シンプルで素材を活かす料理、大好きなんですけど、そういうのに合うビールって簡単そうでむずかしい。

スペイン料理もそうだけど、イタリアン、そして、そう和食も。

もちろん、水のように味のない「とりあえず」系ってのはあるけど、それはぼくらがつくらなくてもいい。

個性はあるけど、繊細な料理を邪魔しない。

「そんなのもつくりたいなあ」

この旅で、そう思って生まれたのが、こいつ。

L1020835.jpg

そう、Baby Blonde Miyama なわけです。

ホップはたっぷりですが、なにせ「邪魔しない」も大切な要素なわけですから、ビアバーとかでビール単体のインパクト重視のシーンではどうしても地味です。

でも、期待をこめて 準定番 にしました。

今日の夕食(=野菜中心の和食でした)の時、親父(=社長)が、

「このビールは、飲みやすいけどいいなあ」

っていいました。

(もう何度も飲んでるのに)相変わらず、毎回記憶がリセットされるような新鮮な感想。

でも、それが狙いなので、素直にうれしいです。

ビアバーのみなさんには扱いづらいかも。

でも、みなさんの普段の食卓や、クラフトビールなんて知らないくらいの飲食店さんで飲んでもらえたらうれしいなあ。

そんな気持ちが通じてきたのか、徐々に注文も増えてます。

自分的には結構強い志をもって、気長にいきます!




20:54 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

同じ空のはずだけど


L1040080.jpg

長いこと、空の写真って、撮ってもブログとかには載せないようにしてました。

格好いいんだけど、誰でも撮れる気がするし、みんな一緒のような気がして。

でも、なんか違いますね。

これも、日本の空じゃないし、その違いが伝わるんじゃないかな。

同じ空のはずなんだけど。

なんか、不思議です。





23:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑