FC2ブログ

だいぶ面倒くさい男


L1133135.jpg

白鳥の湖のひとたちとつくったビール。

正確には、その一部。

いやあ、いい感じでうれしい。


でもね、今年中にはリリース出来ないんじゃないかな。

この日のテイスティングで、すでに2つあったバージョンが3つになることになりました。

最終的には、どうなるのか。


コラボを、真剣に考えすぎるたちです。

話題性だけで、挨拶みたいにやるのもありだと思うけど、どうもそれが嫌なんです。

刺激を受けて、真面目に取り組まないと。

正直、過去に2回ほど、不完全燃焼はありました。

決して、相手に文句もありません。

出来たビールは、うまかったしね。

でも、自分では、あれこれ、すごく反省しているのです。


スワンレイクビールさんは、尊敬する大先輩。

派手じゃないかもしれないけど、いつも、そのバランスと圧倒的なクオリティに、勝手にうなってます。

ビールをつくりはじめた頃から、本当にいろんあことを教えてもらいました。


そんな、「白鳥に育てられたひとたち」と、「白鳥に育てられたひとたちに育てられたぼくら」が、一緒にビールをつくれるなんて!

最高に光栄で、うれしいわけです。


というわけで、マボロシとなっちゃった、SNOW MONKEY BEER LIVE 2020 のタイミングで仕込みました。

仕込みの日まで、本当に悩みました。

お互いがつくっているビールのスタイルもかぶってることもあって、どんなのつくるか難しいのです。


で、この色ね。

やっぱり。


誰とつくるか、何をつくるか、どれだけ時間をかけるか。


その全てを、苦しみながら楽しむのが、ぼくにとってはコラボかな。


というわけで、かなり面倒くさい白鳥の湖のみさんに、いやいや付き合う、実はいいやつなぼく...


嘘です。


めちゃくちゃ面倒くさい男だと、自覚してるつもりです。





20:01 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うまいビールをつくる秘訣


L1170595.jpg

今週は仕込みがありません。

とほほ。

そのかわり、こんなことを。

このタンク、温度調整の制御に問題があって、悩んでました。

タンクが空になったこのタイミングで、あらかじめドイツから取り寄せといた部品をつかって、なんとかしようかと。

L1133153.jpg

しかし、トラブルの "おかげ" か、みんなたくましくなりました。

(危険な高所作業ですが、腰に巻いている黄色いベルトは落下防止用です。)

3パターン考えていた問題/対策のうち、どうも一番、重症な原因だったらしい。


でも、人にいわれて単に作業をするのではなく、部品の計測をしたり、交換前 / 交換後の細かな変化を観察して発見。

繰り返しますが、みんな進歩してます。

こういうの、直接的には醸造とは関係ありませんが、実は、うまいビールをつくる秘訣だったりすると信じてます。







20:09 | 志賀高原ビール | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

京都醸造 完全無欠


L1133149.jpg

こんなビールが届きました。

最高のやつです。

京都醸造の缶ビール!

どこでもみたことないんで、思わず、

「これ、書いていいの?」

って、思って、調べたけど、本家にもアナウスがない。

というわけで、まずは、お礼がてらクリスに電話するのです。


で、聞いてみたら、なんと、これは非売品。

京都醸造が缶詰めを始めるのは聞いてましたが、これは、最初の詰めのやつ。

「詰めてみて、ビールの品質を確認してからじゃなきゃリリース出来ない」

ということで、関係先や、コロナの最前線で奮闘している京都の医療関係者 とかに送ってくれているのです。

そんなこと、どこにも書いてない。

「自分で言うことじゃないですから」

だって。

肝心のビールのクオリティですが、これが、また完璧です。

心底うまい。

こんなの、缶であったら、買っちゃうやつなわけです。


全てにおいて、いかにも京都醸造。

かっこよすぎです。


もちろん、この「感謝」のラベルも、今回専用。


ぼくらはもちろん、ほとんど誰もが、こんなのつくったら

「ダサい!」
「くさい!」

って感じになるんじゃないかと思うんだけど、全然そうならないのが、京都醸造。


オーナー3人をはじめ、みんなの顔が浮かぶのです。

ルックスもいいし、人柄もいいし、繰り返しますが、かっこいい。


このビールのことを調べようと、久しぶりに彼らの HP をみてみたら、ブログに BUSINESS UPDATE という連載 が。

是非、読んでください。

彼らのビールづくりにかける思い、本当に最高なのです!


というわけで、非の打ちどころのない彼ら。

漢字四文字のビールが多いです。

ぼくが提案したいのは、

完全無欠

そんなビールを出して、油断してもらうくらいしか勝ち目がないんじゃないかと思う自分の小さいこと。







20:47 | ビール全般 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初スキーの記憶


L1170584.jpg

ビール工場のドアを出たとこの一枚。

連日、大雪のニュースですが、こっちはこのくらいですんでます。


小学校に入る前くらいに、スキーをはいて、おじいちゃんとここを歩いたのを思い出しました。

たぶん、ぼくの初スキーの記憶。

覚えてるんだから、楽しかったんだと思います。


ある程度、覚悟してたけど、なかなか厳しくなってきました。

三連休だなんて嘘みたい。

飲食店とリゾート相手の商売は、なかなかなかなかです。

でも、まずは、健康第一。


「明日でもいい仕事は明日にとっとこう」なーんていって、余計な心配なんかなかった頃みたいに、ゆるく生きようかと。





20:46 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新天地


L1170577.jpg

もうちょっとちゃんと写真を撮ればよかったけど、この一枚のみ。

新たな挑戦の場です。




19:35 | ホップづくり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

生産者の顔がみえる、最高に贅沢なやつ!


L1170581.jpg

大量の、加賀れんこんをいただきました。

それも手掘りの高級品。

写真の方は、実は、あのイチロー(←本物じゃない方)のお義父さん。

れんこん大好きですが、特にこれは格別です。

本当にありがとうございます。


でも、"息子" は、ナチュラルさは売りにしてないなぁ。

かわりに、れんこんビールを妄想してます。

たぶん青くないやつ。

#チチロー




20:15 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「至ふく」の教育的指導


L1170580.jpg

今年もいただきました。

恩師(←二度めの会社の社長)から。

もう長いことお会いしてませんが、いまだに、しょっちゅういろんなところで、一方的にお顔を拝見してます。

全然変わらない。

というか、パワーアップしてる感じ。

その度に、刺激を受け、

「そんなんじゃ、だめでしょ!」

って怒られてる気分。


ぼくは、たぶん、まったく違うタイプの人間(の相当レベルが落ちる版)なのですが、とにかく全く敵わない。


毎年、これを食べながら、

「今年こそ、会いに行こうかな」

と思うのです。


たぶん、絶対怒られるけど、それも楽しみ。


なーんて考えながらの、本当につらい(←もちろん大嘘)夕食なのでした。




19:59 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

"I Hope America Great Again" な日


usa.jpg

緊急事態宣言も、2447人も、もちろんだけど、個人的にはこれが今日最大のニュース。


大学を卒業して、アメリカの会社に12年勤めました。

ほんの1年だけだけど、NYにも住みました。

うわっ、もう30年も前だぁ。

長野の山の中で育った、ろくに英語もしゃべれない田舎者のぼくは、本当にたくさんのことを教えてもらいました。


そういえば、その時も、LAで暴動があったな。

先進国だと思ってた国で、そんなことが起こるのかと、本当に驚きました。


「みんな、すぐ帰れ!でも、公共交通機関じゃ危ない。」

とのことで、順番にリムジン(ハイヤー的なやつ)で帰ったな。

冷静に考えれば、ぼくみたいな東洋人は、そこまで危なくなかったんだろうけど。

そういう意味では、今日の事件なんか、いまさら驚くべきことじゃないのかも。


今の問題の根っこは、あの頃からあったんだとも思います。

当時の同僚のジョージの、デトロイトの実家に泊めてもらった時、

「このあたりは、日本車のせいで仕事を失ったやつが多いんだ」

そんな話を聞きながら、ご馳走になった、お母さん自慢のレンズ豆のスープが美味かった。

いまや、当時の日本の面影はなくて、すっかり中国だけど。


とはいえ、まだ、みんなもうちょっと、のんびりしてたし、品もあったし、仲良かったんじゃないかなあ。


その後、ビールをつくるようになってからも、"アメリカ" には、いろいろ教えてもらいました。

前とはまた違う友達もたくさんできて、いろんなとこにもいったな。


人の国のことなんかに意見できる立場にはないと思うけど、いろんなことを教えてくれた国のみんなには、もっと笑顔でいてほしいと思った日。






20:04 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

こんな日にはテイスティングでも


L1133133.jpg

あんまりビールをつくらないほうがいいかもしれない状況になっちゃったこともあって、いまやれることをやろうかと。

特別なテイスティング。

下向きだった気分が、だいぶ上に向きました。




19:39 | 山伏 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初詣


L1170568.jpg

元旦の朝。

ぼくの初詣はここ。

サギに会ったのはこのあとだけど、誰もいなかったので、見事に完璧なソーシャルディスタンス。

ぼくは、この神社のお祭りの日(今は曜日によって変動するけど、そのころは固定だった)の生まれ。

今年はとにかく、「みんなの健康」だけを祈りました。






19:38 | 雑文 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑